イベント:赤岩滝へ行こう! 2018

唐突ですが、イベント予告~。

来る7/14 赤岩滝行きます。
既に御申込みが入っていて、催行は確定しているので、ご興味のある方は是非。

これまでは5回の渡渉(うち1回は飛び来し)だったのが、先日のレポート通り岩が無くなってしまったので、5回全部水に入る事になりそうです。

今年は梅雨の雨が少なかったから、多分実施出来ると思うけれど、これ以降および当日の雨量によっては中止せざるを得なくなる場合もありますので、その際はご勘弁ください。

御申込みは職場の方へ。

及び、上の写真と同じチラシです。
180714_赤岩滝

これぞ王道!戦場ヶ原ツアー

先週土曜日の奥日光フラワートレッキングは、戦場ヶ原編。


ガイドは日光自然博物館の(も)。

オイラが奥日光に来た時には既にいた人。

開始前に呟いた言葉は、
「いつも端折っている所を、ちゃんとやればいいんだよな。」

湯滝の解説からスタート。

対岸に渡って、湯川のマスの話。

シカ柵にシカネットに・・・

確かに具に拾っていく。

さぁ、良かったら触ってみてください。

奥日光のガイドとしては、もはや定番のブツ。
あ、触ったのはコレじゃないのでご安心を。
お食事中の方は、ナニカは想像しない方が良いですw

「第一フラワー発見です。」

お馴染みの崖崩れポイント。
なんと、ここの通過タイミングが、ツアー開始から凡そ1時間。
地域ガイドが本気でやると、時速1km未満なんてザラ。

フラワートレッキングなだけに、ちゃんとお花の話も。

勿論、五感を使う事も忘れません。

これぞ王道! というような、湯滝→赤沼の戦場ヶ原ガイドが展開されました。

ました、なのだけれど・・・

・・

一番熱心に、そして盛り上がったのは、グローブのテムレスと、パッカブルなミニタオルだった(笑)

フラワートレッキングなのに~~~!!!!

さて、明後日はいよいよオイラの出番。

ボチボチ、小田代のアヤメも良くなってきたし、頑張って喋りますかねぇ♪

王道になるか、邪道になるかは、その時の参加者の方次第?
6/28現在、5名の御申込みが入っている様子なので、土曜日の午後ヒマなら、ご参加下さいな。


日光おでかけサロン 0288-54-2700

変態熊、湯滝付近に出没中?

もう、お腹減ったよ。。。

今日は赤沼に昼前集合で、千手ヶ浜のみ1.5時間というまたも変則ガイド。
終って、赤沼に戻って雑談していたら、どうやら湯滝にクマが出ていたそうで。

ここ4日ばかり目撃が続いているのだけれど、このクマ、変わり者っぽいのだよなぁ。

オイラが集めた情報だとこんな感じ。
出没箇所が特定のポイントじゃないってのがどうにも。
これなら、いつぞやの湯滝入口付近のクマの方が、まだわかりやすい。

何か大きな被害が出たとか、そんな話は無いのだけれど、ちょっとねぇ?
擁壁の上に座っていたとか、なんでそんなアニメみたいなw

 

このクマが、【ちょっとねぇ?】と感じるのは、↓が理由。

1.目撃地点が湯滝駐車場付近に集中しているが、明確な誘因(餌)が確認できていない。

2.目撃時間が、一般的によく行動すると言われる黎明薄暮からズレ、日中である。

3.警察が対応に動いているが、警察が来てから2時間以上も動かず、また国道で大がかりな工事が行われているにも関わらず、出没を続けている。

4.人とツキノワグマの距離感が著しく近い。(5~30m程度)

5.行動から同一個体ではないかと考えられる。

6.周辺はハイキングコースとなっており、学校のグループ行動などと行動範囲が重なる。


バス停でバス待ちしてたお客様から魅せて貰った動画だと、クマよけ鈴の音がバッチリ入っているんだけれど、まるで気にしていない感じが・・・

何もなきゃいいけれど、皆さんも気を付けてね。

オイラも写真撮れていないので、ワザワザ見せつける為に写真を撮りに行くのは禁止!


