スノーシューコース閉鎖と湯滝開通

昨日の雪から一夜明け、湯元は爽やかな青空。

こんな青空の中、スノーシューとワカンをぶら下げて、湯元の中で道を尋ねている2人が。。。

β:どこいくんですか?
②:刈込湖へ。

β:地図持ってます?
②:ありますよ。
β(道を聞いているのに??)
:夏と冬でルートは違いますけど、知ってます?

②:え?入口はどこですか?
β:入口は同じだけれど、ルートが違うんです。
②:え?入口違うんですか?
β:・・・入口同じだけれど、ルートが異なるんです。

②:踏み痕ありますよね?

昨日は雪降っていたっちゅうねんっ!!
自分が最初だったらどないすんじゃ。
バス停辺りで歩道の入口わからん人が、山の中で地図読めるんかい?
地図はお守りじゃないんだぞ。


って朝から吠えたところで。

先日お知らせした金精道路の除雪により、湯元のスノーシューコース、一部閉鎖です。
閉鎖は緑色の石楠花平コースと、小峠の②~③~④。


および、こちらも先日お伝えしていた湯滝駐車場の車両進入禁止措置、昨日付けで解除。

やっぱり車で入れるようになると、利用者数が違うよね。

これから国立公園満喫プロジェクトで利用者を増やそうなんて言ってるんだから、利用者の動きに応じた管理をしないとね。


スノーシューコース閉鎖情報、湯滝駐車場閉鎖解除情報、いずれもビジターセンターのサイトが情報ソース。

日光湯元ビジターセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。