「山王林道」カテゴリーアーカイブ

男体山で初雪

2020年10月17日 男体山ライブカメラ 初雪

なんか寒いなぁ・・・と思って、薄手のセーターをまとって出勤。
湯元から見える五色山腹の上部に白いものが。
大体、標高2,100とか2,200とかそんなもの?

男体山の山頂ライブカメラを見てみたら、こちらも一面真っ白。
夕方、山の恰好をしてチェックインなさったお客様とお話をしていたら、白根の山頂には4~5cmの積雪があったってさ。

しばらくは山に登るときは日陰に注意。


以下、今週撮影していた紅葉画像。
・・・紅葉はリアルタイムに意味があるのに(´Д‵)

10月12日

2020年10月12日 湯ノ湖 兎島
2020年10月12日 湯元 紅葉
2020年10月12日 金精道路遠望
2020年10月12日 戦場ヶ原
2020年10月12日 ミズナラ林 黄葉見頃
2020年10月12日 キツネ
2020年10月12日 山王林道

10月13日
日光駅から霧降を越えて川俣、山王林道と走ってまた日光市街へ。

2020年10月13日 霧降六方沢 紅葉見頃
2020年10月13日 蛇王の滝
2020年10月13日 瀬戸合峡
2020年10月13日 川俣湖
2020年10月13日 山王林道 路肩崩壊
2020年10月13日 山王峠

10月14日

2020年10月14日 竜頭滝 紅葉見頃
2020年10月14日 竜頭滝上 紅葉盛り
2020年10月14日 湯ノ湖黄葉
2020年10月14日 湯ノ湖 紅葉見頃
2020年10月14日 湯ノ湖 紅葉
2020年10月14日 湯滝 紅葉見頃

金精道路開通すれど

今日は金精道路の開通日。

今日も朝から雪。金精道路の開通は今日だけれど、峠付近は積もってるかもなぁ。

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年4月19日日曜日


天気予報が雪で、朝の湯元も雪だったので、どんなものかと様子を見に行ってきたけれど。

ゲートオープンで、トンネルまで一気にあがる。

やっぱり道路は除雪をかけたみたい。

菅沼まで足を延ばしてみたけれど、沼は相変わらず凍結のまま。
路肩の雪は新しい雪があったせいか、ちょっと多く感じた。
この状態なら、当面朝晩は凍結しそうだな。

今日は生憎のお天気だったので、素晴らしい奥日光の眺めはまた今度ね。


買い出し途中の山の下。昨日と同じ日光というのに、この違い(笑)甘い香りが漂う菜の花畑。ご自宅の画面からも香りが伝われば良いのに。

奥日光そぞろ歩きfbさんの投稿 2020年4月19日日曜日

昨日の日光市街地なんて、こんな春の眺めだったのに、わずか1時間で景色が、季節が違う。
わかっていても、やっぱり変な感じ(笑)

2020年の金精道路開通予定早まる

という噂を聞いて確認をしてみたら、3月27日付で発表が出てました。

冬季閉鎖中の国道120号線 栃木県日光市湯元~群馬県片品村丸沼間(通称金精道路)は、

令和2年4月24日(金) ⇒ 4月20日(月)

ただし、いつものセレモニーは無くなるかも。。。

その他、この春はちょっと情報がややこしいので、久しぶりに地図に落としてみたんだけれど・・・

3/28と3/30の確認時点。
多分、あっている・・・と思う。
2020年4月以降 奥日光冬季閉鎖解除等一覧図(暫定版)

全部書くと大変なので、例年と違うところだけ抜粋。
 
東武バス 
  東武バスのダイヤ改正が延期に。4/25までは冬ダイヤだって。(地図には書いてないけれど)

金精道路
 この記事通り。開通早まりました。

山王林道
  台風19号の影響が甚大で、復旧にはまだかかるらしい。

さかなと森の観察園
  4/1から公開を再開。園内は以前より若干狭くなるそう。

戦場ヶ原の歩道
 1.5/7を目途に、湯滝⇔泉門池の移動ができるように。
 2.木道は秋まで復旧にかかるそうな。

その他歩道
 湯滝横階段 GW明け頃から柵をつけるとか。約1か月通行止め

 竜頭滝横階段 現在工事中。GWまでには開通見込み。
 
 菖蒲遊覧船乗り場付近 ここも通行止めだけれど、短区間なので国道使用? 4/2~7/22予定。
 
 菖蒲ケ浜~千手ケ浜 一部通行止めを含む工事が予定されていて、4~7月らしい。個人的にはダメージがデカイ。


このくらいかな?
まだ詳細がわからないものもあるので、一応暫定版。
 
ついでなので、まとめてかいてしまうと。
 
今年は残念ながら、弥生祭りが中止。
また、東照宮の例大祭も中止だそうです。


金精道路・中宮祠足尾線冬季閉鎖情報 
(県日光土木事務所管内の冬季通行止め等について)

東武バス On-line

さかなと森の観察園

金精道路等冬季閉鎖予定 2019

2020年の金精道路開通は早まりました。(2020年3月30日)

