カテゴリー別アーカイブ: ニュース

湯元にコンビニOPEN!

本日、8月4日。
なんと湯元温泉にコンビニがOPEN!!

品揃えは…

ハイカーの味方、おにぎりやお弁当!
・・・11時頃に売り切れたって。

お菓子に、

おつまみ。

パンや調味料、カップラーメン。
湯滝でも人気の大福もあったんだって。

および、雑貨の数々。
ざっと置いてある品々は…

ノート、電池(単四単三)、軍手、スズランテープ、ストロー、スポンジ、チャッカマン、ライター、ウェットティッシュ、サランラップ、アルミホイル、割りばし、スプーン、紙皿、プラコップ、爪楊枝、トランプなどの玩具、トイレットペーパー、ティッシュ、キッチンペーパー。
リップ、ヘアゴム、裁縫セット、メイク落とし、男性用洗顔、マスク、熱さまシート、USBケーブル、ポータブル充電器、消しゴム、のり、ボールペン、歯ブラシセット、剃刀、髭剃り、除菌シート、マウスウォッシュ、シェービングフォーム、歯磨き粉、消毒液、スキンケア用品、虫よけスプレー、日焼け止め、生理用品、絆創膏、避妊具、ポケットティッシュ、綿棒、シャンプー・リンス、フェイスタオル、ストッキング、台所用洗剤、衣類洗剤、ハイター、アースジェット、ファブリーズ、衣類防虫剤

と、大体のものは揃っている感じ。

打ち込み疲れた。。。

お店自体は、この奥のスペースだけなので、湯滝のコンビニに比べれば小さいけれど、

なにせ、湯元で7:00~21:00まで営業していて、歩いて行けるというのが、住民にとっても利用者にとっても心強い。

10月になると、お酒やたばこも取り扱う様になるんだってさ。

 

 

ちなみに、暑い夏のお供、アイスも売っていたので、ちょっと一息(笑)
背景はコンビニが設置された【おおるり山荘】。
ここの玄関入ってすぐ右が、山崎のYショップ。

無論、コンビニなので、商品はいずれも定価売りされていますよ~。

という、小さいけれど大ニュース!!でした。


おおるり山荘 奥日光湯元温泉

湯滝レストハウス

コンビニ曝し上げ (湯滝コンビニOPEN記事)

男体進水

6月某日

「今年も7/18にツアーよろしく。どこがいい?」

『・・・7/18? だとしたら、お昼前には中禅寺湖にいられるようにしましょう。二度と見られないシーンを見られるはず!なぜならその日は・・・』


よしっ! 間に合った!!

今日は中禅寺湖機船の新造船、【男体】の進水式。
式典には間に合わなかったけれど、オイラのツアーの本番はここから。
きっと、人生でただ一度の経験になる!!

Come on !!!
お!? こっちも新しい船だっ!

オイラの提案した人生ただ一度の経験とは…

曳航される遊覧船を湖上から眺めてみよう!!

曳航というので、牽引される感じをイメージしていたんだけれど、牽引すると操舵が出来ないとかで、並走しているんだって。

というわけで、二度とない体験&他の誰も撮っていない、遊覧船【華厳】に曳航される新造船【男体】の姿をどうぞ!

オイラはこのショットが一番好き。

でも、お客様はこのシーンの迫力が素晴らしいとお気に入り。

華厳と男体と男体山。

もうちょっと船首がこちら向きだったら、バッチリだったんだけれど。

遠く去り行く2隻の遊覧船。


他の誰も撮影出来ていないというのは、他にボートが浮かんでいなかったので。
なんせ、今日は瞬間的にザバザバと雨が降っていたもんでさ。

そんなザバザバの雨の中、千手ヶ浜まで迎えに来てくれたのは、いつもお馴染み【みはしや】さん。

しかも、今回は今年購入したばかりのおニューの船。
かっこよい船だったけれど、雨が酷かったからあまり写真撮れなかった。。。


で、この新造船【男体】は暫くの間、立木に停泊していて、お盆過ぎごろに就航するのだそうな。

8月下旬は新造船【男体】で中禅寺湖を巡れるんじゃないかな?


