カテゴリー別アーカイブ: イベント・催し物

シカ対策の公開研修会

昨日アップしようとして寝ちゃった f(^τ^)

幸楽でご飯を食べた後は、近くの日光市女性サポートセンターへ。

以前告知した、ガイド連絡会主催の一般公開型の研修会、
「シカ対策の現状と命を伝えるクラフト教室」
の実施日だったのさ。

前半の講師は

栃木県林業センターの丸山哲也さん。

スライドを用いて、主に奥日光を中心としてのシカ対策についてのお話。

この地域では、平成6年には対策を打ち出し開始していたけれど、当時は先進的過ぎて、自然保護団体から反対の声が上がっていた、なんて事例も紹介された。

確かにオイラが古巣にいた時も、駆除の情報をWEB上にあげようとしたら、「関係各所からクレーム電話が沢山来るからやめてくれ」なんて言われたっけ。

『クレームが来ようが、実施するのが事実で、駆除が必要であるなら、一般利用者に不便のないように事前に広報を行い、同時に理解してもらうべきだ!』って論陣張って押し切ったけど、担当の人は大変だったのかなぁ?

よもや新聞で取り上げられるほどに波紋を呼んだ先進事例だったとは…

それから試行錯誤を重ねて、現在、奥日光で行われているシカの対策は、奥日光だからできるやり方ってものもあるみたい。
同じやり方を他のエリアで実施しても効果が出なかったり、条件をクリアできなかったりなんだってさ。

ただ、駆除だけで廃棄していくのは・・・


ということで、後半の講師は
日光MOMIJIKAの須藤幸喜さん。

これまでにも、モミジカフェスティバルの記事で紹介をしたことがあるけれど、現在、日光のシカを利活用するべく動いている団体の代表。

その利用例として、日光のシカ革を使用したクラフトを体験してみることに。

2班に分かれて、一方はコインケース。

オイラはシカ革ストラップ。

うむ。なかなか上手く出来たのではないかな? v(^^)

今回はガイド連絡会外の参加者が8名?、参加可能数の半分くらいが外部の方。

またこんな機会が作れたら良いなぁ。

でも、連絡会では今もう少し大きな話を進めているので、どうだろ?
こちらも形が見えたら、またご紹介します。

さて、明日は今度は定例会だ。

そうそう!
天気予報が当たって? 奥日光は雪。
これからは雪のシーズンなので、雪が降るたびの雪ネタは投稿しないかも。

ライブカメラなどを上手に活用してね。
(湯元温泉入り口のカメラは壊れているけれど…)


日光自然ガイド連絡会

栃木県 林業センター

日光MOMIJIKA

ライブカメラリンク

さぁ、雪だっ!

お仕事用事を頼まれて、車を動かそうと思ったら


(暗くてピント合わん・・・)

湯元は既に3㎝程。

吹雪の中、さっそく除雪が始まっていました。

戦場ヶ原

中禅寺も雪。

日中に降りたスタッフの話では、湯元よりもいろは坂の方が、より雪が降っていたとか。

肝心のいろは坂は、湿り雪が積もっていて、なかなかにスリッピー。

馬返しより下は路面に雪がなかったけれど、旧日光の市街地では雪が降っていたから、明日の朝は積もるかも?

スキー場びらきは12/22の予定だから、そろそろ積もり始めてもらわないと。。。

 

明日明後日はとりあえず天気回復で、週明けからまた雪マークが出ているし、気温も寒いみたいなので、そのつもりでね。

そういやぁ、明日は今市のニコニコ本陣で

鍋まつりがあるんだって?

こんな寒い日には、鍋もいいねぇ♪


日光湯元スキー場

ニコニコ本陣 鍋まつり

奥日光スノーシュー一大イベント開催!

毎年恒例、奥日光でのスノーシューを使用した一大イベント、【雪上探検ツアー】、この冬も実施します!


今年は例年と若干コースが変わったので、その全貌をご紹介!

1.湯ノ湖畔散策コース 〈約2km〉9:30~12:00 1班:15名程度
初心者やお子様連れ向けのコース。自然観察やゲームを楽しみながら湖畔の森を歩きます。
スタート地点のレストハウス横、白根沢や付近の園地を使うので、チビッコでも安心のお試し版。

2.蓼ノ湖コース (青)〈約2.5km〉9:30~12:30 2班:15名
傾斜、雪質、登降と様々な条件を意識的に歩く、スノーシューに馴れて来た人のステップアップ向きです。

目的地の蓼ノ湖を往復する半日の短いコースですが、最もアクティブなのはこのコース?

