「小田代の紅葉・草紅葉」カテゴリーアーカイブ

初霜初氷2017&紅葉見頃に

いよいよ公式発表!

戦場ヶ原、初霜初氷の報が届きました。

いや、その前にもカメラマンの方から、霜が降りていたよ、とか霧氷見たよ、なんて情報があったんだけれど、奥日光的にはここの発表が公式かな、とね。

なんか今年は遅いなぁ。。。と思っていたのだけれど、同じ事を2014年にも書いていたw

2014年 初霜初氷

この報せが届けば、いよいよ秋が深まり、まもなく紅葉シーズンに突入♪

・・・

・・

なんて油断してる場合じゃないのよ?

初霜初氷の下りたこの日、金精峠はもう見頃と言っても差し支えない状況に。

いつもの黄色い景色になるには、もう少しかかるかな。

菅沼畔も道路沿いに紅葉が見られるので、一足早めのドライブなんていいんじゃない?

車が無くても、丸沼高原のゴンドラ利用者向けの無料送迎バスや、日光尾瀬片品エクスプレスを使うと、この辺りの景色を車窓から眺められるよ。

あぁ、白根山に登りに行きたい!


丸沼高原

日光尾瀬片品エクスプレス

小田代草紅葉2017&ツアー

【草紅葉、進む?】から凡そ1週間。

さてさて、小田代原の様子はどうなったかな?

奇しくも前回掲載と同日の9/16に発行されたNIKKEIプラス1のなんでもランキング【輝く草紅葉 秋を探しに】の紙面では、尾瀬、大雪に続いて堂々の第三位に選ばれたのが、ここ小田代原。

爽やかな秋らしい景色でしょう♪
まだ左から来ているホザキシモツケの帯に緑色が残るけれど、先週よりも発色が良くなったかな。

でも、今見るならば、木道の上からではなくて、低公害バスの1002号線を小田代原のバス停からやや戻るのが正解かも。

なかなか良い発色をしているじゃないの!

赤の盛りにはやや早そうだけれど、全体としてみた時には小田代原の草紅葉が見頃に入ったと言って良いのではないか?

.

もう一つのお奨め場所は、ここ。

う~ん・・・今一つ写真で表現できていないなぁ。
ちょうど、この辺りに光が入った時の淡い色彩の縞模様が、ミニ貴婦人と相まって、なんとも言えずに綺麗なのだけれど。
やっぱり現場に立ってこその風景だよなぁ。

そう、やっぱり現場だよ、現場。

と、あざとく繰り返したところで、ツアーのお知らせです(笑)

最近のガイドとしてのオイラはと言えば、貸切のオーダーが増えて来ていて、追加募集を掛けられる日程が殆どないのです。

が、今度の9/28(木)には貸切じゃないツアーのオーダーが入っています。
つまり、追加募集を受け付けられる、というわけで。

今のところの御申込みは年齢層が高めなので、ゆったりツアーになると思うのだけれど、良かったらご一緒にいかがでしょう?

詳細、御申込みは↓な感じで~す。

==========

〈日程〉 2017年9月28日(木)
〈時間〉 12:45~16:00頃
〈行程〉 赤沼=低公害バス=小田代~泉門池~戦場ヶ原~赤沼
〈料金〉 4,500円/一人(小西宿泊者2,700円)
〈募集〉 残り6名
〈申込〉 0288-62-2416
またはメールフォームにて。

〈内容〉
草紅葉の小田代原と戦場ヶ原を歩きます。
例年ならば鮮やかな草紅葉が見られる頃合い。
コースの大半は平坦に整備された木道です。
木々に先駆けて色づく草本類など、秋の気配を探しに行きましょう!

〈備考〉
12:45 赤沼情報センター集合
13:10 赤沼発低公害バス乗車(実費片道300円)

雨天決行、荒天中止。
天候等により当日コースが変更・中止になる可能性があります。
催行に関しては細心の注意を払いますが、怪我をせぬ様ご注意ください。

=============

これ以外の日程でも、リクエストさえ頂ければご案内はしてましてよ?
と、たまには告知記事w

にっぽんトレッキング100 奥日光編放送決定!

新年早々更新が止まっていたのは、ロケ対応をしていた為でして。。。


1月5日 歌が浜


1月6日 小峠


1月7日 戦場ヶ原

3日間に渡る奥日光ロケも無事終わり、ついに情報公開!

番組はNHK-BS にっぽんトレッキング100.

2017年1月27日(金) 19:00~19:30 奥日光冬編

直前までまるで雪が無くて、ドキドキやきもきしていたけれど、取材日は奇跡的とも言える3日間!

どんな景色が見られたかは、番組をお楽しみに!

って所なんだけれど、そぞろ読者の皆さんには、その一部をそっとお知らせ。

どうよ?いいでしょう~♪

是非、見てみてね(^_-)-☆


と、いう所で、内心ツッコミ入れた方、よく覚えてましたねぇ。
わずか1行の告知を。

テレビロケ終わった~!

