カテゴリー別アーカイブ: 動物

小田代ノアザミと鐘

小田代のノアザミ、いい具合になって来た!
今でも十分に綺麗だけれど、週明けが盛りかな?

そして、先日のクマハギを受けて、小田代に鐘が設置されました。

設置場所は北のゲート付近の分岐と、

クマハギの近く。


発生場所や、利用者の動向を考えると、やっぱり何某かの対策は必要そうだもの。
状況が落ち着いたら撤去予定との事。


以前にも書いたけれど、乱打しないでよね?


恋人の聖地?

クマハギダラケ

昨日今日明日と、おかげさまで貸切ガイド連発。
昨日はカクレ滝⇒小田代、今日は小田代、明日は高山入口から中禅寺湖へ。

そんな予定でおりましたとさ。

そして今日。

あらま、御立派。

見事なクマハギが、小田代原バス停から100mもいかない所に。
昨日の夕方に来た時には無かったから、昨日の夕方から朝にかけての間に来ていたらしい。

これから早朝の小田代へ写真を撮りに行く人が増える時期だけれど、クマと遭遇しなければ良いなぁ。

実はさ。
今日、小田代を一周したんだけれど、ざっと見柵内に5か所の痕跡があってさ。

小田代の北西方向。

小田代の東側に2つ。

 

これもクマの痕。
・・・アヤメを見に来た時に、こんなのあったかなぁ?

いずれもここ2週間にも満たない間のものだと思う。

戦場ヶ原の柵と、小田代の柵と二重の柵に囲まれた場所だけれど、小田代の柵はクマが潜り抜けられるし、戦場ヶ原の柵はクマが乗り越えられる事を前提に作られているので、いないわけじゃないんだな。

実際、戦場ヶ原の柵の内側にある高山入口付近では、こちらも真新しいクマハギがゾロゾロ。

目撃情報が多発している西ノ湖方面は言うに及ばず。


(このクマハギ、ちょっと面白いなぁ。)

前から言っているけれど、奥日光はその全域がツキノワグマの生息域。

『柵の中だから大丈夫!』
『人が沢山いるから大丈夫!』

これは思い込み。

『鈴を鳴らしているから大丈夫!』

これも経験上、個人的には思い込みっぽい。

人とクマが近い以上、これ以上クマが寄り付かないような努力をしないとならないのは・・・

棲家にお邪魔をしている人の方だよね。


クマが出た出た~♪

ゴミと人と…と

日光湯元ビジターセンター クマ情報

 

森が死んだ

今シーズン、雪が解けて初めての切刈一周。

普段は湯元⇒刈込⇒切込⇒涸沼⇒山王峠⇒光徳なんだけれど、5日のガイド依頼(予定が)逆順だったので、光徳スタート。

芽吹き始めたミズナラの森。


涸沼付近から見上げる山王帽子。
この辺は樹種により芽吹きはマチマチ。

刈込湖畔は柳類が新緑。
水位はまだ少なくて、刈込⇔切込の両湖は細い川で繋がっている状態。
それでも刈込湖に注ぐ沢からはドウドウとした水音が響いていたから、これから水位が回復していくことでしょう。

遅くまで雪の残る林道も、歩く部分に雪は無し。

路肩の窪みなんかには、まだ残雪があるけれどね。

このコースは全体としてそれほどお花があるわけじゃないんだけれど、アチコチキョロキョロすると…

未だ咲いているフデリンドウ。

小さいながらも芸術的なミツバオウレン。

ノーブルだぁ、と思わずつぶやいたミヤマスミレ

一瞬判断に迷うようなチンチクリンなサンリンソウ

毎度のことながら撮影が厳しいタケシマラン。

やっぱり春なんだなぁ。

野鳥は声ばかりで姿は撮れず。
こちらも声ばかりで姿は撮れなかったけれど、

いた証のエゾハルゼミ。

ヒラリヒラリとヤマキマダラ。

・・・コツバメ?


などなど。
ただ、そんな色々よりも気になったのがコチラ。

森が死んでしまった。。。
一帯の樹木がほぼ食いつくされた。

最近、冬があける度に、加速度的に進んでいる気がしてしょうがない。
この一角、再び森に戻る事が出来るんだろうか。

合言葉は「フラワートレッキング~~!」

5/6(土)に、DCキャンペーン企画の一つ「第一回奥日光フラワートレッキング」を無事催行。

まぁ、赤沼に集合した時点で、お客様の顔には「フラワー?トレッキング??」とありありと。

そりゃぁ、見た目冬枯れにしか見えない戦場ヶ原を前にすればねぇ(苦笑)

ンガシカシ!

