「奥日光の問題」カテゴリーアーカイブ

赤沼駐車場臨時開放!

最近、気温の乱高下が激しい。
奥日光も例外じゃなくて…

せっかくの氷の彫刻、完成翌日の2/3には既に接合部が剥がれはじめ、2/4の未明には雨が降ってしまった。
結果、こんな感じに…
 
今年は綺麗な状態を見られた人が少なかったんじゃないかなぁ?

FBにはアップしていた、綺麗だった時の動画。

実はオイラ、2/4もツアーに出ていたのだけれど、ズボズボ。
スノーシューの効きもちょっと悪くてねぇ。
 
今日も春の陽気だったので、困ったもんだ。
で、明日からの週末は一気に冷え込むんだそうな。
 
解けて冷えて固まって。
このままだと週末は、溶けて冷えて固まってで、雪面も歩きづらそう。
まとまった雪が欲しい所だけれど、この状態でまとまった雪が降ると、今度は雪崩が怖いし。
 
明日から月曜日までに5本のツアー予約があるんだけれど、天気が安定しないとやきもきする。
 
あ、ちなみに、内2本はなんと庵滝(苦笑)
 
そうそう。
赤沼起点にスノーシューとか楽しむ人にちょっと朗報。

以下試験開放、取り消しになったそうです。(190208_18:00)
 
標題通りなんと、赤沼駐車場が試験的に開放されるそうな。

2/9(土)~11(月)の17時までと
2/16(土)~17(日)の17時まで。

くぅ~。
オイラの庵滝イベントはこの次の週、2/24なんだよなぁ(苦笑)
 
さておき。
上記の時間を過ぎると、駐車場が再閉鎖されるそうなので、利用する方は時間までに退去するようにしてください。

オイラも含めて地域のガイドが、会合の度に長年訴えて来たのが実った、かな?
 
ただ、利用のマナーが悪かったりすると、今後が無くなっちゃうかも?
利用者の皆さんもお互いに声かけあって、上手に活用してくださいね~。

当たり障りのない会話( )

ぜんぜん雪が降らない・・・
今日の昼過ぎから、一瞬積もりそうな気配もしたのだけれど、夕方には止んでしまった。
 
雪よ、早く積もってくれ~!
でないと・・・(回送シーン)

久々の湯滝。
駐車場は相変わらず閉鎖中だけれど、ちょっと様子を見に行きましょう~。

全体的に踏まれて融けて凍結が随所にあったけれど、一番滑ったのは、去年工事した所。
鉄板の上に雪が積もっているから、ツルっ!といきやすい。
 
そんな川沿いでは

囀るカワガラスや、

間近で遭遇して、お互いにビックリのサルなどなど。

北戦場まで足を伸ばして、やっぱり雪無いなぁ。
そこから引き返す、と。

一部が凍った小滝まで来たら、どこからか、『ミャ~』

足元まですり寄ってきたり、人の後ろをついて歩いてきたり。
あまりに近くに来るので、試しに手を伸ばしてみたら、まぁ簡単に捕まえられる事。
可愛いねぇ♪
・・・誰だ、餌やった奴!

今シーズン2つ目のクマダナを発見して、写真撮ったり観察したりしていたら、後ろから近付いてきた団体に声をかけられ、急遽3分程の解説を・・・
何故かガイド付きの団体相手にかます。
 
この団体相手には、湯川沿いで一度会っているので、先にチョビットかましてあったんだけれど。
思わぬところでフォローが出来て良かった。
 
まぁ、当たり障りのない会話しかしてないから、フォローが必要とは思わないけれど(嘯く)

  • 今日は雪が少なくて残念でしたね。
  • 普段はこの笹が完全に埋まるほどの雪が積もるんです。
  • 最近、雪も無いのにルート外して歩く人が多くて…
  • スノーシューの裏には歯がついてるでしょう?その歯で笹を踏みつけてボロボロにしちゃうんです。
  • 自然を楽しみに来たのに、なんというか愛が無いというか…(溜息)
  • 皆さんみたいに、雪が無い時には弁えて歩道の上で楽しんでくれる人ばかりだと、とても嬉しいです♡

(私たちは愛をもって自然と親しむわ!)と誘導する、素晴らしく当たり障りのない会話でしょ?
心当たりさえなければ(黒笑)

だってさ、酷いんだよ!?

わかる?雪が殆ど積もってなくて笹だらけなの。
そして、その中に遠慮なしに突撃してる様。
その結果、

こうなるんだよ。
無残でしょう?
こんなのが森のアチコチに残されているんだ。
 
踏み痕からすると、十数人のグループっぽくて。
という事は、考えやすいのは「初めてのスノーシュー」的ツアー。
これが当たり前のスノーシューの楽しみ方だと思われたら、困るじゃない?
 
