食事

間もなくお盆。
皆様旅行のご予定はお決まり?

今日も奥日光は良い天気。
湯ノ湖畔では、子供達が水と戯れ、ん~夏だ。
Kohan

お盆かぁ・・・
事務所の人手も多少増えたし、
部屋もほぼ満室だし、なんか遊べないかなぁ? (゜へ゜?)

って事で、湯ノ湖~戦場をプラプラ。

そしたら発見。

黒いマントに横一文字の白い斑、

メタリックな肩当、

真紅の兜 に身を固めたこんなヤツ。
Sirositahotaruga_1

なかなか、目立つしカッコイイと思うんだけど。
いかが?

でもねぇ、コイツは幼虫時代の方が目立つのよ。
Youtyu
なかなか奇抜なカラーリングで…

今はさすがにこの幼虫は見つけられないけれど、6月の半ば過ぎにはサワフタギの葉を捜すと見つかる。

なぜサワフタギの葉を捜すのかって?

このシロシタホタルガは、幼虫時代に食べるのが決まっていて、奥日光ではそれがサワフタギなのさ。
こんな感じに、幼虫時代に食べる草は【食草】って呼ばれていて、この【食草】が決まっている虫ってのも多いんだ。

ほんでもって、夏になると奥日光の随所で見られるコイツ。
Hutasuji

道路や歩道上で踏み潰されていたりもするんだけど、まぁソンくらい沢山いる。

奥日光には、ね。

他の地域ではなかなか珍しいものらしい。

その理由が【食草】。

なんでかってぇと…

(゜^゜)ゝ゛ ん~…

随分長くなったから、今日はおしまい。 
(_ _)…。。oO zzz

台風直撃!

って、予報だったんだけど…
台風の気配程度で大した雨も降らずに終了~。
せっかく【小田代原湖】が出現するかと思ったのになぁ。

ま、それはそれとして、台風一過の青空。
Taihuikka

こんな日は、のんびりドライブ 中禅寺までおつかい。

で、用を済ました後は のんびりお散歩 情報収集。

中禅寺で人力車が走っているからその情報を…

って思っていたのだけど、車夫さんが見当たらず断念。
大体15分で1000円位だってさ。
詳細はまた後日。 ヽ( ´ー)ノ wasurenakerebane

その後も表通りを歩いていると、小物屋さん発見!
中を覗くと、陶器に食器、布製品に籐製品と和風テイストで。
小物も多いから、女性向??
Tennai

お店の前で作っている日光彫りも店内で販売中
Ittoubori

今回お邪魔したのは、イロハを上った目の前の【ゑびすや】さんだけど、
Ebisuya
中禅寺にはこうしたお店が多いから、散策するのも良いかもね♪
昨日のボタニカルアート展もあるし。

夕方。
事務所にいると一本の電話が。
電話を下さったのは今朝チェックアウトなさったお客様。

情報内容は…
Kitune
致命傷は左側頭部の粉砕骨折のようです
頭骨がグシャグシャでした。

奥日光は野生動物の生息地。
いつ、どこから現れるか解りませんので、ご注意を。
彼らのほうが、先にここに住んでいるのですから。

え?キツネをどうしたかって?
個人的にはラッキーって感じ♪

今日はおやすみ

今日はおやすみ

今日はおやすみ

で、久々に献血をしに宇都宮まで。

以上。

:

:

ま、待った!!

まだ終わって無いってば!

行掛けに中禅寺でちょっと寄り道。

寄った先は仏料理屋Chez Hoshino。

9月の頭まで、店内で宇都宮野の花の会の(【の】が多過ぎw)ボタニカルアート展をやってるんだ。

誰でもフラッとよって見ていっていいってさ。

Open 11:30〜15:00 18:00〜20:00

ケーキセットなんかもあるから、一休みするのに丁度いいかも。

で、献血前にもう一件寄り道。

奥日光を中心に活動してる写真家【野風人】さんのギャラリーがOPEN。

自分でギャラリーに作り替えたという大谷石の蔵に綺麗な写真が展示されてるんだ。

雲海の写真も多くて、そんな風景にあってみたいなぁと、

『いつ頃動くといいの?』って聞いたら、

『日の出前だな。』

(ρ.-)☆ アイタァ!

惜しむらくは場所が日光じゃないんだけど。

住所

宇都宮市新里町1179

なんてやっていたら、献血ルームに着いたのが17時すぎ。

全血しか出来ませんでした f^_^;

採燈大護摩供

01_6
今日は、湯元で『採燈大護摩供』が行なわれた。
幸いにも天気は晴♪
湖から涼やかな風が吹いて、護摩の煙も適度に流されいい感じ。

もともとは日光の山々を修験者たちが廻る夏峰修行に端を発するのだとか。

もくもくと上がる煙の中で、
02_5
護摩木を手に取り、

03_3
エイヤッ!!

