「西ノ湖方面」カテゴリーアーカイブ

すっ飛ばした赤岩滝

男体山に続いて、同じくすっ飛ばした赤岩滝。

低公害バスの車窓から、小田代もカラマツの色が濃くなってきたな。

この日は千手ヶ浜からのミツバツツジが綺麗だったのになぁ。

浜辺を舞っていたミヤマカラスアゲハは安定の美しさなんだけれど、ねぇ?

そう、実は今回、千手ヶ浜スタートで赤岩滝を目指したのさ。

なので、芽吹き始めた千手のミズナラ林を抜けて、

並々と水をたたえた西ノ湖を経由し、

美しいカラマツの並木を抜けて、ようやくスタート。
やっぱり最低でも移動に1時間はかかるよなぁ。

・・・この一様な緑、向こうの山はカラマツ?
あんな上まで植林してあるの??

そうか、ミツバツツジも結構綺麗なのか。
この季節は赤岩滝来ないもんなぁ。

だって、水が冷たいもの。

なので、渡渉はそのまま靴でGo!

結局、水に入ってみるわけなのだけれど(笑)

さてと、そろそろ2度目の渡渉、飛越だね。

・・・あれ??
オイラの記憶違い??

でも、他の場所にそんなの無いし?

やっぱり、ここに岩があったはず。

と思って改めて周辺を見渡すと・・・

どうやら、春先にド派手に荒れたっぽい。
この上流は土の崖とか、砂利の溜まった斜面とかあったはずだから、その辺から来たのか?

さぁて、どうすっかなぁ?

なんて考えながらの、今季初の赤岩滝。

お昼までは靴で行ったんだけれど、やっぱり入った方が楽チンだ。
え?滑床? あそこは裸足。
でも、夏よりも滑る気がするなぁ・・・

って事で帰り道は。

だから、草履は止めいっちゅうにw

本日は久々の

今日は久々ガイドの日!

朝は雨だったんだけれど、少ししたら回復しそうだったので、ちょっと待ってみた。

その結果・・・

素晴らしい青空♪

って事で記事を書こうと思ったんだけれど、なんやかんやで日付が変わる。

そして明日もガイドなので、さらっと良さげな写真を上げてオシマシ。

千手の森でのカリガネソウ、マルバダケブキ、アケボノソウ。

小田代のソバナ

湯川沿いのザリコミの実と、奥にザトウムシ。

うまく撮れたのになぁ。。。

調べるとキオビクロスズメとして画像が出て来るけれど、オイラが知っているキオビクロスズメとはカラーリングパターンが違う。。。

だというのに顔が見えない。

 

本日の小滝の橋の上。
西岸から大きな枯れ木が倒れて来て、橋を直撃。
通行は可能だけれど、手すりが破損して無くなったので、落っこちないようにね。

雨が続いて・・・

台風の後も雨続きの奥日光。
週末に控えたガイドの下見にようやく出られた。

その前に、いつぞやのひび割れがどうなったかと、中禅寺湖北岸へ。

ひび割れ箇所に向かおうと思ったら、あれ??

こんな岩あったかいな?
っていうか、こんな具合に歩道が抉れ込んでいたら、気づくよなぁ。
自分一人ならまだしも、あの時はガイド中だったのだから。

そう思って周りを改めて見直すと。

アチコチの手すりが激しく破損してる?

最初と2枚目は落石。
その次は朽木がへし折れて、最後は倒木が落ちて来たみたい。

なかなかの範囲だったので、ちょっと気になって落石のメインの上を見に行っては見たんだけれど、とりあえず残弾は無さそうなん感じ。

ただ、この白線の様に転がって来たっぽいのだけれど、ここから上はオイラも未確認。
もしかしたら、この上にはあるのかも。

中禅寺湖の畔は下層植生が壊滅的なんで、雨が続くとちょっと怖いんだよねぇ。

で、最初の写真も抉れた穴に石が詰まっているんだけれど、この石は荷重のかけ方によって、突然動くからあまり乗らない方が良いと思うな。


さて、本題の下見と。

雨が続いたおかげで、西ノ湖の水位は増大で満水状態。
ようやく見応えがあるものになったな。

狙いのマルバダケブキは見事な花畑。

満開のマルバダケブキの上を、ひらりひらりと舞う蝶たち。

その中でもひときわ目を引くのは、ミヤマカラスアゲハ。

こんなに見事なお花畑にも関わらず、蝶や虫、野鳥以外には訪れる人もいない。

なんとももったいない。

もったいないから是非お見せしたいのだけれど、これだけじゃちょっと物足りないのもまた事実。
さぁて、週末のガイドはどうすっかなぁ?