中禅寺湖機船

みはしやフェイスブック

男体山のライブカメラまたも復活

お待たせしました!
長らく故障していた、男体山のライブカメラ、7/11付けで復活しました!!

・・・またも復活に駆り出されました(; ̄Д ̄)
地域の為ならえ~んやこ~ら、っと。

今回はいつもの社長さんがご都合がつかず、その部下の人と。

うん、この頃はまだ元気だったなぁ。

杖かw

人様に見せられない顔なので、本人のリクエストでぼかしを入れてありますww

赤ザレを必死に登っております!

ご一緒した神社さんとの対比www
もう少しだぞ。
振り向くと絶景だぞ~!

それでも、登りながら取引先に電話したり、山頂でライブカメラ復活させたりと、なんだかんだで大したもんだよなぁ。

と、弄りまくっているけれど、それなりにエライ立場だったような気が(笑)

あ、上のは360度カメラで撮影したもの。

こんな写真もあるよ~。

と、余裕綽々のオイラなわけだが。
オイラの本当の仕事は、帰り道に待っていた。

いつぞや持ち上げたバッテリー20㎏の荷下げ。

朝には素晴らしかった景色も、下山時にはガスが一面に広がってきて。

まぁ、何はともあれ。

登拝祭に間に合って良かった。
登拝祭の期間は、7月31日~8月7日。
この期間は夜間登山が出来るので、山頂ではご来光に出会えるかもっ!


二荒山神社 大国乃眼

日光観光ライブ情報局 日光パノラマビュー

男体山からご来光

今更ながら【男体山が活火山に認定された】

なんか、昨日のテレビニュースでとうとう発表があったんだって?


[男体山が活火山に認定]

とっても今更感があるけれど、ホットな話題みたいだからネタにしてみるww

今更のその1.
実は今春、「6月に男体山が活火山に認定されるんだって!!」と話題になっていた。

今更のその2.
もう10年近く前からの話題なんで、個人的にも今更。

今更のその3.
【男体山が活火山に認定】とかニュースが踊ると、とんでもないことに聞こえるけれど、実生活上は特段何も変わらんのさ(笑)

どういう事かというと…


まずは火山の分類(を大雑把に)。

学生時代に遡ると、『火山は活火山、休火山、死火山に分けられます。』なんてことを習った覚えがない?

  • 活火山…現在活動している火山。
  • 休火山…現在は活動していないが、文献で噴火があったことが確認できる。
  • 死火山…歴史時代の噴火記録が無い。

この区分は2003年に【 活火山である Yes / No 】の2択に変更。

理由は

  • 火山の一生の中で有史時代は短すぎて参考にならない。
  • 技術進歩により、文献よりも古い活動記録も確認できるようになった。

なんてことで、3分類には根拠がないから。

で、活火山は次の様に定義された。

概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山(火山噴火予知連絡会)


で、男体山。

オイラもガイドを始めた頃には、

「男体山の活動は今から凡そ2万年~1万4000年前の間に行われ…」なんて習ったもんでさ。

ただ、最近は「7000年前までは活動をしていた」なんて説明するようにしていた。

なんでかって?

2008年に7000年前の噴火活動の記録が見つかったって記事を見つけたからさ ^^

ここが今更のその2の部分。


ここまでくると、今更その3は判るでしょう?

活火山か否かは最後の噴火活動から1万年経過が境目で、14,000年と言われていた男体山の最後の活動が7,000年前だと、最近判明した。

認定された!って言うと、なんかとんでもないことに聞こえるけれど、分類の基準が変わっただけで、実際は近年の間では何も変わっていないのさ。

今回の報道も、結びはどれも「男体山は現在平穏な状態にある」としてあるしね。


で、この【6月に男体山が正式に活火山に認定されます】という情報を春の段階で知っていたので、今更その1ですが、今更記事を書き起こす、と(笑)


いっそ、このホットな話題に乗っかって、【活火山男体山の痕跡探し!!】なんてやってみたら楽しいかもw

すっごい分かりやすい所としては、ブラタモリでも取り上げられた華厳滝?

