奥日光公認スノーシューコースOPEN!

奥日光スノーシューファンの皆さま、お待たせしましたっ!

湯元温泉周辺スノーシューコース、いよいよOPENです!

良く冷えて、お天気にも恵まれた今日、地域有志で集まって、各コースのリボン付けへ。

オイラは、湯元の源泉(①番)から登り、

金精道路との交点(②番)を経て、

 

小峠(③番)までの、小峠コースを担当。

年末の記事でもちょっと書いたけれど、今年から小峠~兎島間の林道ルートがコースから除外されたので、今回のリボン付けはここまで。

まぁ、こんなお天気の日にただ往復するわけもなく(笑)

ちょこっと足を延ばして、湯ノ湖を見下ろし。

ここ最近の寒さで蓼ノ湖も、普段は凍っていない範囲も結氷して、その上を乾雪が風に舞う。

その湖畔では、なりかけのフロストフラワーと並んで、開放された霜柱がニョキニョキ。

おっと?
この足跡は…

ハントに成功したっぽい。
厳しい冬の生存競争を覗き見。

小峠直下の急坂では、

サクサクっと上がって、横から冷やかすw

ただ、その足元はこんな感じ。
上部は昨日一昨日の雪、その下に3㎝ほどの氷の層。
そこを踏み抜くと、柔らかい雪。

いやぁ、ようやく遊び放題の冬が来たね♪


真面目な話としては、

このコースは日光市が、地域の冬季活性の為に正規に借り受けてくれたコース。
多くの人が安全に利用できるように、毎年ルートリボンの設置や、パトロールなどが行われています。
リボン付けに際しても、安全には配慮をしていますが、ご利用の際は事故・怪我の無いようにご注意ください。

今回参加したのは、
自然公園財団(≒日光湯元ビジターセンター
日光自然博物館
自然計画
三本松茶屋
日光パークボランティア
奥日光小西ホテル

日光自然ガイド連絡会ともかなり重複している感じ。
日程が合わないこともあるから、そこは仕方がないけれど、地域のガイドって、「そこで金を稼ぐだけ」じゃダメだと思うんだよな。やっぱり。

ってなことを前にも書いたっけ(苦笑)
・・・今度こそ! 定着してくれぇ~。させてくれぇ~。


コース概況、湯元周辺スノーシューマップ
日光湯元ビジターセンター スノーシューコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。