3.石楠花平コース(緑)〈約3.5km〉9:30~13:30  3班:40名

全体的に眺めがよく、好天時は湯ノ湖や戦場ヶ原を見渡せます。一部急坂の登り降りがあります。

オーソドックスなスノーシューの楽しみを体験するなら、このコース。

4.金精の森コース(赤)約4km〉9:30~14:30 2班:30名

なだらかな傾斜の明るい森でゆっくりとした自然観察に向き、最奥からは日光連山が見渡せます。

お昼を挟んで歩くため余裕があり、冬の森の楽しみ方を知るにはこのコースがお奨め。

==================

今回の大きな変更点は、

A.青コースが小峠から蓼ノ湖の往復になった。

この辺の理由はまた後日説明するとして・・・
蓼ノ湖の往復と距離が短いのに、なんと募集数は15名と少なく、しかも班は2つに分かれる。
つまり1班あたりが少数。
上のコース説明にもあるけれど、ここはスノーシューの練習(または特訓)向けに設定しなおしたコース。

そろそろスノーシューに馴れて来たんだけれど、どうも条件が変わるとうまく歩けないんだよなぁ…なんて人向き。

========

B.金精の森が半日→1日コースに変更

小峠コースが無くなった代わりに、金精の森を一日に戻したのだけれど(昔は一日だったのさ)、これによってノンビリとした森の散策が出来るように。
ゆっくりノンビリ楽しみたいなら、ここが良い。

=============

参加費は、湯元温泉宿泊の方:1,000円 日帰りの方:2,000円
※大人、子供同額 ※傷害保険料含む

イベント本番は、2018年2月25日(日)

今回のガイド役は、日光自然博物館、日光湯元ビジターセンター、湯元のガイド(オイラ&アイツ)の予定。

本日12月7日からの申込み受付開始!

例年より募集数が少な目なので、御申込みは急いで急いで!


第17回雪上探検ツアー 申し込みフォーム


それ以外の日程でのガイドは、オイラを含め地域ガイドにご用命くださ~い。

オイラは主にスノーシュー(時にクロカンスキー)。

ガイド連絡会所属のガイドたちも、それぞれ企画します。
お好みの人や会社を選んでね。

 

来年は戌年

もともとは別の目的があって出かけたんだけれど、

の目的は、こちら。

毎年恒例、日光自然博物館の年末年始の企画展。
来年は戌年ということで、

【干支展 「イヌ」に関するエトセトラ】

入り口はとっつきやすい、物語の中の「イヌ」たち。

おい、手前はぶんぶく茶釜で奥は九尾のイラストだから、タヌキとキツネで、イヌじゃないじゃないか!!

そのあたりは、受付カウンターの上のアナグマちゃんのコメントにありました(笑)

2階にあがると、そこでは被り物で写真を撮ろうのコーナー。
動物になりきって、新春らしい奥日光の風景をバックに撮影して、年賀状にしてみる?

ただ、写真を撮るなら…

1階奥のコーナー。
奥日光に生息するさまざまな動物たちのはく製が並んでいて、実際のキツネやタヌキの大きさのイメージがなっている。

そのコーナーに、土日祝日に行くと・・・

なんと、毛皮や骨に触れてしまう!
写真手前←はタヌキ、→はアナグマ。

そして、なんと奥には…

オオカミの毛皮まで!
タヌキやアナグマはオイラの手持ちにもあるけれど、オオカミは無い。
オオカミの毛に触る機会は滅多とあるものじゃない!

いやぁ、柔らかくてフワフワで気持ちいいの♪

どうせなら、このオオカミの毛皮と一緒の写真を年賀状に?

今回の企画展、目玉はこの触れる展示&2階の被り物&入り口のクイズシートだそうな。

1枚目の左側にもクイズシートって映ってるでしょ?
見事正解すれば、オリジナルクリアファイルが貰えるのだそうな。


で、オイラはこのイヌ展を見に行こうとして、危うくいろは坂女子駅伝の規制に引っかかるところだったんだ。

だってさ・・・

本物が出てきたんだもの~!

うん、確かにイヌだな(笑)

オイラの戌年の年賀状は、キツネで決まりかな?

こんな野生動物にバッタリ遭遇するなんてのは、奥日光の魅力の一つだよねぇ♪


日光自然博物館

いろは坂女子駅伝

っぽい写真が撮れないかなぁ?
と思ったけれど、いろは坂では厳しいので、奥日光っぽい写真で。

最後の写真が、一番【っぽい】かな?

