「ニュース」カテゴリーアーカイブ

台風24号After 小田代池

ダラダラと時系列で更新していくけれど、お急ぎの方はこちら。


今日は朝からガイド。
・・・ガイド?
行けんのか??

ガイド予定地1.中禅寺湖東岸
・・・これは子供3時間はとても無理だ。
とりあえずは湯元で合流という事にしつつ、移動。

竜頭滝が濁流。
これは戦場ヶ原もダメだろうなぁ。。。

ガイド予定地2. 戦場ヶ原。
木道入って3分くらいで行く手を阻まれる。
先方に連絡を入れようとスマホを見ると、圏外。
どっかヤラレたらしい。

そしてやって来た湯ノ湖。
湖の色が変。

結局、湯元→国道沿い→湯滝上の往復。

一昨日見つけた、クマがハチの巣を襲った痕を観察したりなんだり。

近いなぁ。


ガイド中に電波が復帰したようで、「湯滝の下流で歩道が流失している」というメールが入っていた。

・・・流失???

わからないものは確認に行きましょう~。

湯滝も迫力あるけれど、元々水量が多いので写真だと違いが分かりづらい。

こりゃぁ、また随分水量が多いな。
まぁ、朝の時点で湯川の川幅が凄い広かったから、さもありなん。

・・・あぁ~。
これは確かに流失だわ・・・

20~30mの区間で、木道どころか地面が川に削られて無くなってる。
ちなみにこの画像の左側、明るくなっている場所は、土砂崩れ。

これ、復活はちょっとハードル高すぎないか??


北戦場は今回安定。

ミズナラが黄色くなった♪

大増水の泉門池。
多分、昔の泉門池はこんな感じだったんだと思う。

で、この辺からひたすら声掛けを続けることに。
初めは(一応聞いておくか)くらいだったんだけれど、声かける人が次から次へと

「湯滝へ。」「滝へ。」「Water Fall.」

声掛けを続けつつ

戦場ヶ原へ。
秋っぽい色になってきたな。

所々、昔川だった場所が川に戻ってた。

赤沼から来た人が多いし、誰も異常を言わないから、朝の水が引いたんだな。
では、引き返して小田代へ。

サイズは小さいけれど、小田代原には水が溜まって、小田代湖ならぬ小田代池に。

朝とは変わって風もなく、綺麗な水鏡に貴婦人が写る。

サイズが小さいので

草紅葉と池のコラボも。

小田代西側には川が出来ていたから、まだもうちょっと大きくなるかもね。


この道中で、ガイド連絡会会員とすれ違い情報交換。

中禅寺湖の北岸(菖蒲~千手)は、倒木が沢山で通るのが大変だったそうな。

事務所に戻って、博物館や財団に問合せをして、情報まとめて、関係者に電話して情報伝えて・・・

結果。

10/1 18時頃の時点での奥日光の歩道情報はこんな具合です。
無印は今回確認が取れていない範囲。

そして不思議な事に。
オイラ、今週末に高山と切刈のガイドが連日入っているんだよね。

流石にこの天気の後に、ルート確認もしないでガイドに臨むわけにはいかないわけで。

・・・明後日には塗りつぶしが終わりそうです(苦笑)

第2いろは坂一方通行に

今秋、第2いろは坂が一方通行になるそうです。

・・・『なにを今更』と思った人ほど、よ~く読んでね。


実施期間:平成30年10月27日(土)~11月4日(日)の9日間
時間:終日

実施区間:第二いろは坂 明智平ロープウェイ駐車場から二荒橋交差点手前の市道交差部まで。

これに伴う工事(センターライン等の変更及び縁石の撤去)が、10月中旬~11月中旬に実施されるそうです。

要約:上記の期間中は、中禅寺⇒明智平へは行けません。

情報は前から知っていたけれど、右上が・・・
だったので、タイマー投稿。


栃木県 県土整備部 交通政策課
日光土木事務所

中禅寺湖機船のお得情報

お盆前だし、パンフレット集めておかないと・・・
と中禅寺湖機船へ。

貰って上がってくると、なんとコンビニOPENのお知らせが!

チラシも貰ったので、一緒にアップしておこうか。

開店しているのは、どうも機船の営業日と同じみたいだね。
明日、8/9にOPENだけれど、台風どうなんだろ??
時間は8:30~18:00.

出店してくるのはヤマザキのYショップ。
湯滝、湯元に続いて3軒目。

駐車スペースが無いのが難点と言えば難点。

そして、最初の写真を見て貰うと・・・
なんと、中国語版とタイ語版が。
英語版もあったのだけれど、残念ながらもう部数が無いとかで貰えず。
英語なんて一番ニーズが高そうなのだから、もっと印刷してくれれば良いのに。

このパンフレットは今年から新しくなったのだけれど、パンフレットの中も良く見てみると・・・

なんと千手航路が載っているのです!!!

