最速リピーター

昨日は1日のスノーシューガイドのご依頼が入っていたのだけれど・・・
 
雪が無いっ!!
湯元界隈で、今の半端な積雪量で1日コースを組むのはちょっと難しい。
が、他のコースはそもそもスノーシューを使える状態になってない。
オイラのツアーは初めてのお客様だし、勝手がわからない。
どうしよう・・・( ̄Д ̄)

お客様がご到着になって打ち合わせをしてみたら、
「スノーシューにはこだわってないです。むしろ、スノーシュー使わない場所の方が。」

・・・これはこれで選択肢が乏しい。
どうすんべ?
 
最終的に、

行っちゃいました、庵滝。

行けちゃいました、ツボ足で。

一応、みんなでスノーシューを背負っていたんだけれど、途中までは行きたいラインにトレースがついていたので、(らっき~♪)
 
ところが、終盤オイラのあまり行きたくない方にトレースが向かい始め・・・
歩きつつ考える。

この方向は、水沢を少なくとも2回は渡らないとならない奴だ。
できれば踏みかえたいけれど、お客様はスノーシューを履きたくない。
ここまで帰ってくる人とすれ違っているけれど、道中には他のトレースは無し。
つまり、少なくてもどちらかは行ける。踏み跡の状態から、おそらくどちらも行けると思うけれど・・・片方はこの先どこで降りても落差が大きい。
こっちのトレースの先は傾斜がなだらかで、水の幅も狭かったはず。

案の定、水沢が見えてる場所を渡ってた。

そんなこんなで、ツボ足庵滝ツアーも無事おしまい。
宿に戻って一息入れていたら、ご参加のお客様から、

「明日、予定空いてます?」

やったね!!\(^o^)/

というわけで、今日。
スノーシューは使わない条件は変わらず、今度は半日ツアー。
前日の会話の中で、普段は菖蒲スタートでカヤックをしているとの情報入手!
ならばっ!

阿世潟なんていかがでしょう?

立木の飛沫氷や、

氷のオブジェを眺めたり、

改修が終わったばかりのイタリア大使館別荘や英国大使館別荘(今年は4/2再開らしい)の話をしたり、

足跡の残らない不思議砂浜wで遊んだりして、その帰り道。

リス~~♪

くぅ、枝かぶり(T^T)

という二日間でした。
初日ツアーの翌日にはすでに次のツアーという、オイラ史上最速のリピーター様でした♪
しかも、ツアーを目的にして宿泊してくださったという、二重に嬉しいお知らせ♪♪


にしても、雪が無い。

月末には庵滝ツアーをもう一本やるから(参加者募集中)、それまでにスノーシューで歩けるようになっていて欲しいなぁ。

飛沫氷キラリ

昨日のイノシシは、偶発遭遇でさ。
本当は、午後の会議に向かいながら、飛沫氷の様子を見ていたんだ。
そしたら、見慣れないお尻が3つ水辺にあったもんで、慌てて戻ったという次第。

イノシシが山に入ったのを確認して、せっかく来たので1枚パシャリ。
最近風の強い日が続いていたから、ボチボチ出来て来た。
 
となれば、気になるのは立木観音前。

あら?今年は駐車場の上までの跳ね上がりが少なくない?

それなりには成長しているみたいだけれど。

岸壁の下は、結構良い感じに凍ってる。
お天気も良くて、日差しが当たっていたので、

飛沫氷がキラリと光っていました。

去年みたいになってくれるといいなぁ。

今年はイノシシ年

イノシシの写真が無いかと思ったけれど、今までイノシシにはほぼ遭遇してないから、断念。
でも、次の干支の時には、もしかしたら、奥日光で撮影した写真年賀状が作れてしまうかも?

なんてことを書いて始まった2019年。
次の干支の時どころか・・・

早々に撮れてしまいましたよ、イノシシ。 
しかも・・・

同じような小ぶりのサイズが3頭。
ということは、つい先ごろまではウリボウだったと思われ。
 
近年、アチコチで地べたの植物を食べたシカじゃない痕跡を確認したり、イノシシを見たという情報は聞いていたのだけれど、自分で生きている個体を目撃&撮影したのは、今回が初。
 
シカの食圧から、無理やりようやく守っている戦場ヶ原や小田代原の付近でも、目撃情報や痕跡が見られるし、コイツはまた新たな問題勃発か?

彼らはその後、国道を横切り、男体山の方向へと消えていきましたとさ。
越冬する気満々?
  
これだけ雪の積もらない日が増えてきたら、生き物の生息域も、そりゃぁ変わるわなぁ。
 
奥日光はこれからどんな風に変わっていくのだろう?

凍てつき、緩む

今日は暖かかったなぁ。
朝の時点で零下3度くらい?
 