最近はどうにも間が悪いらしく、お出かけしている先でクマの目撃情報を聞くんだよね(苦笑)

で、それを夕方になってから湯元に持ち帰ると、あら不思議!

湯元の街中での第一報になってしまうという w(◎□◎)w

そんなこんなで、地元の中で動き回っていて、昼めしを喰いッパぐれるという (T^T)

===========

戦場ヶ原開通と、熊騒動私見

2001年だか2002年だかに作った情報共有の組織図は、2012年には既に機能してなかった。

あれから6年。
また形骸化しちゃった?

変なクマの目撃情報もさることながら、こっちの方がより問題が大きく感じてしまうのは、オイラだけかねぇ?


そんな次第で、記事を書こうと思っていたけれど、急遽変更。

写真が無いのも寂しいので、昨日の光徳入口にて。

ホザキシモツケの開花を確認、と。

日が暮れて霧降

昨日は一日良い天気だった。

・・・一日ドライバーをしていたけれど。

今日は泊りのお客様相手にスライドトークをしないとならない日だったので、朝から霧降に行くつもりでいたのになぁ。

なんとか体を空けられたのが、もう夕方になってから。

急いで霧降に向かって、


写真を撮って。

キスゲ平の駐車場に戻ってきたのは、およそ19時。
夏至の直後で良かった(苦笑)

下段はまだ蕾が残るけれど、凡そ見頃で7分咲き?
上部はまだ4~5分って所かなぁ?

どうやら、この週末と来週末には、例年の様にシャトルバスを動かすみたい。

詳細は霧降のキスゲ平園地のサイトで。


霧降高原キスゲ平園地

変則ガイド

今週は変則ガイドから始まる。

中禅寺湖がどうやら濃霧に覆われていたであろう日曜日。

コースは湯元~赤沼とある意味オーソドックスなルートだったのだけれど、ほぼコースタイムでガイドしながら歩くという。

月の頭には、湯元~湯滝で2.5hなんて超スローガイドもあったのだけれど、オイラにとっては超スローな方がありがちのガイドなんだよな(笑)

そして、日曜日にガイドした方と、今週計3回お会いする。

昨夜は出張レクチャーで、今日はその子たちを連れて湯元~赤沼の間を、10人×9グループを1人で案内。

喋る、送り出す、追いかける、追い抜く、喋る、送り出す、追いかける、追い抜く・・・

疲れたw
戦場ヶ原を走り回っていたので、驚かせた人がいたらゴメンナサイ m(_ _)m

その間に撮ったイロイロ。

ワタスゲは・・・

崩れてきたので、見たい人は早めに!

アヤメや

ウマノアシガタが綺麗になってきた。

・・・今年、花をつけているカンボクを殆ど見てないのだけれど?

ノイバラが咲き始め。

ダビドサナエのペア。

フタスジチョウが飛び始めた。
日曜日はチラホラだったのに、今日はウジャウジャ飛んでいたなぁ。

オシドリの親子と、写真は撮れなかったけれどマガモの親子も発見。

 

残念ながら、ダメなものも発見。
子供達のガイド中だったのに、どう説明したら良いのやら。。。

もっとダメなものも発見。
珍しくスーツを着ていたのに、まさかの雨の藪漕ぎ(苦笑)


来週は、千手ヶ浜のみで1時間というガイドも入っているし、なんか変則的なガイドが多いなぁ。

オーソドックスなガイドは、6/30のフラワートレッキング小田代編くらいか?

あ、そうそう。
6/23の戦場ヶ原編も、6/30の小田代原編も御申込みが入っているそうなので、1名様でもご参加可になってます。

6/23は、オイラは見学の回。
楽しみ楽しみ♪

久々に襲われた。

今日の湯ノ湖畔。

水辺を走りゆくサル。

歩道を歩くサル。

(おそらく)オオヤマザクラの実を食べている親子ザル。

そして、この写真を撮った後に、母サルがあまり聞き覚えの無い声を上げる。

(??? ・・・っ!!!)