夏山登山の安全と、無病息災・所願成就を願うのだとか。

ちなみに、修験者が祈る護摩木は一般参加でも願いを書き込めるのだそうで、その煙が高く上がり天へと届き、願いが叶うんだって。

護摩供は毎年8/8に行なわれるし(薬師様〈=温泉寺のご本尊〉の縁日なんだって)、来年の予定、入れとく??

♪今の君は…

Pikapika
ピカピカに光って~♪

今朝はご宿泊のお客様に湯元地内をご案内~♪
で、早朝散策は7:30で終わるものだから、
光徳の奥へ。


お目当てのものは
ミズナラ林で乱舞乱舞乱舞!

近くに止まってランランラン♪
Aino

綺麗でしょ?
多分、アイノミドリシジミでいいと思うのだけど。

コイツは、見る角度で全然色が違うんだよね。
Aino2
こんな風に。

しかし、もうちょっとチャンと撮りたい・・・
近々リベンジだ! (`^´)9

ん~…でも、手持ちのデジカメでは飛んでる写真を撮るのは厳しいか??

となると、カメラが必要???

やっぱ、ミノルタ「X-7」か!?

って、お前はいくつだ! o(–)==○  )゜д゜) Ouch!

赤岩滝

赤岩滝

奥日光の秘瀑 赤岩滝

そのうちお客様を案内したいと思って、ヒサビサに様子を見に来てみた。

昔は冬にXCスキーで来たんだよなぁ。 でも今は無理かな?

所々崖が崩れてたり、倒木が出てたりするから。 歩いて行く分には問題ないけどね。

でも初めて行く人は案内付けることをおすすめ。 地図が読めれば話は別だけどさ。

とりあえず赤岩滝直下からモブログ投稿。

こんな所でも電波が届くとは… 便利っつうかなんつうか。 (; ̄_ ̄)=3

編集後記…
久々に行ってきたのだけれど、大きな変化は無かったかな?
いつもの水場も使えたし、渡渉できない程の増水も見られなかったし。

ただ、最後の渡渉ポイントには
Tosyou
こんなものが。

親切だと思う??

個人的にはこういうのは反対。
っていうか、キライ!

試しに渡ってみたのよ。
そしたら、仮橋は一足ごとに大きく揺らいでバランスを崩しやすいし、ロープは弛んでいて体を支える役には立たない。
こんななら、無いほうがマシ。

そもそも、赤岩滝って遊歩道じゃないんだ。
で、こういうところは(こういうところに限らないけど)自己責任で行くもの。
つまり、自己の力量で行けるかどうかを見定めて、無理だと思えば引き返す。
そういう判断を自分で下さなきゃいけない場所。

そんな場所に、例えばしっかりとした道案内をつけたり、こんな橋を架けたりしたら、当然それを頼りにする。
では、帰りに橋がなくなっていたら?
バランスを崩してロープを掴んだら??
景色に見とれて道標を見失っていたら???

それを頼りに進んだ人は無事帰れるだろうか????

橋を架けたり、道標をつけたり、親切だと思う?

博→VC→博

今日はイベント三昧。(午前中は事務所仕事だったんだけどね。)

午後一番には自然博物館の、【戦場ヶ原ガイドウォーク】に参加。
自然博物館のスタッフの案内で戦場ヶ原をプラプラお散歩。

途中、川の中をのぞいて小魚見たり
Day
シカを見つけたりと色々。

で、その後は湯元にとって帰してVCの【夕方散策】に。
今日の担当はNPV(日光パークボランティア)の方。
Vc
参加者はお一人だったけど、その分のんびりとしたガイドでした。

で、夜は宿泊のお客様をお連れして、
自然博物館の催し【戦場ヶ原ナイトハイキング】へ。
Night
懐中電灯を使わずに、戦場ヶ原の木道上をハイキング。
頼みは月明かりと、己の五感のみ!
( ̄ー ̄(_ _ ウム。

最初は『見えないっ!』って声も上がっていたけど、目が闇に慣れるにつれいろんな物が見えてくるように。
星を見たり、近くで動く獣の気配に驚いたり、虫の音に耳を澄ましたり。
最後は地面で怪しく光る物体を手に取り、禁断の懐中電灯の明かりで見てみると…

