凍った湯滝と竜頭滝

今日のツアーはダブルヘッダー。

午前の部は、たってのご希望でスノーシュー。

極力ダメージを与えない場所を選んで歩く。

そんな最中に、お客様がノンビリと仰る。
「あぁ、リスだ。」

あまりにノンビリした声だったので、こちらもノンビリとそちらを眺めると・・・

おぉぅっ!本当にいるじゃないか!
枝から枝へと駆け回るリスの姿を、辛うじて1枚。

午後の部のガイド地点へと移動する道すがら。

あらぁ、昨日は氷で覆われていた右股が、開氷してしまった。

ついでに寄った湯滝では。

右半面が凍りつく。
こんなに氷で覆われた湯滝を見るのはオイラも初。
寒い日が続いているからかねぇ。

さて、明日もガイドのご依頼が入ったのだが、今日と同じ場所は使いづらいし・・・

どこに行こうかしら??

「凍った湯滝と竜頭滝」への4件のフィードバック

  1. リスに出会えてラッキーでしたネ♪
    湯滝の氷りもすごい!
    ・・となると、”小滝”の姿も気になりますね。
    奥日光へ行きたい!!
    ホント、お正月準備がなければな~。

    今年もたくさんの情報やステキなお写真を
    ありがとうございました。
    今年、いちばん心に残ったのは19日にアップされた湯ノ湖畔のキツネの姿です。

    来年は、どんな奥日光をそぞろ歩くのでしょう。楽しみにしていますネ。

    すいません。大好きなブログなので、
    コメントさせて頂かないと今年が終わりませんでした(^_−)−☆

    1. 湯元ネコさま
      おいでませ~♪
       
      リスはもう少しちゃんと撮りたかったですね。
      奥日光は狭くて広いので、出会えない景色もたくさんありますが、少しでも多くのものを目にしたいと思います。
      その中でお伝えできることがあれば、またご紹介しますね。

      またお越しくださいまし。

  2. やれやれ、大晦日もひと段落・・あとはゆぅに入ってゆく年くる年を観て寝るだけ!って考えながら”お邪魔しますよ。”
    雪の情報が増えて来たので楽しみが膨らんで来ました、なんてったって静かなまっちろな雪ん中を歩き回るてぇのは気持ちが良いもんです。 足跡見つけたり、小動物がスッと隠れるのをみると
    独りニンマリですね〜。情報有難う御座いました、良いお年を
    お迎え下さい。 合掌

    1. 横丁の隠居さま
      おいでなさいまし。
       
      年末らしい年末で羨ましいかぎりでやすな。
      ご隠居のスキーをどう展示しようか、頭を悩ましておりやす。
      削りの板なんて見て触る機会などそうそうあるもんじゃありやせんからね。
      またぞろ、不可解なものでも見かけやしたら、ご一報くださいましな。

      またお越しくだせぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。