群の中から複数の猿が向かってきて、威嚇を始める。

幸い、威嚇しかえしながら距離を空けたので、実害無く済んだけれど、群れを守りに出て来たサルには威嚇返しが殆ど効かないからなぁ。

今回のはオイラが悪い。m(_ _)m
65mmのレンズしかなかったからと、子ザルとの距離を詰めすぎてしまった。

サクランボが無くなるまでは、サルの群れが湖畔をうろつく可能性があるので、皆さんも『写真を撮ろう!』なんて考えると、オイラみたいな目に遭うかも。


ちなみに、以前襲われたのも、サルの群れにちょっかいをかけた時。

こんな風景に出会って、写真を撮っていた時の事。

この桜の木の下に別のサルを見つけた。

オイラとしては、万が一中身が入っていたら・・・と、サルを守らんとして、この子に近づきタバコの箱を奪ったのだけれど、その時には既にサルの群れの真下。
とうぜん、サルにはオイラの思惑は判らないわけで。

タバコの箱を拾ったら、なにか気配が。
顔を上げたら、枝を伝って大きなサルAが至近に。
サルAを威嚇して距離が空いた、と思ったら、違う方向からサルBが歯をむき出して接近。

サルBを威嚇すると、その隙にAが。
Aを威嚇すると、B。

単車仕様でヘルメット被ったままだったから、多少気持ちに余裕はあったけれど、それでも怖かったなぁ。


と、いうわけで改めて。
サルの群れには不用意に近づかないようにしましょう。

ベルギー王国大使館別荘特別公開

ちょっと遅くなったけれど、


DCで特別公開をしているベルギー王国大使館別荘の特別公開に行って来たんだ。

・・・6/4(月)に ”f(¬¬)
いや、ちょっとばっかり忙しくてさ m(_ _)m

初公開日だった6/2、6/3はかなり混雑をしたと聞いていたので、
(平日の月曜日だったら、あまり混雑してないのでは・・・)

・・・甘かった・・・

10時に開門だというのに、その20分前には50人近い列。
その列が10:40頃には100人以上になっていたという。。。

まぁ、オイラは早々に列に並んでいたから、OPENと同時に入る事が出来たのだけれど。

現役で使用中というこの建物、英国やイタリア大使館別荘とはやっぱりちょっと雰囲気が違うな。

落ち着いた調度品の数々

ふむ。

築90年という建物自体は洋だけれど、調度品の数々には和を感じる。

おや、眠り猫。

ベルギーと日本と。

日本の中にあるベルギー。

この日は、とても暑い日だったのだけれど、室内は・・・

流石の避暑地。
でも、この見やすい温度湿度計よりも・・・

こっちの方がオイラは好み。
読み方わからないけれどw


なんてな感じで楽しんで出てきたのだけれど、その後が大変だった。

ベルギー大使館別荘の前の駐車場に車を停めてあったんだけれど、乗り込んでから駐車場を出るまでに、5分近く・・・

駐車場に誘導などが無かったので、オイラの車はランダムに止まっている車の奥の方にあって、更に2か所ある出入口は、それぞれが入口になってしまっていたので、通路として残った狭い空間で車がお見合い。