今日の中禅寺は風が冷たくて強かった。
ランナーの女子大生たちも、きっと大変だっただろう。

…やっぱり、継続させるなら、もっと盛り上げて応援あるようにしないとなぁ。

今日の様子は、BS日テレ 12/10 16:30から放映予定。


もともとは別の目的があって出かけたんだけれど、それは次回の更新に。(←ネタが溜まるフラグ)

第4回日光いろは坂女子駅伝とその規制

昨日の投稿でもチラリと書いたいろは坂女子駅伝、改めて記事化。

まずは道路規制情報

通行止めやら、通行規制やら。
いろは坂は下りいろは坂が通行止め対象なんだけれど、細尾大谷橋~馬返し、中禅寺の出口も通行止めになるので、実質上りいろは坂も通行止めと変わらない。

で、路線バスもそこを走るので、当然のことながら臨時ダイヤ。

状況がなんとなく読めていても解りづらいので、例によって勝手に時刻表に落とし込む。

赤が運休で、黄色は運行時刻変更。

時刻表のPDFはこちら。


こんな資料を作りながら、ロビーでお客様と立ち話。

「こんな物も作ってるんですか?」

通知文は判りづらいので・・・

「奥日光のお宿は全部影響を受けるんでしょうし。」

いろは坂を通らないわけには行きませんから。
意外とこんな地味~な仕事もしてるんです(笑)

「確かにねぇ。でも大変よね。皆がそれぞれで作るのはとても大変でしょうし、かと言って、地域の中で誰かがやらないとならないのでしょうから。」

自分が関係している所にしかお渡しできませんけれどね(苦笑)

判る人には判るんだよ ( ̄τ ̄

ラストスパート?

連絡会研修会の後には、市街地の紅葉の確認に。

朝方に強かった風は午後にはある程度穏やかになり、

ノンビリと街中散策。
歴史館の前がいい感じだなぁ。

田母沢御用邸の庭を外から眺めると、こちらも良いので、きっと中に入れば・・・

御用邸の横の公園は浄光寺の裏手。
そこの駐車場も鮮やかな紅葉。

金谷ホテルの前も素晴らしい。

国道から眺めた日光行政センターは、なんだかお城見たい。

日差しが悪くて撮らなかったけれど、観音寺の前の紅葉も綺麗だったなぁ。

でも、朝の風で飛んでいたのもあるから、この週末ぐらいがラストスパートかなぁ?

この週末にラストスパートと言えば。

第二回となる日光マウンテンランニングの実施日。
きっと参加者の人たちもこんな紅葉を眺めながらスタート&ゴールかな?

12日は太平洋側は天気が回復する予定みたいだから、楽しみながら走ってくれれば良いなぁ。

ただ、12日の朝7時から10分間、神橋~稲荷川橋付近が通行止めになるそう。


日光マウンテンランニング

日光自然ガイド連絡会研修会

今日は日光自然ガイド連絡会の研修会。

今回の会場は日光植物園、講師は舘野正樹先生。

根株の話に始まり、

風に対する樹木の耐性、森の更新に植物の分布、

紅葉の科学的な仕組みetc.

サラっと言われる、
「カロチノイド、あれ嘘です。」
「ブナの極相、あれデマです。」

今まで色々な場で調べて、喋ってしていた常識と思っていたものが覆されるっ( ̄□ ̄;;;)

その他にも、生物進化の側面などから加えられる解説はとても面白く勉強になった。


ガイド連絡会では、これまでも時折こんな研修会をしてきたんだよね

5月の研修会では尾瀬へ。

以前にもガイドの組織化の研修会を行ったけれど、その前例を学びに。
この時の講師は、NPO法人片品・山と森の学校の安類智仁氏。

ガイドも日々、研鑽を重ねねば!


ちなみに次回の研修会は、なんと外部開放!