しかしなぁ、この美しい花畑と、最初の中禅寺湖畔の貧相な林床を作り出している原因が同じっていうのは、なんとも皮肉なものだ。

クマハギダラケ

昨日今日明日と、おかげさまで貸切ガイド連発。
昨日はカクレ滝⇒小田代、今日は小田代、明日は高山入口から中禅寺湖へ。

そんな予定でおりましたとさ。

そして今日。

あらま、御立派。

見事なクマハギが、小田代原バス停から100mもいかない所に。
昨日の夕方に来た時には無かったから、昨日の夕方から朝にかけての間に来ていたらしい。

これから早朝の小田代へ写真を撮りに行く人が増える時期だけれど、クマと遭遇しなければ良いなぁ。

実はさ。
今日、小田代を一周したんだけれど、ざっと見柵内に5か所の痕跡があってさ。

小田代の北西方向。

小田代の東側に2つ。

 

これもクマの痕。
・・・アヤメを見に来た時に、こんなのあったかなぁ?

いずれもここ2週間にも満たない間のものだと思う。

戦場ヶ原の柵と、小田代の柵と二重の柵に囲まれた場所だけれど、小田代の柵はクマが潜り抜けられるし、戦場ヶ原の柵はクマが乗り越えられる事を前提に作られているので、いないわけじゃないんだな。

実際、戦場ヶ原の柵の内側にある高山入口付近では、こちらも真新しいクマハギがゾロゾロ。

目撃情報が多発している西ノ湖方面は言うに及ばず。


(このクマハギ、ちょっと面白いなぁ。)

前から言っているけれど、奥日光はその全域がツキノワグマの生息域。

『柵の中だから大丈夫!』
『人が沢山いるから大丈夫!』

これは思い込み。

『鈴を鳴らしているから大丈夫!』

これも経験上、個人的には思い込みっぽい。

人とクマが近い以上、これ以上クマが寄り付かないような努力をしないとならないのは・・・

棲家にお邪魔をしている人の方だよね。


クマが出た出た~♪

ゴミと人と…と

日光湯元ビジターセンター クマ情報

 

台風抜けて赤岩滝

台風の直撃予想は大きく外れ、奥日光は一気に夏模様。

週末に控えた赤岩滝ガイドの下見に・・・

出かけたのに、なんと一眼レフが電池切れ。。。
前夜に3メモリ間違いなくあったのに、なぜだ???

そんな次第で、今回はスマホ撮り。

大して雨が降らなかったから、もしかしたら靴を脱がなくても赤岩滝にたどり着けるんじゃないか?

とか思っていたんだけれど、

最初の渡渉で既にダメだった。
スニーカーでも問題無かったのは、第二の飛越くらい。

いやぁ、涼やか涼やか♪

というわけで、赤岩滝に到達っと。

来週にも1本ツアーが入っているし、この夏は何回赤岩滝に来ることになるかなぁ?


 

オマケ2つ。

西ノ湖はまだ水が少ないけれど、左側の岸壁の下まで湖が広がっていたから、去年よりは多いかな。

河原でどこからか視線を感じると思ったら・・・

犬がこっちを見ていたw

11月の工事予定と道路通行規制

情報入手からすっかり時間が経ってしまった・・・ m(_ _)m

今月、工事やら通行規制やら色々とあります。

まずは工事情報。

1.湯元源泉木道工事

1611_gensenkouji
湯元の温泉寺~源泉の間の木道工事が始まります。

1611_yumotogensen_koujigaiyou

そして、その概要。
工事期間:11月7日~12月5日予定。
時間:8:30~17:00。
日曜・祝日、雨天は作業を行わない。
期間中は通行止めとなる。

ただ、今日の時点ではまだ始まっていなかったな。
で、この工事は仮の補修工事で、本格的な工事は来年の4~5月に行う予定みたいだ。

 

2.西ノ湖吊り橋工事
1611_sainokokouji

先日のガイドツアーで西ノ湖へ行ったら、こんな看板が。
この先、西ノ湖にかかる吊り橋の床板が結構腐食してきているので、その張替工事が行われるのだそう。

工事期間:平成28年11月4日 ~ 11月末(予定)

正式な告知文PDF:西部環境森林事務所

 


3.11/13朝、神橋付近一時通行止め

161113_kisei
最近神橋付近で見かけた看板。
記載されているのは

11月13日(日) 午前8時~8時10分 10分間
神橋(日光橋)~稲荷川橋付近
第一回日光国立公園マウンテンランニング大会の為、一時通行止めにご協力のお願い致します。

・・・マウンテンランニングを記事にするの忘れた・・・

日光国立公園 マウンテンランニング大会

 