オイラが設定したツアー、そうそう読みは外しませんぜ?

って事で。

パイナップルの様なカラマツの雌花に始まり、

言われないと中々気づかないイヌコリヤナギ、

こちらも見えると見えてくる、気づかないとたとえ足元でも気づかない、そんなヒメイチゲまで。

ワタスゲ、ホザキシモツケ、セイヨウタンポポ、ハンノキ、イワネコノメ、ザリコミと計9種類!

見つけるたびに「フラワートレッキング~~!!」とオイラが声をかけると、お客様が探し始める。

自力で認識できた時には、喜びも一入ってもんでしょう(笑)

・・・は?
花の名前におかしなものが入っている??
ホザキシモツケの花は無いだろうって?

そりゃぁ、まぁねぇ?
オイラのツアーが、その一瞬だけを想定したものなわけが無いじゃないのさ。

せっかく来て下さったのだから、他のシーズンの事も想像して貰える様に、口八丁手八丁www


当然、花を見て終わりではなく、

スコープをのぞき込んだり、(湯滝の流れとアオジを確認)

木道の下をのぞき込んだり(木道の下から可愛らしい鳴き声が・・・)

木や草に触ってみたり。


ちなみに、この日はダブルヘッダー。

午前中は、どうしても戦場ヶ原を歩きたい!という御家族をお連れして、湯滝⇒赤沼へ。

ミソサザイが鳴いたり、

ガマ合戦を眺めたり、

更にはガマが出てきたり、

挙句の果てには、ガマが食われている所を目撃したり。

そんなこんなの一日でした。


今度の奥日光フラワートレッキングは、5/13(土)、5/20(土)の湯ノ湖編。

お申し込みは 日光おでかけサロンへ。

普通の?ツアーのご依頼は、オイラの勤務先へ。

どちらもご参加、お待ちしておりま~す。

千手ヶ浜に造船ドック出現!

FBには現場から投稿したけれど、件名なんですよ!

今夏、中禅寺湖機船では新造船がデビューするって話は前々から聞いていたんだけど、どうやってあんな巨体を搬送するのかと思っていたら、パーツで運んで千手ヶ浜で組み立てるんだって!!

ちょうどオイラが千手ヶ浜に到着したら、こんな状態。

ちなみにこれは後方の船底パーツだそうで、石巻の工場で作成したものを、今日の夜中にいろは坂を運びあげたんだって。

つまり、到着したてって事だ。
情報知らなかったんだけれど、ヒキがいいな♪

現場で聞いたら、夏までの間にこれを組み上げて、周辺に囲いは作るけれど、組み立ての過程も見られるらしい。

できれば、タイムラプスかなんかで記録してくんないかなぁ?


本当は今日のメインは、北岸歩道の状況確認だったんだ。

ルートは菖蒲⇒千手⇒熊窪⇒高山峠⇒1002号⇒石楠花橋⇒菖蒲。
ほら、まだ低公害バス動いてないからさ。

行程中残雪があったのは、高山峠から1002号に向かう樹林の内部くらい。

ただ、そこそこたっぷりの雪が広範囲に残っているので、高山峠を抜けるならミドルカット+スパッツがあった方が良さそう。
ローカットだと、ズブった時に足首から入って来るんだよね。。。

他は大きな異常はなかったかな。

菖蒲から入ってしばらくの所に落石があったけれど、こいつはどうにもなりそうもないし、

生枝がぶら下がっていて邪魔臭い所があったりしたくらい?

ただ、春の北岸は落ち葉の道なので、こんなのを避ける時には落ち葉の下も意識しないと、踏み外したり捻ったりするかも。


今年の栃窪は、湖水が少なくて浜が広がっているので、いつも以上にビーチっぽい。

森林の夏鳥でもいないかと思って歩いていたんだけれど、残念ながら、今回は遭遇できず。

代わりと言っては何だけれど、

片角になったニホンジカ。

草を食むツチハンミョウの雌、

誰かに喰われた? アナグマの腕。

意外や意外、もう咲いていた(イワ?)ネコノメソウ。
ネコノメが奥日光で咲くのはGW頃かと思っていたけれど、確かに南面してるから、早く咲いていても不思議はないのか。
盲点だった・・・


さぁて、伝えたいネタが溢れて来た。どうすっかな??


中禅寺湖遊覧船 新造船ブログ

湯元にも春が来た!

