「日記・コラム・つぶやき」カテゴリーアーカイブ

とりなおして小田代

ないものは無い。
が、無いと困るので、気を取り直して撮り直し。

乗車定員は41名です。
と、カメラを向けたとたん、ノリのいい組の二人w

入口ゲートには注意書き。
すっごく長く見えるけれど、読めばなんということはない。

・ 乗る前に検温します
・ 乗る前にアルコール消毒してね
・ 乗っている間はマスクか、無ければ口を覆いましょう
・ 車内では静かに
・ 椅子席に座れる人数だけ
・ 混雑したら整理券だすからね

検温用のサーマルカメラはiPad.

入口にはアルコールスプレー。
運転手さんの周りはシートでガード。
運転席に近い座席は使用不可。


レンゲツツジは撮るほどじゃなくなっているので、写真割愛。

ゲートはこんな感じ。
暫定的なものだってさ。

アヤメは一面見頃だけれど、ノハナショウブが混ざり始め。
来週あたりはノハナショウブメインになりそうだな。

アヤメに夢中の足元には、ニガナとウマノアシガタが綺麗。

この前の写真なら、距にアキアカネが止まっていたのに。
でも、前日にはここまで咲いていなかったし、なによりも

ノイバラの数が違ってた。
今は湿度が高いせいか、華やかな香りが留まって、芳しさ倍増し♪
とくに今年は花が多い気がする。
戦場ヶ原の国道沿いとかでも見頃なので、ドライブしていても香るはず。

ってな感じで~す。

アヤメの動画も撮り直したんだけれど、ズーム状態では、カメラ振るのがちょっと早すぎた。
 
ので、今回は埋め込みなし。
見たければFBの方へドゾ。

低公害バス運行再開したけど、なってこったい!

今日は低公害バスの運行再開日。
そりゃぁ、当然行くでしょう!

バスの正面に掲げられているのは、乗車定員の数字。
運転手さんの真後ろの席を除いて、計41席。
低公害バスは今、3台あるけれど、どのバスも乗車定員は同じ。

赤沼情報センターの前には、低公害バスの運行に関わる注意事項あれこれの掲示。

いままでと何より違うのは、バスの乗降口前に設置された三脚とiPad。

何かな?と覗いてみたら、なんとサーモグラフィーカメラ。

試しに水を汲んだペットボトルをかざしてみたら、そこだけ明らかに温度が違う。

対象の体温も数字で表示されるので、一目瞭然。

いざ乗り込んでみれば、入口には消毒スプレー。
運転手さんの周りには、ビニールで仕切りも。


そんな違いはあれど、この低公害バスが運行を再開してくれたおかげで、小田代・西ノ湖・千手ヶ浜などへのアクセスが出来るように♪

ってことで、小田代原に到着~。
昨日の下野新聞にレンゲツツジが見頃だって載っていたけれど・・・
オイラの感覚的にはもうおしまいなんだよなぁ?

おや?
い、入口が~~!!!!
なんと、あの回転ドアがなくなっている!!
シカの対策の為に、代わりにネットを下げることにしたみたい。

うん。
やっぱり、レンゲツツジはもう名残ばかり。
でも、赤沼情報センターに貼ってあった27日の写真では確かに見事だった。

まぁ、今の季節に小田代歩くなら、北東部を目指すべき。

ほら、この一面のアヤメ!!
時期的にはそろそろノハナショウブに切り替わりはじめ・・・お、ノハナショウブも咲いてら。

その他にも、ハクサンフウロ、サワギク、ニガナ、イブキトラノオなどなど、初夏の花のラインナップ。

今日は湿度が高かったせいか、ノイバラの花の香りが芳しいこと♪
眺めるだけじゃなくて、ぜひ、香りでも楽しんで欲しいなぁ。

・・・写真はどうしたって思ってるでしょ?

うん。
オイラもそう思っている。

カメラ、持って行った。

メモリー、入っていた。

アヤメ群落の動画も撮影した。

撮影出来ていることも確認して、赤沼のお茶屋さんにも見せたし、この画像使っていい?的な確認を博物館にもした。

のだけれど!