実は、この日の取材も同じNHK-BSのトレッキング100.

この日の放送は、奥日光冬編の前日に放送されます。

2017年1月26日(金) 19:00~19:30 奥日光秋編

 

つまり、二日間連続でテレビで奥日光が放送されるわけです! ハイ,ハクシュ~!

秋編の撮影日も、素晴らしい天候に恵まれた日だったので、併せてお楽しみください。

ご案内させて頂いたのは、2回とも黒川芽以さん。
途中、女優さんに対してチョイチョイ失礼なガイドを展開したけれど、笑って対応してくれた良い方でした~。


思えば、NHK-BSとは不思議とご縁が。。。

2013年 撮影放映の にっぽん百名山 男体山

2015年4月29日生中継 にっぽんトレッキングBEST20

 

いやいや、ありがたやありがたや。
けっこう声をかけて頂けるのさ。

「テレビ見ましたよ!」って。

オイラの出演云々よりも、奥日光の露出が上がるのが素晴らしい。

もっとも、併せて「鼻の下、伸びてましたね。」とか言われるけれどもさ。(=”=)

別に黒川芽以さんや浅田舞さんなんて美人さんと一緒だったからとか、そんなんじゃないかんね?

オイラ、ガイド中は常に笑顔だからね?

ホントだよ??

・・・いつもと同じ笑顔だよね?


NHK-BS にっぽん トレッキング100

黒川芽以さんツイッター

カラマツの黄葉

161026_sanobonmatu

昨日の奥日光は荒れ模様。
朝は道路や駐車場がカラマツの落ち葉で真っ黄色に。

161026_odasiro

とは言え、小田代のカラマツ金屏風はまだまだ綺麗♪

と、ここまでは順光写真。

夕暮れ時のカラマツ林は、また違った美しさがあるのですよ^^

161026_sainokonamiki

161026_aruku

こんな道を歩いてみたいと思わない?

西ノ湖へと続く歩道が、こんな景色が見やすいのです。

奥日光の紅葉_16年10月21~22日

テレビロケ終わった~!

161020_tyuuzenjikojou

久々に漕いだけれど、カヌーも楽しい物だ♪

気になる放映日は・・・

まだ決まっていないんだってさ。
さて、ようやく落ち着いたので、紅葉情報を。

 

161021_odasirokaramatu

10月21日朝 小田代原のカラマツ見頃。
霜を狙いに行ったのだけれど、霜無し、靄無し。。。

161021_senjou

10月21日 戦場ヶ原。
真ん中を流れ落ちるカラマツの帯。
山の上は黄色く、下も黄色く、でも中ほどはまだ緑色。

161021_yutaki

10月21日 湯滝  紅葉見頃。


161022_aketidaira

10月22日 第二いろは坂明智平

161022_daiiti

と、そこから見た下りの第二いろは坂。
一足飛びに色づきが進む。

161022_boathouse

10月22日 ボートハウス前から中禅寺湖。
取材初日の20日に驚いたのはここ。
月曜日には殆ど緑色の景色だったはずなのに。。。

161022_senju

10月22日 千手ヶ浜
ここや俵石など、中禅寺湖西側の湖水近くは色づきが鮮やか。

 

161022_totikubo

10月22日 栃窪。
21日の取材日にゲストの方が一番気にいったという場所がコチラ。

161022_akaiwa

そして、赤岩の下を行く親子カヤック。

と、久々の紅葉情報をアップしたわけなのだけれど、ここで大事なお知らせが一つ。


 

今度はレンズが壊れました・・・ (==)
この繁忙時期に。。。

奥日光の紅葉_16年10月13日

今日のコースは、
竜頭滝上~竜頭滝~菖蒲ヶ浜~千手ヶ浜~西ノ湖、小田代~赤沼。

竜頭滝上・・・見頃
竜頭滝・・・7.5分(盛り直前)
中禅寺湖北岸・・・色づき始め、赤岩付近一部見頃。
千手が浜・・・北岸色づき始め、南岸俵石付近7分。
千手の森・・・色づき始め
西ノ湖・・・色づき進む
西ノ湖カラマツ・・・色づき進む
小田代カラマツ・・・色づき進む
小田代~赤沼ミズナラ・・・見頃

北岸菖蒲付近でキビタキ雄一羽
中禅寺湖でハジロカイツブリ数羽
小田代歩道でフクロウ一羽

 

いつもと書き方が違うって?
・・・いやぁ、今日は画像がイマイチでさぁ。

一応貼ってみるけど。。。
161013_ryuuzuue
竜頭滝上

161013_ryuuzutaki
竜頭滝

161013_akaiwa
北岸赤岩歩道

161013_senjugahama
千手ヶ浜より北岸

161013_tawaraiwa
千手ヶ浜より南岸俵石

161013_sainokohigashi
西ノ湖東岸

161013_odasiro
小田代カラマツ

161013_mizunara
小田代歩道ミズナラ林

ね?イマイチでしょ?