おかげで、駐車場の雪かきと氷剥がしが捗る捗る。
年末の寒波で冷えたので、駐車場のかき残しが凍ってしまってさ。
 
凍ったと言えば、湯ノ湖も。

12/31の朝に(おぉ、やっと半分凍ったか)と思った記憶があるので、一気に結氷が進んで、今や湯元の一角の温泉が流れ込んでいる辺りに水面が残るのみ。

開けている水面が小さいので、

こんな時は水鳥が近いので、観察しやすくていいね♪
 
ところで、最初の写真、ちょっと面白いのが写っているんだけれど、気づいた??

 

 

 

凍って解けての繰り返し。
水の力の強い事!

己亥

新年あけましておめでとうございます。
今年は亥年。
イノシシの写真が無いかと思ったけれど、今までイノシシにはほぼ遭遇してないから、断念。
でも、次の干支の時には、もしかしたら、奥日光で撮影した写真年賀状が作れてしまうかも?
 
昨年最後の投稿にも書いたように、今日もツアー。

もみのき平を荒らして、距離250m程の移動を1時間w
昨日よりも雪の状態が締まって来ていたので、遊んで遊んで。
そして午後の部。

午後は貴婦人を見たいと仰るので、ツボ足小田代往復に変更。
赤沼は10cmにも満たないけれど、撮影している足元の木道上は30cmくらい雪があったかな?
やっぱり、西側の方が積雪が多いのだなぁ。

次のツアーの予定は1/4.
また明日から雪が降るかもみたいな予報らしいから、条件良くなると良いなぁ。


そういえば、亥って種子が実ってエネルギーが溜め込まれた状態を意味するんだって?

種子・・・

タネのザッソウ
 
種のザッソウ
 
種の雑想

・・・芽が出そうな気配はあるんだけれどなぁ。
なんか足りない。
何が足りない??
 
まぁ、模索を続けて、今年もボチボチ参りましょう。


さておき。
 
旧年中は閲覧いただきありがとうございました。
相変わらずの気が向いた時のランダム更新になると思いますが、オイラなりの視点で奥日光の情報をお伝えしていく所存でありますので、適当にお付き合いください。

皆様の新たな一年が、驚きと発見に満ち溢れた素晴らしい年となりますように。

吹雪が晴れた♪

ここ3日ばかりは、湯元は雪に吹雪に。
おかげで昨日は朝から夜まで雪かき雪かき。

そして、今日はツアーのご予約が入っていたのだけれど…
ゼロからの積雪なので、状況がさっぱりワカラン。

というわけで、ツアー前に回ってみました。

まずは中禅寺湖東岸立木観音前。

積雪はうっすら3cm程。

飛沫氷もうっすら。

竜頭滝は、滝の左右が若干飛沫で凍りはじめ。

積雪は10cmって所。

静かな水面に木々が写り込む湯川。

菖蒲とどっこい。赤沼付近は10cm弱。

車両通行止めになっている湯滝料金所の付近

微増で13cm。

やっと薄氷が50%くらい張った、湯ノ湖。

スノーシューコース付近の積雪は、ドドンと増えて45cm。
でも、まだ笹が寝てないので、林道など一部を除いて、スノーシューコースは使えない。


と、こんな状況をお伝えしたら、

『刈込湖に行ってみたいです!』
・・・途中で撤退になりそうだなぁ。

行ってみた結果。
案の定、小峠でご飯を食べて撤退。

夏道から行ったんだけれど、行きはスノーシューがあると楽。

で、小峠でご飯を食べつつ、ツボ足で未圧雪エリアに飛び込んでみたら・・・

なんと、オイラの腰丈=1m弱。

スノーシュー履いても膝上で50cm。

そんな中、なんと小峠から笹の生い茂る冬道に下りた人が!
夏道で行き会ったら、雪に嵌って溺れそうになり、這う這うの体で夏道に戻って来たんだって。

この雪が落ち着いて、更に一発ドカンと来てくれたら、いよいよスノーシューコースもOPENかな?

と言いつつも、明日もツアーの予定が入っていたりして。

いつもと同じドタバタと、いつもとは違った会議続きのドタバタと。
そんな中で、今年もおしまい。

来年はどんな年になるかなぁ?
まぁ、元日からツアーが入っているのだから、良い年になるだろ。

ちょっと更新頻度が下がっている自覚はあるけれど、来年もポツラポツラと更新していくので、気長にお付き合いください。
 
あ、年賀状…(^o^;)

皆様の新しい一年が、驚きと発見に満ち溢れた一年でありますように。

よいお年を。
来年もよろしくお願いします。

金精道路冬季閉鎖2018

本日、12/25 金精道路が冬季閉鎖になりました。
開通予定は、来春2019/4/25 正午。
その間、関越道の沼田ICや丸沼高原スキー場などへは行けないので、ご注意を。
 
・・・まぁ、最近暖かい日があったから、路面に雪が無いのだけれど、決まってる予定なので仕方ないのです。

でも、今日は久々に良く冷えたんだ。
兎島の入江も凍って、昼過ぎでも解け切らないほど。

先日、湿った雪が降ったでしょ?
暖かい日があって雪が融けたでしょ?
そして、よく冷えたでしょ?