パソコンに取り込もうと思ったら、メモリーがエラーを起こしたらしく。。。

今日の画像はスマホで撮影していた分の、この2枚だけ(T^T)

7月1日、いよいよっ!

昨日は湯元の作業の日。
なんの作業かと言えば!

湯元温泉足湯、あんよの湯の開所準備。
普段なら4月も半ばには開所準備を行うのだけれど、コロナの影響で今までノビノビ。

7月1日から、湯元の足湯も利用可能になる予定。
座席には✖印貼ってあるから、ソーシャルディスタンスに気を付けてご利用ください。


もう一つ7月1日に再開されるのが、低公害バス。
千手のクリンソウも終わった頃合。
ようやく国道から西側にアクセスしやすくなる!

折しも、戦場ヶ原の木道は工事の為に赤沼の分岐から通行止め。
低公害バスがあれば、千手も西ノ湖も、小田代原も当然サクっと行けるようになるわけで。


オイラもまだちゃんと歩けていないのだけれど、最近は・・・

久しぶりに北戦場に足を運んだくらい。

今年の北戦場は、ツルコケモモが凄いっ!

この画像でわかるかなぁ?
もの凄い沢山咲いてるのっ!

今年はサギスゲも結構良かったなぁ。
多分、過去形で語るのが正しいと思うのだけれど。

他にも、

ハクサンフウロが咲いたり

ツマトリソウが咲いたり。
初夏の花々が咲き始め。

アヤメも咲いているし、そろそろ小田代の群落も良い頃合かな?

赤沼から低公害バスと組みあわせて見に行くのも良いねぇ。
小田代のアヤメ群落を見て、泉門池を経由して北戦場を通過して、光徳入口へ。
東武バスを捕まえて、赤沼へと戻る。

光徳入口のバス停付近では

ホザキシモツケも開花。
・・・ってことは、そろそろ霧降高原のニッコウキスゲ見に行かなきゃいけないんじゃないのっ!?
 
いやぁ、色々と忙しいなぁ♪

戦場ヶ原レンタサイクル

FBにクイズを出したまま、一週間が過ぎてしまった・・・

この写真をアップしたんだよね。

自動販売機の横に自転車が見えるでしょ?

どっかで見た事あるでしょ?

奥日光レンタサイクル

博物館の前に設置されているものと同じレンタサイクル。

うん。比喩的な意味の同じではなく、本当に同じもの。

博物館前に設置されていたレンタサイクルの内、6台が三本松に移動して、三本松でもレンタルが可能になったわけだ。

戦場ヶ原と中禅寺で同じレンタサイクルが借りられるようになったので、これで移動が楽になるっ!!

って思ったのだけれど、借りた場所に返さなきゃならないのだって。

つまり、レンタカー的な乗り捨ては出来ない。

残念・・・

これが湯元にも配置されて、乗り捨て出来るようになると二次交通として意味のあるものになると思うのだけれど・・・

まぁ、三本松への配置は実証実験だそうなので、利用が増えれば正式に配備されるように・・・なったらいいなぁ。


同じレンタサイクルなので、利用法も同じ。
ドコモの人ならスマホで使えて、オイラみたいにドコモじゃない人は三本松茶屋の窓口に声をかけてね。

奥日光サイクルシェア

三本松茶屋

初めて奥日光にレンタサイクルが配備された時のレポート。
奥日光レンタサイクル

戦場ヶ原は2020年末まで通行止め

3月に

戦場ヶ原は2020年秋まで通行止め

というタイトルで投稿をしたまま、(春になったのに工事始まらないなぁ?)と思っていたら、いよいよ正式に発表が。

工事期間:2020年6月25日から12月下旬
工事区間:赤沼付近木道入口から出島付近展望台

工事開始が遅れたので、工事終了も遅れるみたいだね。
・・・地面が凍るまでには終わると思うけれど・・・


でも、今年に関しは工事の開始が延期されて良かったのかも。

全然記事が更新できなかったけれど、今年はズミもワタスゲも素晴らしかったんだ。
しかも、修学旅行が延期されているから、静かだったしね(笑)