現場を知っている人なら、
「ちょっと歩けば歌が浜の駐車場があるのだから、そこを使えば・・・」とかって考えるかも知れないけれど、

近隣の駐車場は

どこも満車。

停められそうな場所はどこも路上に車が。

近隣のお店の方に聞いたら、この辺の駐車場は朝の6時には埋まってしまうんだって。

実際、宿に泊まりに来た方も、ベルギー王国大使館別荘を見ようと思って来たけれど、大行列&駐車場の無さで諦めたそうな。

イベントで盛り上げるのも大事だけれど、受け入れ出来ないのではなぁ。。。


ちなみに。

このベルギー王国別荘記念公園の近くには、お馴染みの

イタリア・英国の両大使館別荘記念公園があるのだけれど、こっちはあまり人がいない。

5館巡りのスタンプラリーもやっているから、ベルギーが行列出来ていたら、英国やイタリアに先に立ち寄るのがいいかも。

なぜって?
この日は、13時頃にもう一度ベルギー前を通過したんだけれど、既に待ち人無し。

色々な場所から聞こえてくる情報だと、土日も昼頃から夕方には、すんなり入れているみたい。

公開日は6/25までの土日月なので、残り6回。
(6/16、17、18、23、24、25)

お見逃しなくっ!

 

・・・なんだけれど、ここでちょっと気を付けて!

6/16~17は、日光ウルトラマラソン。
立木観音で折り返して、駐車場に給水所が設けられるらしい。

6/18は、立木観音の観音講の日。
これもどうやら混雑しそう。

バスや博物館前のレンタサイクルなんかを使った方が良いかも。


ベルギー王国大使館別荘特別公開

日光ウルトラマラソンコース図

東武バス 中禅寺~歌が浜遊覧船線

博物館前レンタサイクル

 

 

奥日光フラワートレッキング戦場ヶ原編開催!

しました。一昨日。
(冒頭だけ揃えてみる)

なんと、今回は参加者の方が全部で8名!!
なのに、参加費は総額で4,000円ww

つまり、一人当たり500円 w(◎◇◎)w

では、500円ツアーの様子を見てみましょう~。

戦場ヶ原編の案内役は、赤沼にも居を構える日光自然博物館スタッフ。

ゲート前で真面目に話をしている所に、悪いホテル関係者から放り込まれた(直喩)物体は、フラワートレッキングとは一切関係のない

アオダイショウの幼蛇w
まぁ、扱えることを知っているから悪さを仕掛けて行くわけだけれど(^皿^)

道中では森の話や

湧き水の話。

触ってみよう、嗅いでみよう etc

大きいオタマは小さいカエルに、小さいオタマは大きいカエルになるんですなんて話。

今回の担当者は、本来虫スペシャルなので、

ヤラれてしまったエゾハルゼミの話も。

・・・え~と、【フラワートレッキング】ですよね??

と、序盤では思っていた物の。

終わってみたら、写真に収められたものだけで13種。
話題に上ったのは20種類くらい?

(持ち時間の3.5時間では収まらないんじゃね?)
と思わせるほどの、話題の広さ。

いや、お見事お見事。(拍手)

お見事と言えば、戦場ヶ原のワタスゲもお見事。

次回(6/16)、次々回(6/23)も日光自然博物館の人のご案内。
最終回(6/30)は、いよいよオイラの出番だ!


栃木県立 日光自然博物館

日光おでかけサロン(イベント申込先)

クリンソウ撮影会

昨日は、今週自由に動ける最後の日!?
となれば、この時期に、お仕事的に見に行かないわけには行かない千手ヶ浜のクリンソウの様子を確認しておかねば。

と、赤沼に向かうと…

平日の9:35発のバス待ちがこの状態。
あまりに多くて、予備の2台目が急遽運行する事に。

おかげで、ミチミチの満員電車状態を回避出来て、千手へ。

弓張峠から西ノ湖へ向かう道中で、ボケーっと車窓を見ていると

(あらぁ、真っ黒な犬が森の中を歩いてらぁ。毛並みが綺麗だなぁ・・・)

!!!!!

西ノ湖でバスを降りて、歩いて戻ろうかと本気で考えたww

さてさて。
お目当てのクリンソウはと申しますと・・・

見頃と言って良いでしょう。
まだ段が伸びそうだから、7分って所かな?