タイトルは「シカ対策の現状と命を伝えるクラフト教室」
講師は栃木林業センターの丸山哲也氏。
更に、先日のMOMIJIKAフェスティバルで活躍をした、日光MOMIJIKAによるシカ革クラフトも実施。

ガイド連絡会の研修会なので、中身は濃い~ものになるはず。
外部開放なので、一般の方の御申込みも受付てま~す。

ここの申し込みは、ガイド連絡会会員の三本松茶屋が受け持つことになっているので、そちらのフォームへ。


日光自然ガイド連絡会

日光植物園

片品・山と森の学校

三本松茶屋

吹き散らされた…


昨日の湯元は朝から案の定。
雪と紅葉のコラボ。

朝方にはこんな状態だった金精道路の入口あたりも、昼前には雪が融け、ノーマル走行に問題ない状態に。

さて、ちょっと様子を見に行くか。

しっかし、冷えたねぇ。

湯元もカラマツが残るだけ。
寒さを感じさせる景色になってきた。

そのカラマツも雨風雪に打たれて、これはこれで綺麗か♪
男体山にも雪化粧。

戦場ヶ原には黄色の川が出現し、個人的に第二の黄葉見頃タイミング。

しかし、台風2発は厳しかったなぁ。
いろは坂は剣ヶ峰から見える景色さえも、既に終盤。

霧降滝もちょっと葉っぱが減ったなぁ。
発色はしたけれど、


この前の写真の方が綺麗な気がする。

そろそろ紅葉は市街地か。

浄光寺はちょっと早い。

カンマンヶ淵は水量も多くて、そろそろ?

ただ、平日でこれ。
今度の連休はまた凄い混みそうだ。

そんなわけで。
11月3~5日の連休、11(土)、12(日)には、臨時駐車場が設置されます。
今年は、臨時無料駐車場が増えたみたい。

今のところは天気予報もまずまず。
夜にはライトアップも実施されるし、ホント混みそう。

あまりイライラしないで、のんびりと紅葉をお楽しみくださいな。


ライトアップ日光

「逍遥園・大猷院」×「光」×「音」の幻想絵巻

Momijika Festival 2017

さてさて、ジビエファンの皆さまお待たせしました!

先日の記事にチラリと書いた
鹿肉をタダで食べられるイベント、気になっていたでしょう?

イベント名は

Momijika Festival 2017

ね?チラシに鹿肉ソーセージの試食ってあるでしょう?
しかも、この鹿肉ソーセージ、ちょっと特殊らしいのよ。

試食できるのは2種類。
一般的に販売されている鹿肉ソーセージは、豚の脂を入れているらしいんだけれど、まずはそれが一つ。
もう一つは、豚の脂ではなくて鹿の脂を入れているのだそうな。
後者は他所では食べられないのではないかな?

惜しいな、これで腸も鹿だったら、100%鹿だったのにw

どのくらい違うのか食べ比べしたいけれど、行けない・・・

 

ちなみに、このモミジカフェスティバルは去年に引き続き2度目の開催。

鹿肉の試食以外にも(写真は去年のイベント写真)

シカ革を使った鞄などの製品販売や、

メンバーが作成したシカを使ったグッズの展示

シカ角や革を使ったクラフト教室なんかも。

大人向けのシカに関する講演に

川俣の伝統的な鹿狩りの映像の上映会など。
この映像、見たいんだけれどなぁ。 行けないんだよなぁ。。。

これだけシカにこだわったイベントってのも珍しいと思うのだけれど、実はこのイベント更にこだわりが。

【日光産のシカ】にこだわっているんだってさ。

==========

考えてみれば、そぞろのblog上では、日光・奥日光のシカの問題ってあんまり取り上げてないなぁ。

学校レクチャー中には100%、大人ガイド中にもほぼ100%に近い確率で話をしているのだけれど。

学校レクチャーの時だと、森の循環の破壊者として紹介をして、その後にその認識が正しいかを子供達に振り直す。

大人ガイドなら同様に話を振った後に、更にもう一押し。
だからこそ、シカを駆除しなければならない事。
そして、今のシカの駆除は歪であると感じる事。
歪であると感じる理由は、一つには命の終わり方として。
一つには経済の循環として。

 

・・・やっぱ字面にすると重いなぁ(苦笑)
字面でガイド中の様に伝えるには、まだ精進が足りません m(_ _)m
オイラなんざ喋るくらいしか能が無いってのに orz

==========

ちょっと話が横道にそれて来たので、仕切り直し。


何はともあれ、イベントを楽しんでみて。
まずはそれからさ。

お子様用(大人も可)にはビームライフル射撃体験もあるって。
それと、鹿肉ソーセージは各日250名様限定。
鹿肉ソーセージだけはエゾシカ肉だそうな。

で、さっきから時折ある「オイラ行けない」は・・・

イベントの会場と日程が、ニコニコ本陣で11/3~11/5と連休中なんだよ。 ( ̄~ ̄ )

オイラ行けないので、代わりに見て来て感想教えて(笑)

イベントの詳細はこちら


Momijika Festival 2017 (FBイベントページ)

道の駅日光 ニコニコ本陣