8月と10月の土曜休日が運行日。
6月の千手航路とはちょっと時間が異なるみたいね。


と、ここまで読めば、前回のカクレ滝更新の終盤の文章の違和感に気付くかな?(笑)

土曜休日限定だけれど、交通手段が増えるのは嬉しいねぇ♪

なんて、情報をWEB上で確認しようと思ったら。
8月末まではお子様半額なんだって!?

詳細は中禅寺湖機船の公式サイトへ。
(半額で使用したい人は、サイトに行かないとダメですよ~。)


中禅寺湖機船

変態熊、湯滝付近に出没中?

もう、お腹減ったよ。。。

今日は赤沼に昼前集合で、千手ヶ浜のみ1.5時間というまたも変則ガイド。
終って、赤沼に戻って雑談していたら、どうやら湯滝にクマが出ていたそうで。

ここ4日ばかり目撃が続いているのだけれど、このクマ、変わり者っぽいのだよなぁ。

オイラが集めた情報だとこんな感じ。
出没箇所が特定のポイントじゃないってのがどうにも。
これなら、いつぞやの湯滝入口付近のクマの方が、まだわかりやすい。

何か大きな被害が出たとか、そんな話は無いのだけれど、ちょっとねぇ?
擁壁の上に座っていたとか、なんでそんなアニメみたいなw

 

このクマが、【ちょっとねぇ?】と感じるのは、↓が理由。

1.目撃地点が湯滝駐車場付近に集中しているが、明確な誘因(餌)が確認できていない。

2.目撃時間が、一般的によく行動すると言われる黎明薄暮からズレ、日中である。

3.警察が対応に動いているが、警察が来てから2時間以上も動かず、また国道で大がかりな工事が行われているにも関わらず、出没を続けている。

4.人とツキノワグマの距離感が著しく近い。(5~30m程度)

5.行動から同一個体ではないかと考えられる。

6.周辺はハイキングコースとなっており、学校のグループ行動などと行動範囲が重なる。


バス停でバス待ちしてたお客様から魅せて貰った動画だと、クマよけ鈴の音がバッチリ入っているんだけれど、まるで気にしていない感じが・・・

何もなきゃいいけれど、皆さんも気を付けてね。

オイラも写真撮れていないので、ワザワザ見せつける為に写真を撮りに行くのは禁止!


最近はどうにも間が悪いらしく、お出かけしている先でクマの目撃情報を聞くんだよね(苦笑)

で、それを夕方になってから湯元に持ち帰ると、あら不思議!

湯元の街中での第一報になってしまうという w(◎□◎)w

そんなこんなで、地元の中で動き回っていて、昼めしを喰いッパぐれるという (T^T)

===========

戦場ヶ原開通と、熊騒動私見

2001年だか2002年だかに作った情報共有の組織図は、2012年には既に機能してなかった。

あれから6年。
また形骸化しちゃった?

変なクマの目撃情報もさることながら、こっちの方がより問題が大きく感じてしまうのは、オイラだけかねぇ?


そんな次第で、記事を書こうと思っていたけれど、急遽変更。

写真が無いのも寂しいので、昨日の光徳入口にて。

ホザキシモツケの開花を確認、と。

5月の雪

昨夜から今朝にかけて、奥日光は雪。

出足がちょっと遅くて、解け始めちゃった・・・

釣り事務所の方に聞いたら、6時頃はもっと路面も白かったらしい。

そんな様子を、なんとテレビ朝日の方がロケに来ていた。
初動早いなぁ!

戦場ヶ原も雪景色に戻ったけれど、路面はもう心配なし。
湯元で1℃だったから、金精道路は怪しいかも?

積雪は1cmとかそんなレベル?

咲いたばかりのアズマシャクナゲにも雪。
・・・花芽が傷まなきゃいいけれど。。。
明日の栃テレのネタにでも使うか。

なんてことをしていた午前中。
日テレ エブリーからの画像提供依頼が職場に。

アチコチに問合せをしたら、「アイツが写真持ってるんじゃないの?」と言われたらしい(苦笑)

まぁ、地域のお役に立つなら良い事さ。

GWの日光渋滞対策とアカヤシオ&サクラ

最近、日光の街中はこんな状態になっている。
黒い線は、今までの中央線を消した痕。

画面右側が、清滝、いろは坂、奥日光方面へと向かう車線。
真ん中が東照宮のエリアへと下っていく為の通常車線。

じゃぁ、左端のパイロンがず~っと並べられているのは?というと、なんでもバス用の車線なんだそうな。

(確かにGWとか紅葉時期は、東照宮に向かう車がこの写真撮影地点よりもなお後ろまで伸びているけれど、なんで??)

