「西ノ湖方面」カテゴリーアーカイブ

徳光&木佐の知りたいニッポン!

ロケ終了~!!

台風接近中だった8/14~15の両日、ロケに行っていました。
が、きっと番組上は『雨?ナニそれ?』的な構成になっている事でしょうw
 
そのくらい奇跡的なタイミングでの撮影だったのだけれど、きっと番組上では一切伝わらない(笑)
 
思えば、以前のロケも奇跡的なタイミングだったよな。
まぁ、持っているのは女優さんだったりレポーターさんだったり、ロケ隊だったりだろう。
 
ほら、オイラ日頃の行いは・・・・色々と黒いし?


しかし、まさかなぁ。。。

自分が”政府広報番組”なんていう御大層なものに出演する日が来ようとは・・・

出演予定になったのは、

政府広報テレビ定時番組
番 組 名:徳光&木佐の知りたいニッポン!
出 演 者:メインキャスター 徳光和夫
     アシスタント 木佐彩子
放  送:BS-TBS 毎週日曜日 昼12:30~13:00
 
放 送 日 9月8日(日)12:30~13:00
(再放送:9月15日(日)12:30~13:00)

テーマが『国立公園の「ナショナルパーク」としてのブランド化』だったので、現在オイラが思っている魅力やブランド化の為の問題点だけではなく、満喫プロジェクトの中の日光国立公園の目標でもある「訪日外国人向け」の事も喋ったけれど、どう編集されていくやら。
プロのお手並みを楽しみに待つとしましょう。


政府広報番組 徳光&木佐の知りたいニッポン!!

今回のお姫様(職場スタッフ表現)
伊藤京子さん
 
なんでも初めて日光にお越しになったのだとか。
是非またプライベートで来てくれたら嬉しいなぁ。(←邪な意図はナイゾ!)

奥日光のクマ目撃情報

あら?
なんか変態熊の記事のアクセスが増えてる?

実はオイラもこの前ツキノワグマを見たばかり。

ちょうどツアーを終えて、低公害バスで赤沼に帰ろうとしているその車中から。

チラリと視線がくるものの、地べたを見ながらウロウロ。
餌になるものでも探していたかな?

で、このクマを撮影してからバスが出発。
5分と行かないうちに、「あ、またクマだ。今度は上ってる。」
 
弓張峠の斜面を登る姿がそこに。
 
さすがに、この日のクマ関係はこれで終わりだろうと思っていたら、
「世界遺産辺りで出たらしいよ。」
 
最近テレビでニュースになっていた、東照宮の御旅所で出たのがこの日。

テレ朝ニュース 怖い…日光にほぼ毎日「クマ」 東照宮近くにも出没[2019/07/09 19:30]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000159082.html

奥日光はまだしも、さすがに街中、世界遺産エリアはなぁ。。。


よく、「クマにあったらどうしたら良い?」って聞かれるんだけれど、オイラも一般的に言われる事しか言えない。

・クマを刺激しない(叫ばない、攻撃しない)
・背中を見せて逃げない
・走っても逃げ切れない
・木登りや死んだふりが有効とは考えづらい
・だから、視線を外さずに、ゆっくり後ずさって、距離を開けましょう。

どっちかっていうと、クマに合わない工夫が大事。
じゃぁ、「クマ鈴つければ良いの?」
 
・・・クマ鈴鳴らしていてクマと遭遇したことあるんだよね。
オイラ自身も、オイラの周りの人たちも。

なので、もっと良いと思うのは、クマの目撃が多い場所に近寄らない・滞在しない、だと思ってる。

すると、次の問題は、
「その情報ってどこで確認できるの?」

日光湯元ビジターセンター クマ情報
奥日光(イロハ坂の上)のクマの目撃情報が状況と共に、地図上に表示されるようになってる。
今から18年前にこのページの原型を作ってさ。
当時は作らないでくれ、情報を公開しないでくれとか言われたものだけど、押し通して良かったと、今改めて思うね。

中禅寺湖漁協
情報は限定的だけれど、中禅寺湖周辺での目撃情報がアップされる事がある。

下野新聞 クマの目撃情報
出現地点は地名で書かれているから、知らないとわかりづらいかも。
でも、奥日光じゃない目撃情報も記載されている。

日光市防災メール
実は、以前からここに情報があることは知っていたんだけれど、登録してなくてさ。
地元の人とお話していたら、「なんか最近クマ情報が凄いの」

こんな感じで、自分が欲しいと思う情報と、この画面の下で地域を選べるようになってる。
どのくらいの精度で情報がくるかなぁ?

