「スノーシュー・XCスキー」カテゴリーアーカイブ

13年越しの再会

昨日は雪上探検。
オイラはガイド部門チーフと、金精の森班を担当。

ちょっと雪は少ないけれど、青空から一瞬の雪の結晶、また青空と素晴らしいお天気に恵まれた一日になりました。

そして、今日。
午後半日&明日の一日刈込湖ツアーの御申込みが入っていたので…

刈込湖に行くという事は、蓼ノ湖は今日は使えない。
さぁて・・・

と、モフモフスノーシューツアーをしている間に、突如動きを変えるオイラ。

ツアー中にも関わらず叫び声をあげる。


今を遡ること13年前の雪上探検ツアー。
出戻りのオイラは、金精の森のサブスタッフとして同行していた。

中央の人が指し示す足元には・・・

あれから幾度金精の森を歩けども、見つからない。
時折(気のせいか?勘違い??)とも思うけれど、写真を見返すとやはり金精の森を歩いている。
今更場所を聞けないし・・・

日光二荒山神社 白根山神社遥拝所

み・つ・け・た~~~!!!!

奉納 昭和31年8月15日 中宮祠林業株式会社

今まであやふやだったサブスタッフ当時のコース記憶が朧げながら蘇る。
なるほどねぇ。

こういう今は忘れられてしまったような史跡、他にも無いかなぁ?

厳冬の奥日光刈込湖スノーハイク

コース:湯元源泉~金精道路~蓼ノ湖~小峠~ドビン沢~刈込湖 往復
時間:10:57~11:13~11:20~11:46~12:00~12:09
(帰り道は遊びながら来たので、時間は計っていません。)

久々に時間が取れた日に青空♪
という事で、奥日光湯元温泉から刈込湖へ行ってきました。
今回は念の為に軽アイゼンを使いましたが、ツボ足でも行けます。
スノーシューも持って行きましたが、結局使う事はありませんでした。
 
湯元から刈込湖まで1時間を切れなかったのがちょっと悔しいです。
アイゼンの装着や締め直しの時間があったので、次回は1時間を切れるように頑張りたいと思います。
 
真冬の刈込湖は全面結氷していて、素晴らしい所です。
厳冬期なので、もう少し時間がかかると思っていましたが、意外と楽でしたね。
半日あれば往復できる、スノーハイキングにオススメの場所ですよ♪
皆さんも是非!

爽やかな青空!
金精道路まで上がりました。ちょっと風が強いです。
蓼ノ湖です。結構凍ってました。
小峠に向かって登ります。
左奥にも足跡がついていましたが、今回は右方向へ。
小峠に着きました!ここで凡そ半分。
ダケカンバの森。ここはいつ来ても気持ちよいです。
ドビン沢を下ります。
ここは二つトレースがありましたが、まっすぐ行くと近いです。
刈込湖に到着です♪
アイゼンがあれば楽勝ですね。

・・・某、ヤ〇レコとかYAM〇P風の記事。
 
ここ数年、山で会う人はかなりの率でこの辺の情報を見てるみたい。
良いと思うよ。みんな写真付きでデータ上げてるし、わかりやすいし。
 
でも、意外と情報を鵜呑みにしている方もいるようで。
冬に刈込湖行った事あればわかると思うけれど、今日の記事通りにはなかなか歩けないよね(苦笑)
 
ちなみに、小峠手前の画像、「左の奥に足跡が」と書いてあるけれど、ここは過去に雪崩れた場所で、撮影地点からもう少し前に出てみると、沢であるのが判る。
 
刈込湖到着前の画像、「まっすぐ行った方が近い」と書いてあるけれど、左側に雪崩が出ているのが判るよね?
まっすぐ行った方が近いけれど、まっすぐ行かない方が良い。

こんな感じ?
情報は自分なりに、修正を加えて使いましょう~。

赤沼駐車場臨時開放!

最近、気温の乱高下が激しい。
奥日光も例外じゃなくて…

せっかくの氷の彫刻、完成翌日の2/3には既に接合部が剥がれはじめ、2/4の未明には雨が降ってしまった。
結果、こんな感じに…
 
今年は綺麗な状態を見られた人が少なかったんじゃないかなぁ?