6/10の戦場が原。この時、既にズミ吹雪が。

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年6月12日金曜日

どちらも6月10日にリピーター様をガイドしたときのもの。
去年は外れで、今年は工事で見られないと思っていたので、遅れてくれてラッキー♪

さすがに20日の時点では穂が崩れてきてしまったけれど、なんとかまだ見られたな。

かわって、今綺麗なのはレンゲツツジ。
これは例年同様、展望台から眺めるよりも、国道から見た方がいい。

画像でもその数の多さが伝わるとは思うけれど、現場はもっと綺麗。
歩きながら動画を撮ってみたので、そちらも貼っておきましょう。

先の明智平もそうだけど、ちゃんと映ってないな(苦笑)戦場のレンゲツツジは、国道沿いがオススメ。

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年6月20日土曜日

・・・最後の20秒くらいだけ撮れば良かった気もするw


マイヅルソウ
フタスジチョウ
笹の逞しさよ

そうそう!
記事にするタイミングを逃してしまったけれど、湯滝~泉門池までの迂回路は5月23日づけで通行できるようになっているからね。

平坦なミズナラの森を抜けてゆくルートで、出来て間もないから、まだ足元に伝わる地面の感触も柔らか♪
様子見に行った6月5日にも歩いている方が多くて。
調整に駆けずり回ったし、その時の意図とは違ってしまったけれど、動いた甲斐があったってもんだ。


【5/23】戦場ヶ原周回歩道の迂回路(泉門池~小滝上間)の開通について

【6/25~】戦場ヶ原の歩道工事に伴う通行止めのお知らせ

明智平ロープウェイ運行再開

いやぁ、開いたなぁ・・・
6月はまともに記事が書けなかった。

ようやく二山越えて、手が空いた。
この山、また報告が出来ると良いけれど、さてどうなりますやら。

記事の間が空きすぎて、何から書けばよいやら。。。

えぇと、と。

6月20日 明智平ロープウェーが運行再開。

やっぱりコロナの対策が必要で、通常は一台16人定員のところ、6人が上限だって。

係りの方もマスクにフェイスガード。
ゴンドラの窓は開けられているけれど、利用する方もマスクにお喋りNGで。
一回当たりの人数が少ないから、普段よりも乗車に時間がかかるはず。
明智平の展望台に行きたい人は、余裕をもって行動しましょう。

でも、やっぱりこの奥日光を代表する景色が手軽にみられるようになったのは素晴らしいね♪

記事がたまってく~!溜まりすぎると、収拾が…

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年6月20日土曜日

県境を跨いでの移動制限が解除された栃木県。
県内の方はご存じだと思うけれど、現在栃木県では
【県民一家族一旅行】というキャンペーンを実施ちゅう。

県民が県内に宿泊旅行に行くと、最大5,000円分安くなる!!
 
らしいのだけれど、既にかなりの申し込みが入っているそう。

県外は恩恵ないのか・・・なんて方もいるかもしれないけれど、県外の方でもマイカーユーザーなら、誰でも受けられる恩恵も。

日光宇都宮有料道路をはじめとした、県内の有料道路が土日無料!

一部除外される日もあるけれど、土日にお出かけするなら便利便利♪


明智平ロープウェー

県民一家族一旅行キャンペーン


・・・次に書かないといけないのは、戦場ヶ原の記事か?
鳥の羽もかかないと・・・

当たり年っぽい?

5月が終わり、今日から6月。
緊急事態宣言の延期を受けて、拝観停止だった東照宮など二社一寺も今日から参拝可能に。
中禅寺湖機船も減便ながらも通常航路が運行開始。

閉鎖していた日光市や環境省の管理下の駐車場が閉鎖解除。
同時に、湯ノ湖の周回線歩道も全線通行可。

湯ノ湖・湯川の釣りは6月3日から解禁。
岸釣りも船釣りも出来るようになるけれど、船を貸しているレストハウスは食事の提供を止めて、貸し船専用に。
あの見晴らしの良い食事処が使えなくなるのは、なんとも残念だなぁ。