ってわけで、早く雪積もってくれ~~~!!!

今年はイノシシ年

イノシシの写真が無いかと思ったけれど、今までイノシシにはほぼ遭遇してないから、断念。
でも、次の干支の時には、もしかしたら、奥日光で撮影した写真年賀状が作れてしまうかも?

なんてことを書いて始まった2019年。
次の干支の時どころか・・・

早々に撮れてしまいましたよ、イノシシ。 
しかも・・・

同じような小ぶりのサイズが3頭。
ということは、つい先ごろまではウリボウだったと思われ。
 
近年、アチコチで地べたの植物を食べたシカじゃない痕跡を確認したり、イノシシを見たという情報は聞いていたのだけれど、自分で生きている個体を目撃&撮影したのは、今回が初。
 
シカの食圧から、無理やりようやく守っている戦場ヶ原や小田代原の付近でも、目撃情報や痕跡が見られるし、コイツはまた新たな問題勃発か?

彼らはその後、国道を横切り、男体山の方向へと消えていきましたとさ。
越冬する気満々?
  
これだけ雪の積もらない日が増えてきたら、生き物の生息域も、そりゃぁ変わるわなぁ。
 
奥日光はこれからどんな風に変わっていくのだろう?

ミシュラン二つ星のツアー

オイラが毎年必ずツアーの依頼を受けている戦場ヶ原のトレッキング。
なんと、ミシュランで星二つ!
 
来年のツアーはこれで決まりだな。
キャッチーなタイトル間違いなしw

一昨日の画像だけれど、素晴らしいでしょう?
選ばれるのも納得ってものさ。

日光関連の情報を調べてる人にとっては、出オチ感の半端ないタイトルだけれど、なんでも「 ミシュラン・グリーンガイド日光国立公園」で奥日光の各地が新たにノミネートされたり、星を獲得したりしてるんだって。

その中で、戦場ヶ原のトレッキングが星二つ。
奥日光の他の場所だと、湯ノ湖や華厳滝、イタリア大使館などが星一つを獲得。
他にも、日光の市街地から奥日光まで、色々な場所が載っているので、興味があったら見てみて。

・・・オイラ、ウソは一つもついてないよ?
オイラはウソは嫌いなんだ。
 
・・・一部情報が不完全だったり、誤解する余地の残る表現がある可能性は否定しれないけれど(笑)

【ミシュラン(・グリーンガイド日光国立公園の中で)二つ星(を獲得した戦場ヶ原ハイキング)の(ガイド)ツアー】をオイラは毎年やってるのです。

・・・嘘はついてないよね?

そんな場所を自分のメインフィールドに使ってるってのも、改めて考えて贅沢な話。

これからますます外国人旅行者が増えていきそうな、そんな素敵な場所。
そんなところなんだから、

そろそろ、こういう情けないマネはやめようや。


ミシュラン・プレスリリース 2018/12/12
「ミシュラン・グリーンガイド日光国立公園 WEB版」を公開

台風12号による影響続報

博物館から情報入手。

光徳入口~光徳沼間 通行困難

戦場ヶ原からこんにちはより

中禅寺湖北岸 菖蒲ヶ浜~栃窪間

戦場ヶ原からこんにちはより

昨日も博物館と、「なにかあるとしたら北岸だよね。」なんて会話をしていたけれど、やっぱりかぁ。

オイラも昨日出て来たんだけれど、オイラが潰したのは赤沼~小田代東間。
この区間は支障無し。

え?北岸が危ないと思ったなら、なぜそっちに回らなかったかって?

・・・オイラも2週間ぶりくらいに歩くのよ。
で、今夜は学校スライドがあってさ、状況見ないと話し辛いので、会社的お仕事優先。

 

今入手している限りの情報だと、こんな感じ?
博物館が竜頭滝上~小田代歩道に出ているらしいのだけれど、石楠花橋から北をどっちの道を歩いたか聞き忘れたので、そこは空欄。
で、確定情報じゃないけれど、昨日小学校団体が切刈を歩いたらしいので、異常がないか、あっても小学6年生が通行できるレベルと思われる。

=========

ってわけで。
今日は男体山の登拝祭の花火も見に行けなかったので、昨日のネタで。

久々にフィールドに出たなぁ。
ガイド以外だと2週間以上開いたんじゃないか?

湯ノ湖の西側でわかりやすいシカ道を見つけたので、スライド用にGet!