てっきり、雪がとけてなくなってしまってスキー場がリフト運行をやめたのかと思っていたら、凍結してスケートリンクみたいになってしまったのだそうな。
 
そして、凍ってスケートリンクみたいになると言えば、ここ。

湯滝駐車場もまた、一時閉鎖に。

湯ノ湖周回線歩道も、今日から国道側も含めて冬季閉鎖だって。

 

早く雪が積もってスノーシューで遊べるようにならないかなぁ。。。


金精道路冬季閉鎖予定2018

日光湯元ビジターセンターお知らせ

ミシュラン二つ星のツアー

オイラが毎年必ずツアーの依頼を受けている戦場ヶ原のトレッキング。
なんと、ミシュランで星二つ!
 
来年のツアーはこれで決まりだな。
キャッチーなタイトル間違いなしw

一昨日の画像だけれど、素晴らしいでしょう?
選ばれるのも納得ってものさ。

日光関連の情報を調べてる人にとっては、出オチ感の半端ないタイトルだけれど、なんでも「 ミシュラン・グリーンガイド日光国立公園」で奥日光の各地が新たにノミネートされたり、星を獲得したりしてるんだって。

その中で、戦場ヶ原のトレッキングが星二つ。
奥日光の他の場所だと、湯ノ湖や華厳滝、イタリア大使館などが星一つを獲得。
他にも、日光の市街地から奥日光まで、色々な場所が載っているので、興味があったら見てみて。

・・・オイラ、ウソは一つもついてないよ?
オイラはウソは嫌いなんだ。
 
・・・一部情報が不完全だったり、誤解する余地の残る表現がある可能性は否定しれないけれど(笑)

【ミシュラン(・グリーンガイド日光国立公園の中で)二つ星(を獲得した戦場ヶ原ハイキング)の(ガイド)ツアー】をオイラは毎年やってるのです。

・・・嘘はついてないよね?

そんな場所を自分のメインフィールドに使ってるってのも、改めて考えて贅沢な話。

これからますます外国人旅行者が増えていきそうな、そんな素敵な場所。
そんなところなんだから、

そろそろ、こういう情けないマネはやめようや。


ミシュラン・プレスリリース 2018/12/12
「ミシュラン・グリーンガイド日光国立公園 WEB版」を公開

青空のスキー場開き

昨日の投稿でも書いたけれど、今日は湯元のスキー場開き。

会う人会う人、「積もって良かったねぇ!」
ここ何年も、テープをカットして解散だったけれど、久々に・・・

松明滑走を見る事が出来ました♪

しかも、こんな青空の下で。
 
そうなんです。
他のスキー場は知らないけれど、湯元スキー場は神主さんが安全を祈願しつつ滑走してくるんだよ。
こんなシーンも海外の人にウケたりして?

その後、ちょっと中禅寺まで道路の様子を見に行って、

戦場ヶ原へと。
早くスノーシューのシーズン、来ないかなぁ?

と、思っていたら、明日から光徳のクロカンコースが一部滑走可能になるらしいので、様子を見に行ってみるかねぇ?

そして、今回の雪で、湯ノ湖の歩道は一部が冬季閉鎖になったってさ。


日光湯元スキー場

日光アストリアホテル

光湯元ビジターセンター お知らせ

救いの雪っ!

またも更新がノビノビ m(_ _)m
ちょっとおでかけしていたものでさ。
 
そして奥日光に帰ってきたら、

いきなりこれですよ(笑)
湯元の積雪が30cmくらいかな?
今日は暖かかったので、湿り雪。
良い感じだねぇ~♪
(湿り雪がまとまって降ると、笹が寝てくれるし、溶けづらいから、スノーシューの季節が早まるかも!?)

とか思いつつ狙いに行ったのは・・・

雪の竜頭滝。
出来れば、湯滝と華厳滝も行きたかったのだけれど、午後にお出かけしないとならなかったのでそちらは断念。

そして、この雪で・・・


明日の湯元スキー場、久々にOPEN日に滑走可能になるらしい!
OPEN日に湯元スキー場が滑れるのは、オイラの記録上、2014年以来の事。
地域的には救いの雪っ!

お正月にはスノーシューツアーの予約が入っているので、もっと雪が降って欲しいけれど・・・

湯ノ湖にはようやく薄氷がはった所。
今年は暖かいからなぁ。。。


日光湯元スキー場

湯元住まいの人間が、気ままに歩いた記録を主観≒100%で再び垂れ流しているブログ