エレベーター降りると、目の前にある華厳滝自体に目が吸い寄せられるんだけれど、そこを敢えて右側に!

こんなに立派な柱状節理が待っているのですよ~。

という、これまた奥日光観光にはオーソドックスすぎるトピックスを今更書いて、この記事は〆。


気象庁 活火山とは

日光市 男体山の活火山選定について

富山大学理学部 トピックス
日光男体山が活火山の可能性!

 

ミツバどころか・・・

5/18には、中禅寺湖でもトウゴクミツバを確認。
個体差があるけれど、週の半ばには見頃を迎えそうな気配。
きっと、新緑とミツバの鮮やかなコントラストが美しいはず!

なんて書いていた5/21.

トウゴクミツバツツジが見頃どころか・・・

シロヤシオが見頃で、

ヤマツツジさえも咲いていた(汗)

 

明日あたりだったら三色競演だった!?

でも、トウゴクミツバは少しずつ散り花が出始めていたから、どうだろう?

まだ見頃の個体もあるけれど、中禅寺湖の北岸でトウゴクミツバを見たいなら、早い方が良さそう。

・・・明後日と明々後日のイベントイメージをトウゴクミツバにしたけれど・・・

ま、いいかぁ(笑)
自然には逆らえません ^皿^

新緑もバッチリ綺麗だし、十分にお楽しみ頂けるはず。

それに、どちらも竜頭滝に行くから、トウゴクミツバはそこが見頃になっているさ♪


そんな今日の一日を、1枚で表現するとしたら・・・

こんな感じかな?


ちなみに、千手のクリンソウは開花を確認したけれど、

いつも早くに咲く水際がこれだもの。こっちはまだまだ。


そんなこんなな中禅寺湖を、ノンビリと歩きましょう~。

小杉国夫さんと行く 奥日光写真撮影ツアー

中禅寺 湖畔のトウゴクミツバジを撮る
芽吹きの森に色鮮やかなトウゴクミツバツツジ。 背景には青い湖や新緑の山々を組み合わせて。

日 程 :2017年5月28日(日)
時 間 :9:00~13:00(8:45集合)
コ ー ス:千手ヶ浜~中禅寺湖北岸で写真撮影~菖蒲ヶ浜~竜頭滝
集合場所:赤沼情報センター前
解散場所:竜頭滝駐車場
特記事項:赤沼⇒千手ヶ浜の低公害バス代は実費(300円)です。


奥日光フラワートレッキング 中禅寺湖編

日 程: 2017 年 5月 27 日(土)、6月 3日(土)
時 間: 12:00 ~15:30 (11:45 集合)
コ ー ス:竜頭滝~中禅寺湖北岸~千手ヶ浜
集合場 所:竜頭滝駐車場トイレ前
解散場所:低公害バス千手ヶ浜バス停

おすめポイント!
・滴るような新緑。
・週替わりのツジ群落。
・青い湖水と白砂浜の入江。
・適度なアップダウン


お奨めは・・・写真ツアーの方かな(苦笑)
だって、小杉国夫さんが講師で、オマケにオイラもお仕事同行するのだからww

御申込みは日光おでかけサロンまで。
電話:0288-54-2700

金精道路開通 2017!

本日正午、予定通り金精道路が開通しました!