今回の学校は湯元から湯ノ湖の西側を経て湯滝へ、そこから赤沼へ。

ってことで戦場ヶ原へGo。

途中の泉門池でノリウツギに止まる3連のヨツスジハナカミキリ。
いろんな角度から見てみたら、上のオスがめっちゃ頑張ってるのが見えた(笑)

キチキチとモズが鳴いているのを撮っていたら・・・
ここから8歳女児と赤沼まで同行することに(笑)

雑談したり自然の話をしながら、夏空の戦場ヶ原へ。


すでにクサレダマが咲き始めていた。

おぉ、オシドリの雛がいつの間にやら若鳥に。

赤沼でバイバイした後は、低公害バスを使って小田代へ。

空は夏だけれど・・・

ノアザミもホザキシモツケも盛りを過ぎて、夏の終わりって感じ。

ここから、塗り残しだった小田代歩道へ・・・

これ、先週のCRTクリーンキャンペーンの時にも掲示されていたなぁ。
ちゃんと回収してくれよ。。。

久々に歩いたら、このゴミの量!

・・・久々だからだと思うでしょ?
台風が抜けた直後なのよ。
ってことは??

まだまだお役目は終わりそうもないなぁ。


って記事を書き上げたら、どうやら冒頭の2件は処理が今日処理が終わったらしい(笑)

速やかな対応に感謝感謝♪

変態熊、湯滝付近に出没中?

もう、お腹減ったよ。。。

今日は赤沼に昼前集合で、千手ヶ浜のみ1.5時間というまたも変則ガイド。
終って、赤沼に戻って雑談していたら、どうやら湯滝にクマが出ていたそうで。

ここ4日ばかり目撃が続いているのだけれど、このクマ、変わり者っぽいのだよなぁ。

オイラが集めた情報だとこんな感じ。
出没箇所が特定のポイントじゃないってのがどうにも。
これなら、いつぞやの湯滝入口付近のクマの方が、まだわかりやすい。

何か大きな被害が出たとか、そんな話は無いのだけれど、ちょっとねぇ?
擁壁の上に座っていたとか、なんでそんなアニメみたいなw

 

このクマが、【ちょっとねぇ?】と感じるのは、↓が理由。

1.目撃地点が湯滝駐車場付近に集中しているが、明確な誘因(餌)が確認できていない。

2.目撃時間が、一般的によく行動すると言われる黎明薄暮からズレ、日中である。

3.警察が対応に動いているが、警察が来てから2時間以上も動かず、また国道で大がかりな工事が行われているにも関わらず、出没を続けている。

4.人とツキノワグマの距離感が著しく近い。(5~30m程度)

5.行動から同一個体ではないかと考えられる。

6.周辺はハイキングコースとなっており、学校のグループ行動などと行動範囲が重なる。


バス停でバス待ちしてたお客様から魅せて貰った動画だと、クマよけ鈴の音がバッチリ入っているんだけれど、まるで気にしていない感じが・・・

何もなきゃいいけれど、皆さんも気を付けてね。

オイラも写真撮れていないので、ワザワザ見せつける為に写真を撮りに行くのは禁止!


最近はどうにも間が悪いらしく、お出かけしている先でクマの目撃情報を聞くんだよね(苦笑)

で、それを夕方になってから湯元に持ち帰ると、あら不思議!

湯元の街中での第一報になってしまうという w(◎□◎)w

そんなこんなで、地元の中で動き回っていて、昼めしを喰いッパぐれるという (T^T)

===========

戦場ヶ原開通と、熊騒動私見

2001年だか2002年だかに作った情報共有の組織図は、2012年には既に機能してなかった。

あれから6年。
また形骸化しちゃった?

変なクマの目撃情報もさることながら、こっちの方がより問題が大きく感じてしまうのは、オイラだけかねぇ?


そんな次第で、記事を書こうと思っていたけれど、急遽変更。

写真が無いのも寂しいので、昨日の光徳入口にて。

ホザキシモツケの開花を確認、と。

変則ガイド

今週は変則ガイドから始まる。

中禅寺湖がどうやら濃霧に覆われていたであろう日曜日。

コースは湯元~赤沼とある意味オーソドックスなルートだったのだけれど、ほぼコースタイムでガイドしながら歩くという。

月の頭には、湯元~湯滝で2.5hなんて超スローガイドもあったのだけれど、オイラにとっては超スローな方がありがちのガイドなんだよな(笑)

そして、日曜日にガイドした方と、今週計3回お会いする。

昨夜は出張レクチャーで、今日はその子たちを連れて湯元~赤沼の間を、10人×9グループを1人で案内。

喋る、送り出す、追いかける、追い抜く、喋る、送り出す、追いかける、追い抜く・・・

疲れたw
戦場ヶ原を走り回っていたので、驚かせた人がいたらゴメンナサイ m(_ _)m

その間に撮ったイロイロ。

ワタスゲは・・・

崩れてきたので、見たい人は早めに!