なんて具合に情報を集めつつ、久々にプラプラ。

出かけた先は・・・

やっぱこの時期は戦場ヶ原でしょう!
どんな具合だったかは、動画へ。

6月1日の戦場ヶ原(約4分)。一眼レフでも撮影したけど、ピント合わせのレンズ音がうるさかったので、スマホ版。#ズミ #ワタスゲ #テイク5

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年6月1日月曜日

ざっと解説すると・・・
戦場ヶ原はワタスゲデッキ付近。
赤沼方向を見た状態でスタート。
解禁目前の湯川を眺め、新緑となったカラマツの木を舐めつつ、綻び始めたエゾノコリンゴの花、無数に花をつけたミヤマウグイスカグラへと。
湯滝に向かう歩道は通行止めなので、ワタスゲデッキへ進む。
 
生憎と雲が低くて、日光連山の頂は見えず。
デッキの足元に生えるカラマツは、ようやく芽吹いたような様相。
やっぱり湿原部は気温が低いのだと感じらる。
そのカラマツの足元には、クロミノウグイスカグラが開花。
 
画面には映っていないけれど、ヒメシャクナゲの姿も見られ。その先にはワタスゲの穂がかなりの面積で風に揺れる様がみられる。

去年は外れだったけれど、今年はなかなか良さそうな感じ。

え?
ワタスゲが当たり年なのかって?

オイラが当たり年ではないかと思うのは、こっち。

今年のズミ&エゾノコリンゴは、蕾の数が凄いのよ。
国道を走っていても、木が赤く見えるような、そんな感じ。
 
最近は気温の上下が少ないから、もしかしたら開花が揃うかも!?
揃ってくれたら、久々に満開で真っ白な戦場ヶ原が見られそう♪


上の動画を撮っている最中に、遠くから聞こえてきた声。
 
「どんなにこの場所に来たいと思っていたかっ!」
 
うんうん。
その気持ち、とってもよく分かります。
来訪自粛のご協力に大感謝♪
まだまだ油断は出来ないけれど、十分に対策をとって、楽しんで帰ってください。


ただ、戦場ヶ原の工事が始まると、赤沼の分岐からワタスゲデッキまでの間も通行できなくなる予定。
情報収集は怠りなく。

朝晴夕曇

今朝の奥日光は雲の上。
半月のてっぺんだと…ちょっと雲海には足りないか。

湯ノ湖は微風ながらも水鏡が。
昨日の夕方は全体的に曇っていたんだけれど。
でも、今は曇り空が丁度よい♪

そう、竜頭の滝ならね!

ん~・・・
よく見ると、トウゴクミツバが咲いているのがわかるんだけれど・・・

ちょっと今年は花芽が少ない気もする。
まだ階段歩いてないんだけれどね。


そして、今日も夕方には曇り空。
仕事を終えて外に出ると、

キョロン キョロン チー!!

ち、近いぞっ!!!

https://www.okunikkou.com/2020/05/24/朝晴夕曇/手振れが・・・昨日の夕方に撮った竜頭滝のトウゴクミツバツツジと共に。アカハラ、ねぇ。。。

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年5月24日日曜日

なんど見ても、コイツをアカハラと呼ぶのには妙な抵抗が(笑)
腹は白だよなぁ。

20年春の奥日光歩道工事一覧

なんやかんやと5月も下旬にさしかかり。
事務所留守番とかでフィールドに出られないながらも、アチコチ季節は進んでいく。

湯ノ湖でもミツバツツジが開花。

ということは当然、中禅寺湖でもミツバツツジが咲いている。
こんな季節には、やっぱり中禅寺湖の北岸を、菖蒲から千手にかけて歩いていきたいところなのだけれど・・・

コロナとは関係なく通行止め中。
もともと工事が予定されていてね。

中禅寺湖北岸の工事は7/20頃までだって。

実は、そんな工事があれやこれや。

5/23時点ではこんな感じ?
赤いのは通行・利用ができない状態。

さっきの菖蒲~千手間は5/11~7/20の間で通行止め。

同じ工期が予定されているのが、中禅寺から茶ノ木平。
これをうっかり忘れて明智平ロープウェーの再開後に歩き始めたりすると、中禅寺の街に降りられないなんてことになるかも。

戦場ヶ原は事前に聞いていたのは、赤沼の分岐付近から通行止めだったけれど、ちょっと距離が縮小された?
工期をずらしてやるのかなぁ?