今回は珍しく、開通式に出席。
(とはいえ、服装がスーツだった以外、行動は普段と変わらないw)

湯元のキレイドコロが、来訪者の方々に記念品を進呈してました。

記念品はこんなん。

現場にはとちまるくんと、日光仮面も登場。

が、登場シーンが・・・

控室から出られないwww

そして、なんと今日は・・・

自転車ライダーが!!
なんと、栃木市を6:20に出発して、この開通を狙ってきたんだってさ。
毎年様子を見に行っているけれど、開通初日に自転車は初めてだと思う。
でも、今後こんな人が増えそうだなぁ。。。


開通式が終わった後は、道路の状況確認。

今日のところは、まず心配いらないかな。

路面は一部に融水が出ていた以外は、大半が乾燥。
朝晩の冷え込みと寒気流入に気を付ければ、大丈夫でしょう。

あとはスピードとカーブに気を付けさえすれば、次々に現れる春の絶景♪

行く手には金精山。

金精峠付近から振り返れば、奥日光が一望のもとに。

こんな雪壁の真横を通り抜ければ、

未だ凍結している菅沼が。

 

走り慣れた道だけれど、やっぱりこの季節は美しいな♪

GWには是非ドライブをお楽しみください。


『マイカーじゃないんだけれど…』

って方もご安心を。

金精道路を走る路線バス、今年も運行します!

運行は、5/1(月)~10/29(日)。


明日は低公害バスの運行再開日。

山王林道は

4/28に開通予定との事。

いよいよ、奥日光も完全起動!!


日光・尾瀬かたしなエクスプレス号

ここのパンフレット、なかなかいい感じよん。
毎年の事だけれど、片品はすごいなぁ。

千手ヶ浜に造船ドック出現!

FBには現場から投稿したけれど、件名なんですよ!

今夏、中禅寺湖機船では新造船がデビューするって話は前々から聞いていたんだけど、どうやってあんな巨体を搬送するのかと思っていたら、パーツで運んで千手ヶ浜で組み立てるんだって!!

ちょうどオイラが千手ヶ浜に到着したら、こんな状態。

ちなみにこれは後方の船底パーツだそうで、石巻の工場で作成したものを、今日の夜中にいろは坂を運びあげたんだって。

つまり、到着したてって事だ。
情報知らなかったんだけれど、ヒキがいいな♪

現場で聞いたら、夏までの間にこれを組み上げて、周辺に囲いは作るけれど、組み立ての過程も見られるらしい。

できれば、タイムラプスかなんかで記録してくんないかなぁ?


本当は今日のメインは、北岸歩道の状況確認だったんだ。

ルートは菖蒲⇒千手⇒熊窪⇒高山峠⇒1002号⇒石楠花橋⇒菖蒲。
ほら、まだ低公害バス動いてないからさ。

行程中残雪があったのは、高山峠から1002号に向かう樹林の内部くらい。

ただ、そこそこたっぷりの雪が広範囲に残っているので、高山峠を抜けるならミドルカット+スパッツがあった方が良さそう。
ローカットだと、ズブった時に足首から入って来るんだよね。。。

他は大きな異常はなかったかな。

菖蒲から入ってしばらくの所に落石があったけれど、こいつはどうにもなりそうもないし、

生枝がぶら下がっていて邪魔臭い所があったりしたくらい?

ただ、春の北岸は落ち葉の道なので、こんなのを避ける時には落ち葉の下も意識しないと、踏み外したり捻ったりするかも。


今年の栃窪は、湖水が少なくて浜が広がっているので、いつも以上にビーチっぽい。

森林の夏鳥でもいないかと思って歩いていたんだけれど、残念ながら、今回は遭遇できず。

代わりと言っては何だけれど、

片角になったニホンジカ。

草を食むツチハンミョウの雌、

誰かに喰われた? アナグマの腕。

意外や意外、もう咲いていた(イワ?)ネコノメソウ。
ネコノメが奥日光で咲くのはGW頃かと思っていたけれど、確かに南面してるから、早く咲いていても不思議はないのか。
盲点だった・・・


さぁて、伝えたいネタが溢れて来た。どうすっかな??


中禅寺湖遊覧船 新造船ブログ

中禅寺湖釣り&ヒメマス解禁 2017!