アヤメや

ウマノアシガタが綺麗になってきた。

・・・今年、花をつけているカンボクを殆ど見てないのだけれど?

ノイバラが咲き始め。

ダビドサナエのペア。

フタスジチョウが飛び始めた。
日曜日はチラホラだったのに、今日はウジャウジャ飛んでいたなぁ。

オシドリの親子と、写真は撮れなかったけれどマガモの親子も発見。

 

残念ながら、ダメなものも発見。
子供達のガイド中だったのに、どう説明したら良いのやら。。。

もっとダメなものも発見。
珍しくスーツを着ていたのに、まさかの雨の藪漕ぎ(苦笑)


来週は、千手ヶ浜のみで1時間というガイドも入っているし、なんか変則的なガイドが多いなぁ。

オーソドックスなガイドは、6/30のフラワートレッキング小田代編くらいか?

あ、そうそう。
6/23の戦場ヶ原編も、6/30の小田代原編も御申込みが入っているそうなので、1名様でもご参加可になってます。

6/23は、オイラは見学の回。
楽しみ楽しみ♪

クリンソウ観測史上最速開花!?

国道を走っていて、目に飛び込んできたものが気になる。。。

改めて、と。

やっぱそうだよ。
クリンソウが咲いているよ・・・

オイラ観測史上、最速の開花じゃね?

中禅寺金谷ホテル前の庭もトウゴクミツバが綺麗になってきているし、随分と早いな。

・・・まさか竜頭の滝はこの前の看板くらいだよな?

まだオオヤマザクラが咲いているんだから、さすがにねぇ(苦笑)

 

ほら、まだ早???

え??

竜頭滝のトウゴクミツバツツジがGW中に咲いた、だとっ!?

あ、滝の途中でも咲いてる。。。

赤沼から戦場ヶ原を通過して(略)

湯滝横でも咲いていた・・・

まさか?

おぉう、湯ノ湖でも咲いているじゃないか。。。

という事は、5/2に蕾だったアズマシャクナゲは…

デスヨネ~。

これなら、週末のイベントの時は花盛りじゃないか?
予定では、オオヤマザクラをメインにして、走りのアズマシャクナゲも観ようと思っていたけれど、これはこれで良し。

さぞや充実したガイドが展開される事だろう(他人事w)



ところで。
オイラは今日、赤沼から戦場ヶ原を経て、湯滝の階段を上って湯ノ湖に辿り着いたわけだ。

およそ4.5kmでゴミがこんなもの。

水辺に下りてみると、見る見る増える。

わずか50m程で、あっという間にゴミ袋がいっぱい。
釣り解禁から、1週間経ってないのだよ?

・・・釣り人ってのは、ご両親に躾をしてもらえないとか、そんな決まりでもあるんかね?

こちらに至っては、おむつトレーニングもしてもらえなかったらしい。
よくこんな場所で尻を丸出しに出来るもんだ。
よっぽどの時でも、水場からは離れてやるものだと思うんだけれど。

この後地元の人と話をしていたら、今年は特に酷いって。
毎朝ゴミ拾いしても、無くならない。
釣り人にトイレを貸すと、ナニが散乱している事すらあるらしい。

観測史上最速はまだしも、観測史上最悪ってのは・・・ねぇ?


こんな事もあったねぇ。。。

奥日光を愛する釣り人よ。

ほんの一部の心無い人の行動が、その属する集団のイメージを決めてしまう。
釣り人のマナーの悪さは、釣り人同士でしか解決できない気がするなぁ。

庵滝と氷瀑ツアー

6連続フィールドワークは、今日でおしまい。
刈込湖ツアー下見、庵滝ツアー下見、半日蓼ノ湖ツアー、一日刈込湖ツアー、一日庵滝ツアー、半日金精の森ツアー。

写真は色々あるけれど、とりあえずは昨日のツアー、行ってみようか?