・・・と、ここまで書いてなんだけれど、地域的には情報をまとめられると良いと思うんだよねぇ。

爽やかに秋空

やっぱり水量増えたなぁ。
8/3に行った時と同じ場所で撮ろうと思っていたのだけれど、水の下だった(苦笑)

撮影日が8/17だから、前回からちょうど2週間。
西ノ湖はこんな具合に変わるのさ。

この日は、北海道で初雪が記録された日で、北海道並みな気候の奥日光も随分と肌寒くて、ウィンドブレーカーを着て歩く事に。

道中で甘い香りの糞を見つけたんだけれど・・・
糞の落とし主もさることながら。

この種なんだ??
サイズ感はカリカリ小梅の種くらいで、幾つも入っていた。
幾つも入っているって事は、成っている木の実の可能性が高くて・・・

???

奥日光に生えているもので??
見当が付かんぞ???

その後は千手へ。

マルバダケブキはまだ健在。
シロヨメナは…開花4割くらいかなぁ?

この後、まだ行きたい場所があったので、バスに急いだら千手ヶ浜の写真を撮り忘れるという。


向かった先では、カリガネソウが見頃に。

そして、その反対側には

エビガライチゴが美味しそう♪

さて、最後の2枚はどこで撮影したでしょう?

ここ10日くらいの間で赤沼まで来ている人は、どちらも見ているはずなのだけれど。

わっかるかなぁ?

もはや天国♪

いやぁ、今年は本当に暑い。


まさか奥日光の気温が30℃を超えるなんて日が来ようとは・・・


そんな暑い日は、水辺だよねぇ♪
相変わらず美しいカクレ滝の滝壺の色。

でも、この日一番時間を使ったのは・・・

こんな場所だったりする。
こんな清らかな水の流れに足を浸し、川面をそよ吹く風に身を任せながら、漂う柳絮を眺める。

時折体に当る木漏れ日が、仄かに暖かく感じられる。

もはや天国。

なんと272㎜の降水をもたらしたという台風12号の影響で、水量微増。

最初の渡渉から川を渡らなければならなかったけれど、

その冷たい流れさえも心地よい。

やっぱり暑い夏は水辺だよねぇ。
と、言いつつも次にイベントとして予定しているのは、9/2だったりするのだけれど(笑)

しかしなぁ・・・

前から書いている通り、オイラはマーカー反対派なんだけれど、どうしてもつけるって言うなら、ちゃんと管理してくれ。
管理をし忘れることも考慮して、木綿の布にしてくれ。

以前、地権者の方に聞いたら、
「あぁ、そんなのはうちのじゃないから、ドンドン外して捨ててください。」と言われてるから、そうしちゃうよ?


さっき、台風12号は272mmって書いたけれど、その前の降水が少なかったせいか、

西ノ湖も若干大きくなったくらい。
伏流してる可能性も無いではないけれど、多分もう増加は止まったんじゃないかな?

ここから木漏れ日の森を歩いて千手が浜へ。

道中では

シロヨメナと、

マルバダケブキが咲き始め。
マルバダケブキはお盆には見頃で、シロヨメナはお盆の後かな?

そして、千手の浜辺では、吸水するミヤマカラスアゲハを確認と。

行ったのは金曜日だったので、今回は低公害バスで赤沼に帰る、と。



あぁ、やっぱり夏は水辺が良いと、つくづく思うよ。

三度!にっぽんトレッキング100出演。

情報間際になっちゃった(汗)

先日のロケ、放映日が正式にアップされてました。

7/11 21時~22時 NHK-BS です。
「ご利益あり!恋と試練の山~筑波山&奥日光~」

え?オイラの担当?
そりゃぁ、試練の方でしょうww

予告のプチ動画もアップされているので、放映当日まではそちらと先日のレポートでも見ながら、待っていてください。

当然のことながら待つのは、オイラの出番じゃなくて、ドローンの空撮の方ね!
予告編でも、赤岩滝で飛ばしたドローン映像がチョビッと出てるでしょ?