今日は弥生の宵祭り。
チェックインやら入浴やらのお客様が、皆さん規制に引っかかったとの事。

街中は春を告げる祭りで賑わっているらしい。
明日も祭りは続くけど、どうやら天気が崩れるそうな。

流石、弥生祭(苦笑)

一方湯元では…

まだまだこんな具合に残雪が結構ある・・・

 

なんて写真を撮っていたら、地元の人に声をかけられる。

「『湯元にも春が来た!』って投稿するんかい?」

正解っ!!(^^)

いやぁ、春だよ春♪

画面の水と雪の境目をよく見て!!

ゲコ。(とは鳴かないが、雰囲気的にw)

よく見ると、あちこちにヤマアカガエルの姿が。

氷の境目にいるんだけれど、寒くないんかな?

昨日の湯ノ湖上空では餌を探すミサゴの姿も見られたし、全内が試験釣りの準備を始めるし、湯元にも春が来たなぁ。

湯元プレDC 宿泊者限定イベント

この度、湯元温泉宿泊者限定のイベントが実施されることになりました!

1.野生動物体現さんぽ

豊かな自然が残され、野生動物の楽園でもある奥日光。
その中で、最も遭遇確率の高い動物の一つはニホンジカ。

そんなニホンジカを主軸に、野生動物の姿や痕跡などを探しながら、夕方の湯元を散策します。

案内役は、奥日光シカ管理専門員。

日光・奥日光の自然とシカをはじめとした野生動物の話が、専門員ならではの情報と切り口で紹介!!

・・・されるはず。
(だってまだイベント前で、様子見に行けないんだもの。)

実施日程:4/15、5/13、5/20、6/10、6/24
時間:pm5:00 ~ 6:00
参加費:1,000円
定員:10名


2.GOOD MORNING Walk 早朝散策

まだ少し肌寒い湯元の朝を、ビジターセンタースタッフと歩きましょう! 的な?

そぞろでは、これまでに何度か取り上げた事があるから、知っている人も多いかも。

湯元の普段なら15分もあれば歩けてしまう所を、ノンビリと1時間かけてお散歩。

案内役を務めるスタッフによって、話の中身は変わって来るので、何度も参加をしても、きっと楽しめるはず!

実施日:5/4(木)、5/5(金)、5/7(日)、5/14 (日)、5/21 (日)
6/4(日)、6/11(日)、6/18(日)、6/25(日)
時間:6:30am~7:30am
料金:500円
定員:15名

 

どちらも湯元温泉宿泊者限定のイベントなので、御申込みは各宿のフロントまで。

詳細はイベント広報チラシを見てね。

早朝散策&野生動物体現さんぽ


『・・・それは解ったけれど、タイトルの【 DC 】ってなんじゃい?』

DCとは、ご存知、デスティネーションキャンペーンの略。

え?ご存知ない??

;

デスヨネェ。
普通の人はデスティネーションキャンペーンなんて言われても解らんて(笑)

デスティネーションキャンペーンとは、

============
栃木県では、2018 年春デスティネーションキャンペーンを展開します。

デスティネーションキャンペーンとは、JRグループ6社と地域が協働で取り組む
国内最大規模の観光キャンペーンです。
栃木県は、「花」「食」「温泉」「自然」「歴史・文化」を基本テーマに、
皆様に栃木が誇る本物の魅力と最高のおもてなしをお届けします。
「本物の出会い」がある春の栃木を旅してみませんか?
===========

の事である!!(とちぎ旅ネットよりの抜粋。)

まぁ、早い話が、栃木県全域で様々なイベントを企画して、観光を盛り上げていきましょう! みたいな感じだね。

なんで、上の二つ以外にもDCに合わせて計画されたイベントが沢山。

オイラがやる分もあるんで、今後また追々ご紹介していきたいと思うけれど、気になる人はコチラ。 ρ(。。3)


とちぎ旅ネット

プレ栃木デスティネーションキャンペーン

 

ただなぁ、旧日光・奥日光地域だけでもイベントを網羅出来ているサイトはなくて。
となれば県下全域なんて、とてもとても。

 

 

年度末の宿題

いやぁ、この冬は忙しかったぁ。。。
ガイドの本数もさることながら、新年度の準備に奔走し続け、特に2月の更新の少なさは、自己ワーストかも  f(=”=)

優先度の高い物からアップをしていったら、年末に自分で出した宿題が片付いていないという(苦笑)

自分で出した宿題はコチラ。

さて、この一直線に伸びる足跡の主は誰でしょう??


一直線の足跡と言えば、キツネの足跡!!

アニマルトラックのハンドブック的なものには、【キツネの足跡が直線状に伸びる】って書いてあるから間違いないよね♪

.