いやぁ、ついに来たねぇ。この季節が。

2019年11月20日 朝 湯元温泉

オイラは昨日お出かけしていて、いなかったのだけれど、昨日は朝から雪。
湯元は朝に1~3㎝程度積もっていたんだって。

2019年11月20日 金精道路

なんと、こんな路面状態だというのに、単車が峠に向かって走っていったのだとか。

冬や春になると、金精峠や金精道路のライブカメラを探して辿り着く人が多いのだけれど、金精峠にはカメラは無い。

でも、金精道路の入口、湯元との分岐点にはカメラがある。
せめてこのくらいは確認をしてもらうと良いと思うのだけれどな。
 
ちなみに、このライブカメラは竜頭滝にも設置されていて、そちらを見ると、

この日は、竜頭滝でも路面積雪があったことがわかる。
 
このライブカメラは、リンク集にも入れてあるけれど、栃木県のとちぎ道路管理情報のもの。
せっかくあるのだから、有効活用してくださいな。

ライブカメラリンク


さて、ようやく本題。
今年度の奥日光道路閉鎖情報です。

国道120号線 (通称:金精道路)
閉鎖区間:栃木県日光湯元~群馬県片品村丸沼スキー場入口間
閉鎖期間:令和1年12月25日 12:00 ~ 令和2年4月24日 4月20日 12:00

中宮祠足尾線
閉鎖区間:立木観音先ゲート ~ 半月第二駐車場間
閉鎖期間:令和1年11月29日 12:00 ~ 令和2年4月10日 12:00

山王林道
閉鎖区間:光徳アストリアホテル先ゲート ~ 川俣噴泉塔ゲート
閉鎖期間:台風19号以降 ~ 未定


と、ここまで文字列打っておいていうのもなんだけれど。
公式のサイトに行くと、わかりやすい地図が乗っているので、そちらを確認してね~。


金精道路・中宮祠足尾線冬季閉鎖情報 
(県日光土木事務所管内の冬季通行止め等について)

山王林道閉鎖情報 (県環境森林部林道情報)

2019竜頭滝紅葉見頃と戦場ヶ原一部開通

今日は予定通り朝からガイド。
中禅寺湖一帯までは霧が凄かったらしい。

高山から流れ降る雲ってのは初めて見たな。

小田代は紅葉が徐々に上がっていく所。
草紅葉に続いて、紅葉も見頃でしょう。
 
ガイドが終わった後は、竜頭滝へ。

ガスっていたので、色調が今一つだけれど、見ごろと言って良さそう。
なんか、今朝依田さんが来ていたんだって?

中ほども紅葉がそろそろ見頃?

もうちょっと発色しそうな気もするけれど、

あれ???

あ、やっぱりそうだ。
真ん中のシナノキの足元から植物が消えてる。
台風で削り取られたか。

181010 竜頭滝

あまり色づかないものだったみたいだけれど、ちょっと彩が減ったかな?


昨日の投稿で、
「明日また状況が変わりそうだから、今日は地図の更新無し!」って書いたので、地図をアップしましょう。

何が変わったでしょう~か?
と振ったところで、タイトルに書いてるからなぁ(笑)
色々と追記したけれど、一般的に大きいのは戦場ヶ原の部分。

緑色の線を書き加えたけれど、一部分通行可能になったんだ。
泉門池方向から来て、

このオブジェの場所の北側までが通行できるって。

台風19号で戦場通行止め

なので、こんな戦場ヶ原らしい景色を眺める事ができるようになったわけだ。
この辺は被害無かったしね。
 
但し、その先は当然通行できないので、袋小路。
それを解ったうえで歩きましょう。

正式発表は古巣で確認してね。


日光湯元ビジターセンター
 
栃木県林道情報


そういえば。
古巣の情報が、テキストベースじゃなくなった。
今になってようやく地図化された経緯が気にはなるけれど・・・
まぁ、許したらぁ(笑)
 
もうちょい早ければ、オイラが作らなくても済んだのに。
情報を欲しがる人が沢山いるので、勝手に地図を作って、アッチコッチにばらまいてしまったので、当分続けないとな。
 
・・・あれか?
オイラが勝手に色んな場所に情報ばらまくから、それで片が付いてしまって問い合わせやクレームが行かないのか??
止めちゃえばいい?
・・・いや、でもなぁ。地域的には・・・

工事が済んで山王林道

ようやく行けたよ・・・

戦場ヶ原方面は曇りだったのだけれど、山王峠まで上がってみたら、川俣方面が雲の中。
 
まぁ、工事の後の様子を見るだけだし、工事個所はトンネルだったはずだし、影響なかろ。

あれ??治山碑まで着いちゃった。
どこで工事してたんだ??
戻りつつ見てみるか。

よく見たら上半分が新しいじゃないか。
なんだぁ。拡幅とかしたわけじゃないのか。

・・・トンネルの壁に計算の痕跡がw

しかし、3連トンネルの間のガードレールが恐ろしい事に。
これ、支え切れるんだろうか??

とりあえず工事が終わったので、無事走行可能、と。

道中では、コマドリも見られたし、らっきーらっきー♪
続いて、志津林道へ・・・

おっ!?