この映像はレアだと思うな♪
(赤岩滝でドローンを飛ばして欲しくて、コースを誘導してみたとか、そんなことは・・・多分無いw)

これで、秋編、冬編に続いて3度目の出演となりましたとさ。
そして、3回とも黒川芽以さんがご一緒。
不思議なご縁ですねぇ。

が、さすがにもうテレビロケの申し込みも無いだろう(笑)

 

え?
浅田舞さんとの生中継?
あれは、【にっぽんトレッキング Best20!】なので、今回はノーカウント(笑)


NHK-BS にっぽんトレッキング100

黒川芽以さんTwitter

赤岩滝・男体山・男体山(ロケ時レポ)

にっぽんトレッキング100奥日光編放送決定!(冬編)

奥日光の紅葉_16年10月21~22日(秋編)

にっぽんトレッキングBest20!

すっ飛ばした赤岩滝

男体山に続いて、同じくすっ飛ばした赤岩滝。

低公害バスの車窓から、小田代もカラマツの色が濃くなってきたな。

この日は千手ヶ浜からのミツバツツジが綺麗だったのになぁ。

浜辺を舞っていたミヤマカラスアゲハは安定の美しさなんだけれど、ねぇ?

そう、実は今回、千手ヶ浜スタートで赤岩滝を目指したのさ。

なので、芽吹き始めた千手のミズナラ林を抜けて、

並々と水をたたえた西ノ湖を経由し、

美しいカラマツの並木を抜けて、ようやくスタート。
やっぱり最低でも移動に1時間はかかるよなぁ。

・・・この一様な緑、向こうの山はカラマツ?
あんな上まで植林してあるの??

そうか、ミツバツツジも結構綺麗なのか。
この季節は赤岩滝来ないもんなぁ。

だって、水が冷たいもの。

なので、渡渉はそのまま靴でGo!

結局、水に入ってみるわけなのだけれど(笑)

さてと、そろそろ2度目の渡渉、飛越だね。

・・・あれ??
オイラの記憶違い??

でも、他の場所にそんなの無いし?

やっぱり、ここに岩があったはず。

と思って改めて周辺を見渡すと・・・

どうやら、春先にド派手に荒れたっぽい。
この上流は土の崖とか、砂利の溜まった斜面とかあったはずだから、その辺から来たのか?

さぁて、どうすっかなぁ?

なんて考えながらの、今季初の赤岩滝。

お昼までは靴で行ったんだけれど、やっぱり入った方が楽チンだ。
え?滑床? あそこは裸足。
でも、夏よりも滑る気がするなぁ・・・

って事で帰り道は。

だから、草履は止めいっちゅうにw

本日は久々の

今日は久々ガイドの日!

朝は雨だったんだけれど、少ししたら回復しそうだったので、ちょっと待ってみた。

その結果・・・

素晴らしい青空♪

って事で記事を書こうと思ったんだけれど、なんやかんやで日付が変わる。

そして明日もガイドなので、さらっと良さげな写真を上げてオシマシ。

千手の森でのカリガネソウ、マルバダケブキ、アケボノソウ。

小田代のソバナ

湯川沿いのザリコミの実と、奥にザトウムシ。

うまく撮れたのになぁ。。。

調べるとキオビクロスズメとして画像が出て来るけれど、オイラが知っているキオビクロスズメとはカラーリングパターンが違う。。。

だというのに顔が見えない。

 

本日の小滝の橋の上。
西岸から大きな枯れ木が倒れて来て、橋を直撃。
通行は可能だけれど、手すりが破損して無くなったので、落っこちないようにね。

雨が続いて・・・

台風の後も雨続きの奥日光。
週末に控えたガイドの下見にようやく出られた。

その前に、いつぞやのひび割れがどうなったかと、中禅寺湖北岸へ。

ひび割れ箇所に向かおうと思ったら、あれ??

こんな岩あったかいな?
っていうか、こんな具合に歩道が抉れ込んでいたら、気づくよなぁ。
自分一人ならまだしも、あの時はガイド中だったのだから。

そう思って周りを改めて見直すと。

アチコチの手すりが激しく破損してる?

