XCスキーの適地、奥日光!

と、常々思うのですよ。

何故に適地かと言えば…
1.XCに適した平坦地から緩やかな勾配のある場所がある。
2.雪質が良い。
3.首都圏からも近く、アクセスも非常に楽。

冬の遊びとしては、今やスノーシューが主流!
なのだけれど、元々冬の奥日光ってば、XCスキーで知られていたんだよね。

今度やる雪上探検ツアーも、光徳のXCレースが終わっちゃうっていうので始まったっていう経緯があるし。

とは言いながら、最近はスノーシューもやや飽和状態?
そろそろ新しい何かを始めたいなぁ…と思っていたので、関係者に声をかけ志願兵を募集w

さぁて、行ってみよう!
オイラの為のXCスキーモデルツアー。

150120_xc

あるとても良く晴れた日。
太郎山をバックに光徳牧場で練習。
今回の参加者は… XC3回目?、2回目?、初、初の4人。

XCは俗に歩くスキーなんて言われる。
まぁ、実際にその通りなんだけれど、やはりスキーなんで滑走するんだよね。
時折、三本松付近のコース上にいる方を見ていると、皆さん文字通り「歩いている」んだけどさ。

まずは平な場所で、滑りつつ歩く練習をミッチリと。

150120_tarn

色々な方向転換の仕方も含めて、まずはXCスキーに慣れましょう。

150120_2h

2時間もあれば、平坦地は元より軽い傾斜は何のその。
半日ツアーの到達目標は、このくらいのレベルまでかな?

150120_runch

お昼はコースを提供してくださっているアストリアホテルにて。

午後は習熟が早かったので、予定していた戦場ヶ原の平坦な三角コースでは無く、

150120_pm
3kmコースへ。
ついでに、XCは道具であるという事で、森の中もちょっと滑ってみたりして。

この日の光徳周辺は、XCの板を外すと、
150120_hiza
膝までハマる!

150120_momo
どころか、股までハマってなお地面に届かないと言うw
いやぁ、道具ってすごいや。

幸い、この日は他にコースを使う人もいなかったので、
・傾斜地を登って滑る
・傾斜地を登って滑りながら曲がる
・傾斜地をゆっくりと滑り降りる

を繰り返し繰り返し練習。

の結果、コース途中にある通称:すり鉢と呼ばれる急な谷間でさえも遊んで滑れるように♪

翌日ももう一度やってみたけれど、大体おんなじ感じかな?

そうすると、本番のガイド内容としては…半日×2回分で1セット。

1回目:平坦地で平地滑走から緩傾斜の登降が出来るまで。
2回目:コースに出て平地滑走または傾斜地の登降。

こんな感じか。

湯元でも出来ない事は無いけど、スノーシューで踏み荒らされているとちょっと滑りづらいしなぁ…

やっぱり光徳のコースを使った方が良いな。

あぁ、そうそう。
さっきからコースコースって言っているけれど、奥日光のXCコースはアストリアホテルが土地を借りて整備してるんだ。

150121_assetu

なので、時折こんなのが走っているかも!?

ちなみに、そんな関係でアストリアホテルでは、XCスキーレンタル・温泉入浴・昼食がセットになったプランもあるのですねぇ。

ど? なかなか楽しそうだと思わない?
これをマスターすると、小田代とかへ行くのはとっても楽なのさ♪

とはいえ、使った事が無い道具ではなかなかツアーオーダーや参加の踏ん切りがつかないと思うのだけれど…

15_kamakurafes_map
おや? 右上に何か・・・??

「XCスキーの適地、奥日光!」への5件のフィードバック

  1. あらやだ。
    楽しそう。w
    先日はツアーをありがとうございました。
    こちらもとても楽しかったです!
    やっぱり何歳になっても上達できる、って嬉しいものです。
    美しい自然の中でスポーツを楽しめて、
    さらには自然、安全、どうでもよい話wや、
    上達のコツまで教えていただけるツアー、最高でした~!

  2. Layla様
    おいでませ~♪
    この度もご利用誠にありがとうございました m(_ _)m
    スノーシューとXCスキーはまた違った楽しみ方です。
    更に、最近人気の?カンジキもまた違った道具。
    別々の道具の特性が解ると、違った遊び方が見つかるかもしれませんね。
    …一足先に、今年から始めますか?
    まずは奥日光○人会XCスキー部発足とかw
    またお越しくださいまし。

  3. 改めて”じっくり”読ませて頂きました。
    先日スポーツ用品店の方が、「スノーシューと違って、とにかく荷物なども出来るだけ軽くし浮力を大きくする事もポイントのひとつです。」と仰っていました。
    >2時間もあれば、平坦地は元より軽い傾斜は何のその。
    なるほど~♪ 
     来週、とにかくやってみます!!

  4. あっ、すいません。
    ”浮力を大きく”でなく
    「重量を軽く」という意味だと思います。
    念のため♪

  5. rose様
    おいでませ~♪
    XCもレースでなければ荷物背負って移動したりしますけれど、スノーシューよりも動きやすい格好が向いてはいますね。
    ゼロからの自己流2時間は…どうだろう?
    滑れるようになれれば良いのですけれど。
    またお越しくださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。