湯ノ湖の通行止めは解除不明なんだけれど、湯元の駐車場の解除と同じ頃かな?と勝手に予測。

低公害バスは、発表を見る限り「クリンソウ時期の混雑を鑑み」とあるから、6月の半ばまではまず間違いなく、もしかしたら6月末頃まで運休かも。

で、今日5月23日から利用できるようになったのが、湯滝の駐車場。
利用できるようになった=料金徴収も始まった。

でも、ここから入れば、以前からお知らせをしていた青いラインの仮設歩道が歩ける。
この仮設歩道が通行可能になったから、湯滝~北戦場~光徳とか、湯滝~小田代~赤沼とかのルートが利用可能になって、ようやくハイキングらしい様子になったかな?

地図の緑で線を描いた湯滝横の階段は、こんな看板が。
通行止めとは書いていないけれど、一時的に止まったりすることもあるのかも。
期日は8月8日まで。


おまけ。
5/18の菖蒲が浜 クリンソウ。
他の写真も5/18のもの。
 
最近は事務所のお留守番勤務だったり。
そろそろ、再開に向けて情報を集め始めないと♪


中禅寺湖北岸 歩道工事

茶ノ木平 歩道工事

戦場ヶ原迂回路 開通

湯ノ湖および戦場ヶ原歩道等

低公害バス運休

駐車場他栃木県関連施設一部解除

投稿準備はあったのに出遅れた… 
若干今更感が漂うけれど。

5月14日の緊急事態宣言の解除39自治体に入った栃木県。
5月16日から、栃木県所有の施設や駐車場が一部で解放されました。

日光自然博物館管理施設の開館について

この駐車場解放を受け、中禅寺湖の釣りも5/16から再解禁。

中禅寺湖漁協

ただし。
栃木県では県を越えての移動は変わらず自粛要請中。


また、日光市でも県をまたいだ移動は自粛要請をしていて、市所有の駐車場は5月31日まで閉鎖のまま。
休業している施設も依然多い。

日光観光協会 お知らせ

また、湯元の駐車場は変わらず閉鎖中。
湯ノ湖・湯川の釣りも5/14確認時点では解禁未定。


男体山は5月25日から登山可能に。

●○男体山開山の件○●
 国の緊急事態宣言を受け、男体山の開山を延期し入山を禁止しておりましたが、下記の通り開山祭を斎行し入山を許可いたします。
         記
開山祭 日時:5月25日(月) 午前10時斎行
入山開始時間:午前6時より受付後、可能です。

★但し、県内者のみとします。(県を越えての移動自粛の為)

二荒山神社

・・・歩道関連情報もあるけど、次の記事にするかぁ。

まだ油断できないけれど、ちょっとめでたい雰囲気ということで。

こんな気分アップな画像も5/14に用意していたんだけれど、タイミングを逃すというね(苦笑)
そして、既に散ったというね・・・
すいませんでした~!!


まだ油断できないっていうのは、
・ 単に栃木県が緊急事態宣言の対象範囲から外れただけ。

・ 栃木県では、規制の再強化の指針を設けていて、一週間以内に10人の新規感染者が出たら、また使用制限がかかる可能性がある。

・ 5月16日時点では直近に4人の新規感染者がいる。

・ GW期間中の大移動の結果が、まだ出ていない。

・ なによりコロナが終息したわけじゃない。

こんな感じ?
油断せず、日々を過ごしましょ~。

栃木県 警戒度に関する判断基準となる指標の推移

湖畔の桜の動画版

https://www.okunikkou.com/2020/05/18/5/14の中禅寺湖畔。ちょっとハッピーなネタ用に撮影しながら、投稿が遅れるという…

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年5月18日月曜日