FBにはアップしていた、綺麗だった時の動画。

実はオイラ、2/4もツアーに出ていたのだけれど、ズボズボ。
スノーシューの効きもちょっと悪くてねぇ。
 
今日も春の陽気だったので、困ったもんだ。
で、明日からの週末は一気に冷え込むんだそうな。
 
解けて冷えて固まって。
このままだと週末は、溶けて冷えて固まってで、雪面も歩きづらそう。
まとまった雪が欲しい所だけれど、この状態でまとまった雪が降ると、今度は雪崩が怖いし。
 
明日から月曜日までに5本のツアー予約があるんだけれど、天気が安定しないとやきもきする。
 
あ、ちなみに、内2本はなんと庵滝(苦笑)
 
そうそう。
赤沼起点にスノーシューとか楽しむ人にちょっと朗報。

以下試験開放、取り消しになったそうです。(190208_18:00)
 
標題通りなんと、赤沼駐車場が試験的に開放されるそうな。

2/9(土)~11(月)の17時までと
2/16(土)~17(日)の17時まで。

くぅ~。
オイラの庵滝イベントはこの次の週、2/24なんだよなぁ(苦笑)
 
さておき。
上記の時間を過ぎると、駐車場が再閉鎖されるそうなので、利用する方は時間までに退去するようにしてください。

オイラも含めて地域のガイドが、会合の度に長年訴えて来たのが実った、かな?
 
ただ、利用のマナーが悪かったりすると、今後が無くなっちゃうかも?
利用者の皆さんもお互いに声かけあって、上手に活用してくださいね~。

スノーシューコース開放2019

今日は午後から打合せ。
その前に、1時間くらい時間が取れたので、久々の石楠花平コースへ。

そうなんです。
今年は雪が少なくて、なかなか開放できずにいた湯元のスノーシューコース、本日無事開放となりました。
 
いやぁ、週末に間に合って良かった~!
 
オイラは今回タイミングが合わずに、リボン付けに出られなかったのだけれど、

赤の金精の森、緑の石楠花平、青の小峠、全線にリボンと看板着いたってさ。
緑の石楠花平は、道路を越える地図上の⑧番が心配だったのだけれど、

こんな具合にケースを積み上げて通行できるようになっているので、ご安心を。
ただ、横が一段しかないので、雪が積もり始めたらちょっと注意が必要かな。

いつもの場所はいつものように、風が強くて雪が薄いけれど、

全体的にはこんな感じ。
今日はスキーで移動していたんだ。
今年は珍しくスキーのツアーオーダーが入っていたので、軽い足慣らしを兼ねてね。

明日から2月。
オイラは今年かなりのご予約を頂いていてさ、本当にヒヤヒヤだったよ(苦笑)
  
そして、夜には・・・

雪灯里!
今日は試験点灯で、本番は2/2(土)からね。
初日は花火も上がるし、氷の彫刻も始まるし、週末は湯元が賑わいそうだ♪


【1/31】湯元スノーシューコースオープンのお知らせ
 
湯元温泉旅館協同組合HP(雪まつり)

当たり障りのない会話( )

ぜんぜん雪が降らない・・・
今日の昼過ぎから、一瞬積もりそうな気配もしたのだけれど、夕方には止んでしまった。
 
雪よ、早く積もってくれ~!
でないと・・・(回送シーン)

久々の湯滝。
駐車場は相変わらず閉鎖中だけれど、ちょっと様子を見に行きましょう~。

全体的に踏まれて融けて凍結が随所にあったけれど、一番滑ったのは、去年工事した所。
鉄板の上に雪が積もっているから、ツルっ!といきやすい。
 
そんな川沿いでは

囀るカワガラスや、

間近で遭遇して、お互いにビックリのサルなどなど。

北戦場まで足を伸ばして、やっぱり雪無いなぁ。
そこから引き返す、と。

一部が凍った小滝まで来たら、どこからか、『ミャ~』

足元まですり寄ってきたり、人の後ろをついて歩いてきたり。
あまりに近くに来るので、試しに手を伸ばしてみたら、まぁ簡単に捕まえられる事。
可愛いねぇ♪
・・・誰だ、餌やった奴!