オイラが撮ったクリンソウの写真にしては、なかなか良くない?
と自画自賛。

・・・実は、赤沼でバッタリと、いつもの社長さんと遭遇。
社長が撮る横で同じように撮影していたのさ (^皿^)

そうすると社長さんが、

「ここは、あの陽だまりのクリンソウに合わせて、そうだなぁ・・・べー太のレンズなら絞りは8くらい。」

「観光写真としては、ここで背景に人が欲しいよなぁ。なので、少しレンズをあけてボカシ目にして・・・」

「人間の目ってのは・・・だから、構図をとる時には~~」

という、個人的な写真撮影ツアーに(笑)
なんだけれど、なぜか画の仕上がりが雲泥の差。( ̄~ ̄)


赤沼で社長さんと別れて、今度は一人戦場ヶ原へ。

ワタスゲは見頃だけれど、いつものオイラの写真だなぁ(苦笑)

うん。やっぱり先達のご指導とは素晴らしい。


今週末には、このワタスゲ見頃の戦場ヶ原を舞台に、イベントあります。

土曜日 12:30~16:00 湯滝~赤沼
フラワートレッキング 戦場ヶ原編。
ガイド役:日光自然博物館

日曜日 9:00~13:00 湯滝~赤沼
写真撮影ツアー ズミとワタスゲを撮る
講師:サトーカメラフォトコーディネーター 佐藤様
ガイド役:オイラ。

お申込みは前日18:00まで。


ワタスゲは見頃だよ~!! ワタスゲは。
え?ズミ? なにそれおいしいの?

ミヤマザクラが綺麗で、レンゲツツジが咲き始めてたなぁ。


日光おでかけサロン(イベント申込先)

日光自然博物館(低公害バス)

日光湯元ビジターセンター(クマ情報)

 

赤岩滝・男体山・男体山

いやいや、更新が止まってしまい申し訳ない m(_ _)m

ちょっと忙しくて、その後処理で仕事が溜まってしまってさ。

先週出かけたのは、またも男体山。

今年はシロヤシオが凄かった!
そして、この時はそんなに感じなかったんだけれど、翌日もう一度登ったら、

なんとベニサラサドウダンも花付がとても良かったという。
こんなにシロヤシオが凄い年は、オイラ知らないなぁ。

さすがにもう散ってしまったと思うのだけれど、見られた人はとてもラッキー♪

どちらの日も、山頂に着いたらすぐにガスが広がってきてしまったのだけれど、ガスが広がる直前に見た戦場ヶ原にまたビックリ(;゚Д゚)

なに、このズミの咲き方。

ズミの分布がこんなにハッキリとわかるなんて。
・・・外山に行きたかったなぁ・・・

男体山に行く前の日に戦場ヶ原をちょっと歩いたけれど、ズミの写真を撮る余裕がなかったからなぁ。

と言いつつ、ワタスゲの写真や

ヒメシャクナゲに、

ビンズイの写真はあったりするw

だってさ、戦場ヶ原歩いた日はワタスゲ展望デッキまでしか行けなくて、そこから直ぐに移動しなきゃならなかったんだもの。

クリンソウが6分咲きくらいの千手が浜からスタートして、

赤岩滝までさ。

実は前回の更新記事はロケハンで、今回はロケ本番だったのさ。
(なんと、今回は赤岩滝でドローンが飛んだぞ!!)

天気予報は連日雨とか雷予報だったのだけれど、殆ど雨に降られる事もなく実施出来た3日間でした。

しかし、12時間×3日のロケが30分少々にまとまるとは・・・

番組は以前と同じ NHK‐BSのトレッキング100.
まだ放映日は完全決定じゃないらしいのだけれど、7月の予定だってさ。

ん?共演者の方が気になる?
オイラが勝手に画像を使うわけには行かないのだけれど、男体山の初日にみんなで記念撮影してきたから、それなら使っても怒られまい。

.

.

.

.

.

.

 

大国主の目 2018年5月30日 16時

肝心の女優さんがモザイク状態ww

番組で公式発表されるまでは内緒~。


にっぽんトレッキング100 奥日光編放送決定!

NHK-BS  にっぽんトレッキング100