竜頭滝上で写真撮ろうと思ったら、電池なくってさ。
昨日の夜には2メモリか3メモリはあったはずなんだけれどなぁ。

なんで、スマホ撮り。
オイラのスマホは防水耐衝撃重視なんで、画質は今一つなんだわ。
明日はちゃんと充電して持って行きますっ (`・ω・´)ゞ

この週末は竜頭滝と、赤沼~小田代間のミズナラ林、それと湯ノ湖周辺の紅葉が見頃だと思うので、オススメで~す。

奥日光の紅葉_台風一過

台風18号が通過した奥日光。
取り立てて異常はなかったっぽい。

雨も然程降らず、風は強かったけれど落枝さえ殆どない程度。

台風が過ぎた後には、爽やかな青空。
前回投稿の金精峠も・・・

161007_konseidouro
やっぱり青空の方が素晴らしいね♪

って事で。

金精峠より 画像は全部今日の物。
161007_konseitouge
赤は盛りで、黄色はこれから。


湯ノ湖 兎島

161007_usagijima
兎島突端は色づいたけれど、見頃にはまだ早い。

湯元

161007_yumoto2


小田代原

161007_kihujin
赤くならずに終わってしまった草紅葉も、こうしてみると渋い色合いがアクセント。
カラマツが色づき始め。

161007_odasiro
小田代原周辺のミズナラ林の黄葉が始まっていた。


戦場ヶ原

161007_senjou
まだ緑は残る物の、草紅葉がいい感じ。
戦場は赤を必要としない草紅葉だから、今年も綺麗に色づくのかな?


竜頭滝は光条件により、いろんな写真。

161007_ryuuzutaki

あまり変化を感じないなぁ。

161007_ryuuzuueugan
竜頭滝上右岸

161007_ryuuzuuesagan
竜頭滝上左岸

161007_yukawa
おまけ。

あくまで感覚的なものなんだけれど、例年の9月末な感じ。
こんな時は紅葉予測とかはかなり難しいから、やんなっちゃうぁ。

奥日光の紅葉_2016年10月3日

と言いつつ、10月2日の画像をとり混ぜて(笑)
…昨日あげるつもりで寝てしまったとか、そんなことは決してないからね? (///)

湯元温泉、湯ノ湖、小田代原、西ノ湖、竜頭滝、中禅寺湖の6か所。


湯元温泉 10月2日
161002_yumoto

10月3日
160103_yumoto

160103_akigesiki

160103_enti


湯ノ湖 10月2日

161002_yunoko

.

同じく湯ノ湖 10月3日

160103_yutakiue


小田代原 10月2日

161002_odasiro

161002_hozakisimotuke

まだ葉をつけている株もあるけれど、ホザキシモツケの色合いを見ると今年は終わりかも。。。


西ノ湖 10月2日

161002_sainoko

肉眼では紅葉が始まっているのがわかるけれど、写真だとイマイチ。
途中のカラマツ林も同様。

161002_sainoko_karamatu


竜頭滝 10月3日

161003_ryuuzusita

竜頭滝壺

161003_ryuuzuue

竜頭滝上。
去年は10月1日に滝上が見頃だったけれど、今年はようやく黄色くなり始めたっていう感じ。
台風抜けて冷え込んでようやく?


10月3日 中禅寺金谷ホテル前

161003_kanayamae

竜頭でまだなら、いわんやをや。

 

初霜初氷2016

昨日の午後、雨上がりの合間に小田代へ。
低公害バスで往復しようと思っていたのに、バスに間に合わず徒歩で向かう。

道中のぬかるみがひどかった。
もうね、大きな水たまりやら、大きなぬかるみやらがアチコチに。
まぁ、最近雨続きだったから、致し方ない所ではあるのだけれど。

え?画像ないのかって?
いつも使っているPCが長時間のシステム更新に入ってしまって。。。
予備PCで作業してるんだけれど、画像はいつものPCの中という( ̄Д ̄)

でも、肝心の小田代の画像はあるのでご安心を。

草紅葉の様子が気になっているでしょう?

160929_odasiro

う~ん。。。
色づいてはいるんだけれどねぇ。
もうちょっと冷え込みがあれば?

幸い、ここのツアーは10月2日に組んでいるから、それまでに多少は冷え込みが来るでしょう。


なんてノンビリ構えていたら、

三本松茶屋FBより
三本松茶屋FBより

冷え込みがキタ。
というか、霜が降りて氷が張った (=△=)

いやぁ、どうしましょ??
霜が降りると、草紅葉も終わることが大半なんだけれど。。。

いや、今年は例年のように発色する前だったから、もしかしたら無事かも!?

・・・10月2日はしゃべり倒すことになりそうだ。。。


ちなみに、去年の初氷は10月3日、初霜は9月22日で記録してあって、その前は・・・

面倒くさいのでリンク。 2014 初霜・初氷


三本松茶屋FB 当該記事

小田代草紅葉ツアー