最初と2枚目は落石。
その次は朽木がへし折れて、最後は倒木が落ちて来たみたい。

なかなかの範囲だったので、ちょっと気になって落石のメインの上を見に行っては見たんだけれど、とりあえず残弾は無さそうなん感じ。

ただ、この白線の様に転がって来たっぽいのだけれど、ここから上はオイラも未確認。
もしかしたら、この上にはあるのかも。

中禅寺湖の畔は下層植生が壊滅的なんで、雨が続くとちょっと怖いんだよねぇ。

で、最初の写真も抉れた穴に石が詰まっているんだけれど、この石は荷重のかけ方によって、突然動くからあまり乗らない方が良いと思うな。


さて、本題の下見と。

雨が続いたおかげで、西ノ湖の水位は増大で満水状態。
ようやく見応えがあるものになったな。

狙いのマルバダケブキは見事な花畑。

満開のマルバダケブキの上を、ひらりひらりと舞う蝶たち。

その中でもひときわ目を引くのは、ミヤマカラスアゲハ。

こんなに見事なお花畑にも関わらず、蝶や虫、野鳥以外には訪れる人もいない。

なんとももったいない。

もったいないから是非お見せしたいのだけれど、これだけじゃちょっと物足りないのもまた事実。
さぁて、週末のガイドはどうすっかなぁ?


しかしなぁ、この美しい花畑と、最初の中禅寺湖畔の貧相な林床を作り出している原因が同じっていうのは、なんとも皮肉なものだ。

クマハギダラケ

昨日今日明日と、おかげさまで貸切ガイド連発。
昨日はカクレ滝⇒小田代、今日は小田代、明日は高山入口から中禅寺湖へ。

そんな予定でおりましたとさ。

そして今日。

あらま、御立派。

見事なクマハギが、小田代原バス停から100mもいかない所に。
昨日の夕方に来た時には無かったから、昨日の夕方から朝にかけての間に来ていたらしい。

これから早朝の小田代へ写真を撮りに行く人が増える時期だけれど、クマと遭遇しなければ良いなぁ。

実はさ。
今日、小田代を一周したんだけれど、ざっと見柵内に5か所の痕跡があってさ。

小田代の北西方向。

小田代の東側に2つ。

 

これもクマの痕。
・・・アヤメを見に来た時に、こんなのあったかなぁ?

いずれもここ2週間にも満たない間のものだと思う。

戦場ヶ原の柵と、小田代の柵と二重の柵に囲まれた場所だけれど、小田代の柵はクマが潜り抜けられるし、戦場ヶ原の柵はクマが乗り越えられる事を前提に作られているので、いないわけじゃないんだな。

実際、戦場ヶ原の柵の内側にある高山入口付近では、こちらも真新しいクマハギがゾロゾロ。

目撃情報が多発している西ノ湖方面は言うに及ばず。


(このクマハギ、ちょっと面白いなぁ。)

前から言っているけれど、奥日光はその全域がツキノワグマの生息域。

『柵の中だから大丈夫!』
『人が沢山いるから大丈夫!』

これは思い込み。

『鈴を鳴らしているから大丈夫!』

これも経験上、個人的には思い込みっぽい。

人とクマが近い以上、これ以上クマが寄り付かないような努力をしないとならないのは・・・

棲家にお邪魔をしている人の方だよね。


クマが出た出た~♪

ゴミと人と…と

日光湯元ビジターセンター クマ情報

 

台風抜けて赤岩滝

台風の直撃予想は大きく外れ、奥日光は一気に夏模様。

週末に控えた赤岩滝ガイドの下見に・・・

出かけたのに、なんと一眼レフが電池切れ。。。
前夜に3メモリ間違いなくあったのに、なぜだ???

そんな次第で、今回はスマホ撮り。

大して雨が降らなかったから、もしかしたら靴を脱がなくても赤岩滝にたどり着けるんじゃないか?

とか思っていたんだけれど、

最初の渡渉で既にダメだった。
スニーカーでも問題無かったのは、第二の飛越くらい。

いやぁ、涼やか涼やか♪

というわけで、赤岩滝に到達っと。

来週にも1本ツアーが入っているし、この夏は何回赤岩滝に来ることになるかなぁ?


 

オマケ2つ。

西ノ湖はまだ水が少ないけれど、左側の岸壁の下まで湖が広がっていたから、去年よりは多いかな。

河原でどこからか視線を感じると思ったら・・・

犬がこっちを見ていたw