と思っていたら、栃木県の社会実験が行われるみたい。

詳しい事は、最下部にリンクを張った栃木県のサイトを見に行って欲しいのだけれど、上の写真の関連実験は

・宇都宮方面からの日光有料道路を、日光ICまでと清滝ICまでを同額に

・駐車場不足で渋滞する東照宮周辺の代わりに清滝の駐車場の利用を促進

・スムーズな移動の為に、路線バスの動線を確保。

こんな感じ?

清滝ICを出て直ぐのファミリーマート前にある、右折レーンを曲がった先に大きな駐車場があって、そこに車を停めてバスで下がるって事みたいだ。

・・・日光駅から神橋の間が混雑すると、駐車場まで戻るバスはどうなるんだろう??

まぁ、他に霧降方面の駐車場&シャトルバスに、官公庁や民間の駐車場開放なども行うみたいだから、渋滞自体が緩和されてバスがスムーズに動くって事なのかな?

有料道路のアチコチにツイッターで情報配信って書いてあるから、日光渋滞対策のアカウントフォローしておくと良いかも。

あとは、Googleマップの交通状況レイヤーをオンにするとか?


まぁ、奥日光にマイカーで来る人にとっては、有料道路がちょっと安くなるっていう利点があるわけで。

GW前半だったら、

まだまだ、明智平ロープゥエーから3分ばかし歩いたいつもの場所が綺麗。

爆発的に咲いたから、あっという間に散るかとドキドキしていたけれど、

なかなかどうして、見頃が続いてまっせ~♪
今年は花の付が良いので、お見逃しの無いように!

中禅寺あたりでは、オオヤマザクラも見頃を迎えた株がチラホラと。

GW終盤辺りは、もしかして千手や熊窪でも桜が見頃になっていたりして???

トウゴクミツバが22カーブで咲いていたから、探せば奥日光でもどっかに咲いているかも。

東武のサイトの中には、

こんな可愛らしい地図が載っているサイトもあるので、ご参考に。

もう少し地点が正確に知りたいという方には、DCキャンペーン用に作成した地図を入手してみてね。

以上、GW直前の情報盛り沢山更新でした。


栃木県 日光渋滞対策:日光市の二社一寺周辺における渋滞対策について

日光GWの無料駐車場位置図等pdf

ツイッター 日光渋滞対策

東武 春色の日光旅 日光のお花見情報 2018

DC 奥日光花マップpdf

2018金精道路開通からの実走

現場からレポした通り、

今日は金精道路の開通式のお手伝いに。

テープカットを終えたら

みんなでお見送り。
朝から雨だったけれど、開通式の時には雨も上がって、気を付けてドライブいってらっしゃ~い。

って、お見送りをしたら、そのままオイラも金精越え。

まぁ、今年ならば心配など必要ないとは思うけれど。。。

道路際は多くてもこんなもの。
路面も大半は乾いているので、よほど崩れて冷え込まなければ、ノーマルタイヤでの走行も支障はないかな?
ただ、天気予報チェックと現場判断は欠かせないけれどね。

いつもの年なら全面的に凍っているはずの菅沼も

今年は、わずかに氷の名残が水面に浮いているのみ。

・・・こんな具合に残るか??

どうにも変だと思ったら。

2番目はまだまだ凍結中。

3番目は、氷が残る。
菅沼はこんな具合に氷が解けていくのか。
ここをカヤックで漕いだのを思い出すなぁ。


恒例の、金精道路開通日の菅沼登山口の様子。
雪、全然ないなぁ。

戻って来た奥日光には、

綺麗な青空も広がってきましたとさ。

これで関越沼田ICとの行き来がラクチンになったね♪
そして、こんなに走りやすい春の金精道路も珍しいかも。

今なら、金精峠からバビュン!と明智平までってのもあまり苦にならないのじゃないかな?