4.11月27日 いろは坂交通規制

161127_ekiden
第三回日光いろは坂女子駅伝開催に伴い、国道120号線第一いろは坂(下りイロハ坂)などに通行止め等の規制が入ります。

細尾大谷橋~馬返し間が11:30~12:30の間通行止めとなるので、実質的には第二いろは坂も通行止め。

第三回いろは坂女子駅伝 通行規制PDF

ちなみに、今年は日光ハイウェイマラソンは中止だってさ。

以上、重要そうな情報諸々でした。
間際のお知らせだったり、既に工事期間が始まっていたりでお恥ずかしい (///)

奥日光の紅葉_2016年10月3日

と言いつつ、10月2日の画像をとり混ぜて(笑)
…昨日あげるつもりで寝てしまったとか、そんなことは決してないからね? (///)

湯元温泉、湯ノ湖、小田代原、西ノ湖、竜頭滝、中禅寺湖の6か所。


湯元温泉 10月2日
161002_yumoto

10月3日
160103_yumoto

160103_akigesiki

160103_enti


湯ノ湖 10月2日

161002_yunoko

.

同じく湯ノ湖 10月3日

160103_yutakiue


小田代原 10月2日

161002_odasiro

161002_hozakisimotuke

まだ葉をつけている株もあるけれど、ホザキシモツケの色合いを見ると今年は終わりかも。。。


西ノ湖 10月2日

161002_sainoko

肉眼では紅葉が始まっているのがわかるけれど、写真だとイマイチ。
途中のカラマツ林も同様。

161002_sainoko_karamatu


竜頭滝 10月3日

161003_ryuuzusita

竜頭滝壺

161003_ryuuzuue

竜頭滝上。
去年は10月1日に滝上が見頃だったけれど、今年はようやく黄色くなり始めたっていう感じ。
台風抜けて冷え込んでようやく?


10月3日 中禅寺金谷ホテル前

161003_kanayamae

竜頭でまだなら、いわんやをや。

 

小田代の草紅葉・・・??

例年ならば、そろそろ小田代の草紅葉が見頃の頃。

2014/9/18
2014/9/18

160924_kusamomiji

・・・あれ??
全然色づきが進んでいないぞ??

そういえば長雨続きで、朝の気温が15度を下回る日が無い気が??
普段ならそろそろ初霜初氷の頃なのになぁ。

温度低下が無いせいで、発色しないんだろうな。
次に発色するのはいつの事やら。

なんて情報でお仕事資料を作ったので、今回はそれをコピペ。

~~~~~~~~~~~

秋の長雨が続いており、つい一月ほど前まで殆ど水の無かった西ノ湖は満水となり、湖畔のヤチダモ林が水に浸かり始めた。歩道上には春と秋に活動するツチハンミョウ、
水面には渡りの途上とみられるアカエリヒレアシシギの姿が見られるなど、秋を感じさせる生き物に出会う事が出来る。

戦場ヶ原などでは夏の花が僅かに残り、リンドウが咲き誇る。例年ならば小田代の草紅葉が赤く鮮やかに見え始める頃だが、長雨の影響で朝晩の気温が下がらない為か、今一つ発色が進んでいない。イタドリやホザキシモツケなどの葉が色づく。

竜頭滝の色づきは例年並みに進んでいるようだ。

西ノ湖の畔でイノシシの足跡を目撃した。また戦場ヶ原でもイノシシが掘り起こした痕と思われる物が見られ、8月初旬から日に日に増えていっている。従来奥日光にイノシシはいないと言われていたが、近年目撃が相次いでおり、定着した可能性が高い。

160924_itadori

160924_sainoko

160924_tutihanmyou

160924_rindou

160924_akaerihireasisigi

西ノ湖超回復!

連休中に西ノ湖方面のご依頼が二つ。

うむ。湯元は雨だが下見に出ねばなるまい。

160914_azamibasi
・・・あら? らっき~♪降ってない。

仄かに甘い秋の香りを嗅ぎつつ辺りを見回せば。

160914_karamatu_iroduku
色づき始めたカラマツの葉。

160914_zumi
色づき始めたズミの実。

160914_juujinagakame
色づいたジュウジナガカメムシ。
相変わらずこいつらはウゾウゾいるよなぁ。

160914_sainokorindou
やや盛りを過ぎたものの林床をシロヨメナが飾る森を進むと・・・

160914_sainoko1
西ノ池が西ノ湖に超回復!!
これで今年も水鏡の紅葉が見られそう♪

.

 

しかし、う~ん。。。

160914_sainoko2
西が浜まで横断する気でいたんだけれどなぁ。。。