今シーズン2つ目のクマダナを発見して、写真撮ったり観察したりしていたら、後ろから近付いてきた団体に声をかけられ、急遽3分程の解説を・・・
何故かガイド付きの団体相手にかます。
 
この団体相手には、湯川沿いで一度会っているので、先にチョビットかましてあったんだけれど。
思わぬところでフォローが出来て良かった。
 
まぁ、当たり障りのない会話しかしてないから、フォローが必要とは思わないけれど(嘯く)

  • 今日は雪が少なくて残念でしたね。
  • 普段はこの笹が完全に埋まるほどの雪が積もるんです。
  • 最近、雪も無いのにルート外して歩く人が多くて…
  • スノーシューの裏には歯がついてるでしょう?その歯で笹を踏みつけてボロボロにしちゃうんです。
  • 自然を楽しみに来たのに、なんというか愛が無いというか…(溜息)
  • 皆さんみたいに、雪が無い時には弁えて歩道の上で楽しんでくれる人ばかりだと、とても嬉しいです♡

(私たちは愛をもって自然と親しむわ!)と誘導する、素晴らしく当たり障りのない会話でしょ?
心当たりさえなければ(黒笑)

だってさ、酷いんだよ!?

わかる?雪が殆ど積もってなくて笹だらけなの。
そして、その中に遠慮なしに突撃してる様。
その結果、

こうなるんだよ。
無残でしょう?
こんなのが森のアチコチに残されているんだ。
 
踏み痕からすると、十数人のグループっぽくて。
という事は、考えやすいのは「初めてのスノーシュー」的ツアー。
これが当たり前のスノーシューの楽しみ方だと思われたら、困るじゃない?
 
ってわけで、早く雪積もってくれ~~~!!!

最速リピーター

昨日は1日のスノーシューガイドのご依頼が入っていたのだけれど・・・
 
雪が無いっ!!
湯元界隈で、今の半端な積雪量で1日コースを組むのはちょっと難しい。
が、他のコースはそもそもスノーシューを使える状態になってない。
オイラのツアーは初めてのお客様だし、勝手がわからない。
どうしよう・・・( ̄Д ̄)

お客様がご到着になって打ち合わせをしてみたら、
「スノーシューにはこだわってないです。むしろ、スノーシュー使わない場所の方が。」

・・・これはこれで選択肢が乏しい。
どうすんべ?
 
最終的に、

行っちゃいました、庵滝。

行けちゃいました、ツボ足で。

一応、みんなでスノーシューを背負っていたんだけれど、途中までは行きたいラインにトレースがついていたので、(らっき~♪)
 
ところが、終盤オイラのあまり行きたくない方にトレースが向かい始め・・・
歩きつつ考える。

この方向は、水沢を少なくとも2回は渡らないとならない奴だ。
できれば踏みかえたいけれど、お客様はスノーシューを履きたくない。
ここまで帰ってくる人とすれ違っているけれど、道中には他のトレースは無し。
つまり、少なくてもどちらかは行ける。踏み跡の状態から、おそらくどちらも行けると思うけれど・・・片方はこの先どこで降りても落差が大きい。
こっちのトレースの先は傾斜がなだらかで、水の幅も狭かったはず。

案の定、水沢が見えてる場所を渡ってた。

そんなこんなで、ツボ足庵滝ツアーも無事おしまい。
宿に戻って一息入れていたら、ご参加のお客様から、

「明日、予定空いてます?」

やったね!!\(^o^)/

というわけで、今日。
スノーシューは使わない条件は変わらず、今度は半日ツアー。
前日の会話の中で、普段は菖蒲スタートでカヤックをしているとの情報入手!
ならばっ!

阿世潟なんていかがでしょう?

立木の飛沫氷や、

氷のオブジェを眺めたり、

改修が終わったばかりのイタリア大使館別荘や英国大使館別荘(今年は4/2再開らしい)の話をしたり、

足跡の残らない不思議砂浜wで遊んだりして、その帰り道。

リス~~♪

くぅ、枝かぶり(T^T)

という二日間でした。
初日ツアーの翌日にはすでに次のツアーという、オイラ史上最速のリピーター様でした♪
しかも、ツアーを目的にして宿泊してくださったという、二重に嬉しいお知らせ♪♪


にしても、雪が無い。

月末には庵滝ツアーをもう一本やるから(参加者募集中)、それまでにスノーシューで歩けるようになっていて欲しいなぁ。

己亥

新年あけましておめでとうございます。
今年は亥年。
イノシシの写真が無いかと思ったけれど、今までイノシシにはほぼ遭遇してないから、断念。
でも、次の干支の時には、もしかしたら、奥日光で撮影した写真年賀状が作れてしまうかも?
 