昨日も今日もそれほど天気が荒れなかったら、まだ綺麗だと思うんだよなぁ。

明智平のアカヤシオ(2018年4月24日撮影)


そして、明日は低公害バスの運行再開日。
例年通り、先着順で記念品が配布されるってさ。

更に明後日は、山王林道の冬季閉鎖解除日。
正午になると山王林道が通行できるようになる。

でもオイラは明日明後日不在なので、この二つの様子はレポできませ~ん。


低公害バス

山王林道冬季閉鎖解除

東武バスダイヤ等変更 2018春

今年も春がやって来た。
というわけで、今年もまた作る時期がやって来た、と。
(もう一つの閉鎖一覧解除版は、作成が間に合うか怪しい・・・)

毎度恒例、東武バスダイヤのJR日光駅・東武日光駅⇔湯元温泉間のバス時刻の、奥日光的主要地点抜粋版。

180401~181130_東武バスダイヤ抜粋版.pdf

こちらも毎度恒例だけれど、オイラが個人的に&勝手に作っているものなので、使いたい人は自分で確認してからにしてね。と。


今回は東武バス関連でお知らせがもう一つ。

東武バスのサイト上に、こんな情報がありました。

4/1 「中禅寺温泉~歌が浜遊覧船発着所線」の運行について

おぉ~!!
半月山までとは言わないけれど、この区間だけでも路線バスが走るのはありがたい。

しかも、凡そ20分に一本(時間帯によるけどね)の運行。
この頻度なら、日光から上がって来たバスでも、湯元から下がるバスでも接続させるのは難しくないし。

今まではマイカー組じゃないと、立木観音方面へのアクセスが難しかったんだよね。
泊りの人が行きたいっていうんで、遊覧船に合わせてスケジュール組んだりしてさ。
でも、翌日天気が悪かったりとか…

これで、立木観音やイタリア大使館、英国大使館両別荘記念公園なんかへも簡単に行けるようになった。

フリーパスで乗れないのが、ちょっと残念かなぁ。


東武バスonLine

この声の主は・・・

先日行われた博物館の内覧会に参加して来た時のネタをようようアップ。

ちなみに、同じ日。

馬返しでダンコウバイが咲いているのをちゃんと確認。
フサザクラはまだだったみたいだなぁ。
この日っていつかって?
・・・3/20・・・ ごめんよぉ。

さて、本編。


国立公園満喫プロジェクトが進行中の奥日光。
海外からのお客様にも対応すべく、

日光自然博物館の館内に、
Oku-Nikko Information Center が作られました。

昔、レストランやっていた所だね。

中に入ると

全景はこんな感じ。

入口付近には多言語のパンフレットが設置。

壁面には大きなタッチパネルで、開花や紅葉の状況が見られるようなデジタルサイネージが埋め込まれている。

机の上にはipadも設置されていて、自分で情報を調べる事も出来る。

一番奥には、全体像がイメージしやすいような乗れる奥日光地図と、各所の素晴らしい景色が展示。

こんな空間に、英語の喋れるスタッフが常駐するんだって。
対応時間は博物館の開館時間と同じ。

しかもここには、

救護ルーム 兼

授乳スペースもあって、調乳専用浄水給湯器もあるので、乳児を連れたご家族にも嬉しい施設に♪

他にもフリーWi-Fiが使えたりと、海外の方だけでなく日本人旅行者にとっても便利になりそう。


便利と言えば・・・

ついに、奥日光レンタサイクルが正式稼働!

要件は変わらないみたいだけれど、スマートフォン等を使用したネットからの予約ができるようになったってさ。

数は少ないけれど、大型のコインロッカーもあるので、長期旅行用の大きなスーツケースも預けて観光に行ける。
なんせ、博物館は中禅寺温泉バス停のすぐ隣だから、荷物預けるのにも丁度良いわけさ。



そんな内覧会のロビーには、怪しげな人が・・・

オイラも試してみたけれど、変な動きをしたくなるのもよくわかるw

初体験のVR(ヴァーチャルリアリティ)。
常設するかはわからないけれど、4/29.5/3のリニューアルオープン記念イベントで体験できる・・・らしい?


で、この日は新しい映像のお披露目もあったので、当然そちらも視聴を。
ドローン撮影を駆使したプロの映像は、やっぱり迫力が凄かったなぁ。
しかも、日本語だけではなく、英語・中国語・韓国語・タイ語にまで対応しているという。

見たい?
実は・・・撮ってきちゃった (^τ^)

ちゃんと見たい人は博物館へGo!
ちなみに、4/1には博物館が無料開放されるらしいよ!
・・・エイプリールフールネタじゃないだろうな??(笑)


奥日光レンタサイクル

奥日光サイクルシェア

日光自然博物館

湯元スキー場OPEN!・・・??

今日は日光湯元スキー場のOPEN予定日。

素晴らしい天候に恵まれて、無事OPEN式典終了!!

・・・

なんだけれど。

スキー場として機能するのはまだ先の話。

予報では12/25以降が雪模様っぽい。

クリスマスプレゼントを期待しますかねぇ。