前日刈込湖ツアーへと出かけたお客様の中から、
超がつくヘビーリピーターさん3名様を庵滝へとご案内。

しかし、タフだなぁ(笑)

 

先が長いので、前半の小田代まではツボ足移動。

太郎山が綺麗ですねぇ。
写真、撮れました?
じゃ、次行きま~す。次に止まるのは小田代。

素晴らしい青空、女峰も見えていますねぇ。
連山、撮れました?
じゃ、サクッと次行きま~す。

おぉ、オイラが行きたいラインにメイントレースがある。
土曜日に最初に入った人が、【解ってる】人だったみたい。
最短最適なライン取り。
目的地に行けそうだ♪

ちなみに下見の時は、ずっと沢の中をウロウロと歩いていて、水が流れている沢を4回?横断、水の流れる沢の真横にトレースという、【解っていない】人がとったルートだった。

 

てな具合で庵滝に到着~。

見事な青い洞窟は健在なれど、例年よりちょっと氷の付きが悪い?

あと、下見の時よりも氷の亀裂が広がった様な?
この日も滝を眺めている間に、バキって音が響いたし。

お~い、そろそろ行きますよ~!
『今までは序の口。お昼食べてからが本番です。』

は?

というわけで、本日のサプライズ目的地~。
名もなき氷瀑。

ほら、タイトルよく見て。
庵滝氷瀑ツアーでしょ? (^皿^)

せっかくスノーシュー履いてるんだし、トレースチェイサーには出来ない楽しみを満喫して帰りましょう(笑)

って、一人増えてるww


今回ツアーとしては初めて使った場所だけれど、ちょっとハードだったかなぁ。
ヘビリピさん達が少々お疲れっぽかったし。
と言いながらも、最後に絶叫滑り台で遊ぶわけだがw

そして、後から追い上げて来たお馴染みさんは、まだまだ元気に走り回っていらしたけれど(笑)

ツアーご参加の皆さま、今回の目的地の氷瀑を地図でちゃんと確認しておいてくださいね。
今までのツアーを思い出せば、場所の特定ができるはずですから。

 

ん? 場所がどこかって?
オイラがそんなん書くわけないじゃん。( ̄τ ̄)

ただでさえ、庵滝に来るのに、【初見なのにアイゼンしかない】、とか、【来た事ないけど地形図も持ってないとか】、そんなのがゾロゾロ来てるんだもの。

だって、自分で歩く気無いでしょ? この人達。
そんなんで来る場所じゃないんだよ。

観光資源の掘り起こしと、利用者の棲み分けは別の話さ。
事故でも起こされたらたまらんよ。

戦場ヶ原でスノーシューツアー


オイラにしては珍しく、昨日のツアーは戦場ヶ原・小田代原へ。

正直、スノーシューとしてはどうかなぁ?って感じだったのさ。

だって、雪の量がさぁ。。。(赤沼~小田代)

スノーシューで遊びまわるには、(小田代西側歩道)

全然足りない。(北戦場)

というか、そもそも戦場も小田代も、例えスノーシューが出来る積雪量であったとしても、夏道以外は歩けないからさ。

じゃぁ、なんで戦場ヶ原かって?

だってお客様が、「昨日は蓼ノ湖から小峠まで行って遊んできたから、今日は戦場ヶ原で。」って仰るんだもの。

お話を聞いていると、普段から山歩きはなさっているものの、ちょっと冬の活動は不慣れかなぁ?と思ったので、その辺フォローしつつ。

冬のお約束・動物の足跡も、オイラには3~5分程のネタに。

 


多少の風はあったけれど、日差しが出ていて暖かかったからね♪

今回のツアー中の注意点は4つ。

1.折れた樹木に注意。
小田代歩道の竜頭分岐⇒小田代方面へ3分程。
冬なので、あまり通行に支障はないと思うけれど、ご注意。

2.積雪不足に注意。
上でも写真を載せたように、森の中もまだ雪が足りなくて、ルートからちょっと外れると、笹を踏み抜きます。

3.蓼ノ湖周辺、道迷い注意。
ツアー参加のお客様情報では、蓼ノ湖周辺に沢山の足跡があるそう。
特に、蓼ノ湖北西に伸びる沢の方に、トレースが付いていたそうで。
湯元周辺のリボン付けは、多分12日過ぎだと思うので、自信の無い人は行かない事。

4.ラーメンの残り汁に注意。
小田代原の展望台で、
「飲み切れない」
「足元に捨てておけば良いよ」的な会話が。
小田代北の出口付近にも、雪にコーヒーを撒いたような痕が。
後から来た人は気分悪いし、野生動物にも悪影響が出そう。
冬に暖かい物が食べたい気持ちはわかるけれど、捨てなくても良い事を考えてくださいね。


さぁて、次回のツアーは、と。
関係者向け、リボン付けツアーかな(笑)

2月はかなり予約が入って来てるけれど、今年は何組の方をご案内出来るかなぁ?

奥日光スノーシューツアー