昨年最後の投稿にも書いたように、今日もツアー。

もみのき平を荒らして、距離250m程の移動を1時間w
昨日よりも雪の状態が締まって来ていたので、遊んで遊んで。
そして午後の部。

午後は貴婦人を見たいと仰るので、ツボ足小田代往復に変更。
赤沼は10cmにも満たないけれど、撮影している足元の木道上は30cmくらい雪があったかな?
やっぱり、西側の方が積雪が多いのだなぁ。

次のツアーの予定は1/4.
また明日から雪が降るかもみたいな予報らしいから、条件良くなると良いなぁ。


そういえば、亥って種子が実ってエネルギーが溜め込まれた状態を意味するんだって?

種子・・・

タネのザッソウ
 
種のザッソウ
 
種の雑想

・・・芽が出そうな気配はあるんだけれどなぁ。
なんか足りない。
何が足りない??
 
まぁ、模索を続けて、今年もボチボチ参りましょう。


さておき。
 
旧年中は閲覧いただきありがとうございました。
相変わらずの気が向いた時のランダム更新になると思いますが、オイラなりの視点で奥日光の情報をお伝えしていく所存でありますので、適当にお付き合いください。

皆様の新たな一年が、驚きと発見に満ち溢れた素晴らしい年となりますように。

吹雪が晴れた♪

ここ3日ばかりは、湯元は雪に吹雪に。
おかげで昨日は朝から夜まで雪かき雪かき。

そして、今日はツアーのご予約が入っていたのだけれど…
ゼロからの積雪なので、状況がさっぱりワカラン。

というわけで、ツアー前に回ってみました。

まずは中禅寺湖東岸立木観音前。

積雪はうっすら3cm程。

飛沫氷もうっすら。

竜頭滝は、滝の左右が若干飛沫で凍りはじめ。

積雪は10cmって所。

静かな水面に木々が写り込む湯川。

菖蒲とどっこい。赤沼付近は10cm弱。

車両通行止めになっている湯滝料金所の付近

微増で13cm。

やっと薄氷が50%くらい張った、湯ノ湖。

スノーシューコース付近の積雪は、ドドンと増えて45cm。
でも、まだ笹が寝てないので、林道など一部を除いて、スノーシューコースは使えない。


と、こんな状況をお伝えしたら、

『刈込湖に行ってみたいです!』
・・・途中で撤退になりそうだなぁ。

行ってみた結果。
案の定、小峠でご飯を食べて撤退。

夏道から行ったんだけれど、行きはスノーシューがあると楽。

で、小峠でご飯を食べつつ、ツボ足で未圧雪エリアに飛び込んでみたら・・・

なんと、オイラの腰丈=1m弱。

スノーシュー履いても膝上で50cm。

そんな中、なんと小峠から笹の生い茂る冬道に下りた人が!
夏道で行き会ったら、雪に嵌って溺れそうになり、這う這うの体で夏道に戻って来たんだって。

この雪が落ち着いて、更に一発ドカンと来てくれたら、いよいよスノーシューコースもOPENかな?

と言いつつも、明日もツアーの予定が入っていたりして。

いつもと同じドタバタと、いつもとは違った会議続きのドタバタと。
そんな中で、今年もおしまい。

来年はどんな年になるかなぁ?
まぁ、元日からツアーが入っているのだから、良い年になるだろ。

ちょっと更新頻度が下がっている自覚はあるけれど、来年もポツラポツラと更新していくので、気長にお付き合いください。
 
あ、年賀状…(^o^;)

皆様の新しい一年が、驚きと発見に満ち溢れた一年でありますように。

よいお年を。
来年もよろしくお願いします。

冬もおしまい

今日は湯元のスノーシューコースの解除のお手伝い。
リボン外しに行ってきて・・・

このシーズン初めて、この景色を眺めるという(汗)

ここから折り返して直ぐの所には、春の証とも言うべき大きな雪崩が。

こんな木をへし折ってしまうのだもの恐ろしい。
この先、中っ曽根登山道へのとりつきに近い所にも、もう一つ大きな雪崩。

もうスノーシューには使わないけれど、場所を知っているって大事。

今回は、ここの4、7(上で止まっていたけれど)、8.
やっぱり8のプロット地点がもうちょっと南東側だったな・・・

道中や、帰着した湯元では

エルタテハの姿が。
冬が終わったねぇ。

雨でバシャバシャ

今日は奥日光も雨。

戦場ヶ原は雪がすっかり無くなって。

ツアーのご予約もあったので、

コースの様子を見に行ってみたのだけれど・・・

森の中はこんな具合。
トレースの上は、ツボ足でも立てる。

で、油断して横に一歩ずれたら

ズボっとな。

こんな状態なので、湯元のスノーシューコースは管理終了。

そう、管理終了。

国語力って大事(笑)