あぁ、あの驚きは体験しないとわからないなぁ。\(°o°;)/

都会の明かりに慣れていると、あの雰囲気は新鮮だと思う。

お時間あるなら、参加してみる?
いずれもリーズナブルよん。。(⌒.-)=★
どちらの施設でも早朝散策もやるし、夏の奥日光 面白いぞ。

日光自然博物館のイベント

VC(日光湯元ビジターセンター)のイベント

そうそう。
8/3の男体山8/4の戦場・小田代の情報を書くスペースが無いので、マイフォトに乗せてみた。(初の試みだったりする)

オイラの覚えだから、手書きで汚いし、書き漏れもあったりするんだけど情報が必要な方は根気よく読んでくださいな。
マイフォトは左のメニューバーの一番下にあるからさ。

電池ぎれ(´A`)

電池ぎれ(´A`)

電池ぎれ(´A`)

電池ぎれ(´A`)

今日は久々に小田代原へ。

また写真を撮り溜めようと思ったらカメラが電池切れ…

ってわけで(どんなわけだ?)現場小田代原よりべー太がお届けします。 p(^O^)

今、目の前には貴婦人が。

先日足下に敷かれていたノアザミの絨毯は見頃を過ぎ、ホザキシモツケもピーク過ぎ。 まだまだ風景としては美しいけど花の写真を撮るには…かな?

今、見頃なのはトモエソウ。 レモン色の捩れた花弁が特徴的。

あと一週間くらいでクサレダマが見頃になりはそうなかんじ。

あとはキオンとか。 小田代原の色は紫から黄色へと移行中。

とは言え紫勢も件のノアザミやニッコウアザミ、コバギボウシにハクサンフウロなど根強い感じ。

で立ち止まってるとカメムシが寄ってくる、と。 このカメムシは掴んでも臭わないんだけど、一纏めに嫌われる。 ピカピカで綺麗だと思うんだけどなぁ σ(^◇^;)。。。

編集後記…
ツノアオカメムシは、摘んだくらいじゃさして臭わないんだけど、まとめて何匹か捕まえてシャカシャカ振ったりして虐めると…
さすがに臭う (´・ω・`)

しかし、なんでモブログ投稿したら画像が横位置なんだ??

男体山

いやはや。諸々雑多、片付けていたらこんな時間になってしまった。
普段は事務所から更新をしているのだけど、今日は色々あって自室から更新。
しかも、ココログの更新画面がうまく動かないし…

って事で、今日はもう遅いし、画像のアップも大変そうなんで(未だに16kb/secだったりする… f(==) 概略のみで。同定が半端なもんもあるけど、許してね (⌒▼-)~☆

男体山 志津~山頂
ダイモンジソウ開花、ヒメシャジン蕾、ミヤマウスユキソウ?、モミジカラマツ見頃、ハクサンシャクナゲ終、セリ科SP、ガンコウラン・コケモモ未熟実、クロマメノキ花終、マルバダケブキ開花、ハンゴンソウ開花、ハナヒリノキ?見頃、ネバリノギラン
イタチ系の糞(かなり小さい、オコジョか?)、ルリビタキ、メボソムシクイ、アキアカネ、ヤンマ系、キアゲハ、ヒオドシチョウ
山頂~二荒山神社
ヤマハハコ、ミヤマカラマツ、タマガワホトトギス、ヨツボシヒラタシデムシ

そういえば、山頂の小屋が開いていた。カップラーメンや、コーヒーとか、登山記念のピンバッチを売っていたよ。
開店?時間は大体日の出から日没までだって。

登拝祭

昨日?のブログにも書いたけど、今日?は中禅寺は二荒山神社のお祭り。

行ってきた!
残念ながら仕事の都合で花火の直前にしか間に合わなかったけどね。
Hanabi
湖上の花火ってのも、結構綺麗♪
花火も間近で見れるし、周りからも歓声しきり。
今日8/1も21時から花火を打ち上げるから、時間があるならオススメ。

ん~…でも、打ち上げ時間が短いんだよなぁ…
終わりが早いから、21時には二荒山神社についていたほうが良いよ。
20:30から大抽選会もあるしね。(海外旅行も当たるってさ!)

その後は、深山踊りコンテスト。

ちびっ子たちも一生懸命踊ってた。
Miyama_3
なかなか可愛らしいでしょ?

で、祭りの後は(こっちが本題?)男体山登拝講。
Tohai
山伏さん達を始め、老若男女が山頂での御来光を目指して、日付が変わると同時にスタート。
霧雨が降っていたけど、山頂では晴れるといいな。

しかし、神社の受付で売っていた金剛棒…
ネーミングとか、キャッチコピーって大事だと思うんだけど…
Photo

湯元住まいの人間が、気ままに歩いた記録を主観≒100%で再び垂れ流しているブログ