我に光を・・・圧巻!

昨日はツアーのヘビリピさんからのご依頼で、切刈湖ツアーへ。
天気予報は晴れのち曇。

爽やかな秋空の元、いざ出発。

木道工事が意外な規模で行われていて、少々ビックリ。

道中で、ずっと怖かった斜面上部の木が倒れて処理されていたのはありがたいけれど…
倒れこんでいるそこがちょうど通り道なんだよなぁ。
刻み目は入れてあるので、配慮はしてくれているようだけれど。

序盤戦は序の口。
出来て間もないシウリザクラへのクマ棚や

苔の美しさなんかを見ながら進む。

小峠手前のヒロハカツラの大木は、鮮やかに黄葉。

小さい秋、見つけた♪

そんな具合に小峠を過ぎると、いよいよ紅葉ツアー本番。

どうよ、この色彩美。
まだかすかに緑色が残る木々が鮮やかなグラデーションを作り出しているでしょう?

刈込湖もまた色彩に溢れていて。

一際鮮やかに染まっているのは、

ドウダンの赤。
湖水の深い緑とのコントラストが素晴らしい。

たまにはと降りた切込湖畔。
静かに止まった湖水に山々が移りこむ。
…画面←に意識を向けると、何か時空が歪んでいるような(笑)

でも、今回のメインは実は湖じゃない。
お昼にたどり着いた涸沼が凄まじかった。

山腹を埋め尽くす程の色彩の洪水。
惜しむらくは、天気予報通りの曇り空となってしまって、山肌に光が当たらず、背景も青空じゃなかった所。

思わず、「もっと光をっ!我に光を与えたまえっ!!」

こんな眺めを楽しみながらの昼食タイム。
そして、オイラ的には今年の初物。

菖蒲ヶ浜レストハウスのヒメマス燻製。
一口食べたら、「酒が欲しい・・・」

二口食べたら、「酒が欲しい・・・」

三口食べたら、「酒が欲しい・・・」

ビールが良い、いや辛口の日本酒だ、白ワインにも合うんじゃないかと、ありもしない酒談義が弾む。

そんな様に哀れを催したのか、なんと晴れ間がっ!!

やっぱり青空に映えるなぁ。
今年の色は素晴らしいので、青空バックjで山王帽子全体の紅葉を撮りたいのだけれど、どうもこの先天気が・・・

そして、今回のツアーは最後にもう一発。
オイラのツアーには珍しく、舗装路を歩いて、

山王林道の向こう側、燃えるような山肌を眺めて、〆。

いやぁ、今回の紅葉は圧巻だったなぁ。

・・・来週はどこに行こうかな?
また候補地を探しに行かないとっ。

「我に光を・・・圧巻!」への2件のフィードバック

  1. あの景色とヒメマスに日本酒があったら叫びますよ。
    「時よ止まれ。お前は美しい!」って。

    1. 山狸さま
      おいでませ~♪

      あらあら、そんな言葉を口にしては、契約が完了して魂を奪われてしまいますよ?
      メフィストフェレスの様に質の悪いのがガイドを務めていたのですから(笑)
       
      またお越しくださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。