今日は中禅寺湖の釣り解禁日。


前夜からの雪と濃霧にも負けず、釣りを楽しむ人の姿が。

そしてその傍らには、こんな看板。

【ヒメマス以外の持ち出し禁止!】

ということは、ヒメマスの持ち出しはOKという事ですね♪

例年ならば、

こんな絶好のロケーションで釣りが楽しめるので、ヒメマス狙ってみてはいかがデショ?

ちなみに、湯ノ湖・湯川は5/1解禁予定ね。


中禅寺湖漁協

全国内水面漁業協同組合 日光

17/3/31 神橋下国道通行止め

市街地を最近走っている人は気づいていると思うけれど、件名なんですよ。

通行止めの区間は、

9:45頃~10:15頃 大谷川公園~霧降大橋交差点
10:00頃~10:20頃 霧降大橋交差点~神橋交差点
10:05頃~11:05頃 神橋交差点~森友交差点
以下略。

ツールド栃木っていう、自転車レースの大会があるんだそうな。

その関係で上記は全面通行止め。

お仕事関係で奥日光から規制時間に日光駅に行くには?と調べてみたら、JR日光駅前(相生町交差点)、TOB日光駅前(GSと郵便局の間)は国道119号を車両でも横断可だって。

ん?
清滝ICから日光ICまで有料で抜ける以外に道がないでしょ?

但し、選手の通過3分前から通過完了までの間は、歩行者も含めて横断禁止だそうなので、電車の予定がタイトだと乗り遅れてしまう可能性が。。。

通常は15分くらいで走り抜けるらしいのだけれど、日光市街地ではパレードが予定されているとか。
もうちょっとかかるかもなぁ。。。


で、この区間が通行止めという事は、路線バスにも影響があるわけで。

こちらも問合せをしてみたら、まだ調整中。
決定次第、サイト上にアップされるそうなので、バスを使う予定の人は東武バスのサイトをチェック。


でさ?
オイラの職場は、奥日光は湯元温泉の宿泊施設なわけだけれどさ?

この通知文、来てないんだよなぁ。。。
こっちの社内で見落としている可能性もあるけれど、事務所内みんな知らなかったんだよねぇ。

いつぞやのマラソンの時もそうだったけれど、自分所以外の利用者の事も考えなきゃダメなんだってば。

でないと、他所から反感やら突き上げやら喰らって、やりづらくなっちゃうよ?

 

って、事務局に言っといた。
大丈夫!! やんわりと。だからww


そんな次第なので、3/30-31にかけて奥日光にお越しの方は、下記サイトをチェック!!

あ、ちなみに。
ツール・ド・【栃木】なので、日光以外も通過します。
鹿沼、佐野、足利、茂木、那珂川、那須、塩原、大田原、矢板、さくら、那須烏山、芳賀、宇都宮などにも規制がかかっているからね~~。


第一回 ツール・ド・栃木 交通規制のお知らせ

東武バスonLine

中禅寺湖、ヒメマス持ち帰り可!

既にニュースで知っているかも!?
タイトル通り、中禅寺湖の特産ヒメマスが持ち帰り可能になります!

2012年度からだったから5年ぶりの解禁かぁ。
この解禁に合わせて釣りの規定も少し変わるようなので、「いっちょヒメマス狙うかぁっ!」っていう方は中禅寺漁協のサイトで確認してみてね。

中禅寺湖の岸釣り解禁は4/1からで、きっとこの解禁を待ちわびた多くの釣り人で賑わうことだろう。うん。



まぁ、今のところはとても静かなたたずまい。
東岸ではようやく咲き始めたマンサクと、雪をかぶった奥白根や男体山などの山々が、澄んだ湖水の向こうにそびえる、この景観。

オイラ、この季節が結構好きなんだ。

こんな静けさを味わいたい方は、中禅寺湖の東岸へ。

いやぁ、春だねぇ。
って思っていたのは昨日の話でさ。


今日は一転冬に逆戻り。
おかげで今日のツアーは大成功~♪


本格的な春が来る前には、時折雪の日があるから、もう暫くは奥日光にお越しの際はスタッドレスで。


中禅寺湖漁協WEBサイト