山王林道閉まって開く

昨日は夜に学校スライド。

1時間を終えたら、校長先生が近付いてきて

「あの、普段は何してる方なんですか?」

…スライドの時はスーツで行くからか?

「こういうのは、あまり沢山見ていないのですが、1時間引き付けたままにするというのは、多分なかなか無いです」

なんでも、後ろから見ていても子供達の目がキラキラしてるのが分かったんだそうで✌️

そして、その後に生徒さん達からの謎の握手会(笑)

今月はスライドがあと4本。全部こんなご評価を頂けるようにしたいな。

閑話休題。

以前、山王林道開いて閉まるって記事をアップしたでしょ?

工事終わったみたい。
2019年7月11日の15時に閉鎖解除の予定だってさ。

様子を見に行けたら、またご報告を。


栃木県林道情報


と、県のサイトを見に行ったら、裏男体林道の閉鎖が解けてる??

様子を見に行ってこなくちゃ!

アチコチ残雪状況

情報を持っているのに使えていないという残念な状況。

例えば、湯ノ湖の歩道を開通して!とお願いをして、半分は開けて貰えたけれど、残り半分の西側はとても歩けそうもなかったという

自然公園財団日光支部様提供

湯ノ湖西側歩道の残雪状況とか。

例えば、山王林道開通後、様子を見に行った時の

今年の残雪はこんな程度だけれど、今年は5/6までしか走れないよ、とか。

この3連トンネルを工事するっぽくて、

峠を越えた先にあるゲートから、通行止め。
前に記事にしたものの復習だね。


それから、男体山の状況。

Out of curiosity #3 Layla様より

4/28時点の9合目がこんな状況だって。
6合の樹林から凍結が見られて、アイゼンをつけて外してを繰り返し。
写真の辺りもトレースを外すと踏み抜く箇所もあるとか。
 
情報提供は、べー太スパルタ学校自発的卒業生のLayla様。

平成最後の投稿はネタの半分以上が借り物でした m(_ _)m


日光湯元ビジターセンター お知らせ
 
山王林道開いて閉まる
 
Out of curiosity #3 男体山トレイル状況

山王林道開いて閉まる

今日はお出かけするつもりだったのに、事務所フォローに回らざるを得ず⤵️⤵️

夕方にチラシ配りで湯元を歩いただけ。

写真の足湯は4月20日に再開。

しかも、事務所に戻ったら、お客様がアオシギを綺麗に撮影して帰ってくるし。

さらに、以前も撮ったことあるとかで、あまり嬉しそうじゃないし。。。

明日は事務所の様子に関わらずお出かけだ!

GWも近いし、アチコチ見ておかないとね!

ということで、GWネタを1つ。

例年GW直前に冬季閉鎖があける山王林道。

今年もその例に漏れず、4月26日の正午に開通します。

開通するのだけれど、5月7日に再閉鎖。

次に開くの、7月19日だって。

解りやすく言えば、だ。

4月26日正午から5月6日までのGW期間中だけ走れます。と。

山王峠を越えて旧栗山側に抜けると、小さいトンネルがあるじゃない?

あれの工事するんだってさ。

閉鎖区間は、峠を旧栗山側にちょっと下った所にあるゲートから、 間欠泉の辺りまで。

光徳から山王峠までは通行可能。

詳細は下でね。


栃木県林道情報

新元号の発表で釣る

4月1日で、新元号発表で、だったので釣り師が現れるかと思ったけれど、そんな事はなかったみたい?


あたらしい元号は「令和」だそうで。
きっとこんなスクショがネット上には沢山溢れてるんだろう。

さて、新元号が発表になった平成31年4月1日朝。

湯元は積雪してました。除雪していない所では10cmくらい。

所々では路面も凍結。
4月になっても、まだまだ油断できないのが奥日光。
でも、日差しが当たるとすぐに溶けて乾くんだけれど。
なんてことを書いていたら、外では雪がチラチラ。
よもや明日の朝も積もっているんじゃあるまいな?
除雪したのに。。。

さてさて。
新元号の発表で釣る人はいなかったようだけれど、新元号の発表日でも釣っている人が沢山。

今日は中禅寺湖の岸釣り解禁日。

しかし、水少ないなぁ・・・
20m程湖が小さいや。

ちなみに。
新元号「令和」初日は、湯ノ湖の釣りの解禁日。
10連休の最中でもあるし、例年以上に賑わうのかも。

その他、4月から奥日光はアチコチ春仕様。
今年は地図が作れなかったけれど、大雑把にはこんな感じ?

冬季閉鎖解除・施設再開予定日
4/1  東武バス春ダイヤ運行開始
   中禅寺湖ボートハウス
   中禅寺湖岸釣り
4/2  英国・イタリア両大使館別荘
4/12 中禅寺湖機船
   正午 県道中宮祠足尾線
4/20 湯元足湯あんよの湯
4/25 正午 金精道路
4/26 低公害バス・赤沼情報センター

毎年恒例、人気アイテムもアップしておきましょう。
東武バスの抜粋時刻表。(確認してはいるけれど、使う人は自分でチェックしてね。)