.

.

.

なんて素直な出題をオイラがするわけないじゃんww

実はこの直線状に伸びる足跡を追いかけていくと、パターンが変わって。。。

上の方を見るとわかるかなぁ?

これ、実はテンの足跡っぽいんだな。

そう思って改めて見ると、最初の直線状の足跡も、ただ直線なわけではなく、3つで1セット。
更に最初の写真の一番下の足跡をみると、真ん中に2つの足跡がついているのが判るよね。

ガイド中によく、『これってなんの足跡?』なんて聞かれるんだけれど、一瞥では判断できないものもあったりする。

なので、足跡を見かけたら、潰さないように後を追いかけてみると、足跡のパターンの変化から動物の行動が見えて来たりして楽しいかも♪


な~~んて記事を、もう雪が無くなる頃に書きやがって・・・

とかお考えのアナタ!!

あっま~~~い!!!

本日の湯元は夕方から雪でした。
明日の朝は路面が凍っているかも。

積雪量次第だけれど、薄らと雪が積もったそんな日は、動物の足跡が綺麗に残されているので、意外と街中でも観察ができるんだな♪


いよいよ明日からは新年度。
奥日光の冬季閉鎖施設も順次開館・開通していくので、春の奥日光も引き続きお楽しみください。

遊び心

最近のblogと昔のblogを比べると、遊び心が足りないなぁ。。。と我ながら反省。

最後の最後にそんな反省を込めて。

良い子のみんなは、氷の上に乗って遊んじゃいけないよ!

とか言いながらも、自分ではやってみるw。

刈込湖には所々に黒い部分がある。

どんな風になっているのかというと・・・

氷に穴が空いていて、下からあぶくがプクラプクラ。
刈込湖の湖底からは、きっと水が湧いているはず。

なので、氷に穴が空く。= 穴の周囲は氷が薄い。

たまに、この黒い氷の隙間を縫って歩いた跡があるけれど。。。
危ないというのは、こういう事さ。


今年は雪が少ないけれど、少ないなりに外に出るとやっぱり楽しい。

源泉の足元には、霜の花。

とてもとてもネズミらしい足跡と、

ネズミはこんな所を生活の場にしているんだ、という跡。

こんな足跡観察もしやすい。

やっぱり、フィールドに出なくちゃな。
なんか、新年から新しい仕事を押し付けられてしまったけれど、オイラは外に出る為にここにいる。
自然の光も影も伝えるために、ここにいる。
奥日光がより良い方向に進む、その手伝いをするために、ここにいる。
このエリアのガイドが、利用者がより良い関係性を築ける様に、ここにいる。

大事なことを忙しさで忘れないようにしないと。
いつも心には遊び心を!!


という事で、年の最後に1問クイズ。
さて、この一直線に伸びる足跡の主は誰でしょう??

答えは新春に!


今年も残すところあと僅か。
皆様の新しい一年が、より驚きと発見に満ち溢れた一年でありますように。

よいお年を。
来年もよろしくお願いします。

MOMIJIKA FESTIVAL

間際の更新になってしまった。。。

明日からの連休中、ニコニコ本陣でイベントが開催されます。
その名も、”MOMIJIKA FESTIVAL 2016″

16121618_momijika

コンセプトは・・・
近年、生息数の増加や生息地の拡大により生態系や農林業に深刻な影響をおよぼしているシカを、単なる害獣として扱うのではなく、生態系の中で重要な役割を担う野生動物として、また、私たち人間に様々な恵みをもたらす山の幸として、理解し、感謝する為のお祭りです。

だそうな。

会場では、シカのレザークラフト作品展示・販売・体験が出来たり、トークや上映イベントがあったり。

奥日光でもシカは問題になっていて、毎年駆除対象になっているけれど、駆除して終わりではちょっと。。。

問題だ!と排除するのではなく、可哀想だと憐れむのでもなく、言葉は良くないけれど有効活用をするべきなんだ。

そして、そんな活動を実践しているのが、MOMIJIKAプロジェクト。
以前、下野新聞に掲載されたことがあるから、覚えている人もいるかな?

奥日光に来る時、帰る時、はたまたこれを目的に。
是非足を運んで、会場を盛り上げてくださいな。


下野新聞 シカ皮活用し特産品へ

MOMIJIKA FESTIVAL チラシmomijika-festival-2016016-2

写真くれって言われて昔の写真を提供したから、オイラのシカ画像も会場のどっかで使われているかも??
さぁ、探してみようか(^皿^)